ホームへのボタン


県政研究へのボタン

チンチン電車・バリアフリー住宅へのボタン

長崎作り10の提言へのボタン

今月の雑感・自己紹介へのボタン

リンク集へのボタン


意見とコラムへのボタン・このページです
こんなご意見いただきました
ばくせいきの コラム・たわごと
ライン
皆様のご意見を
お待ちしています

メールは下の宛先へ!
ご意見メールはこちら
ライン
コラム・たわごと 長崎県のマークは
「メビウスの輪」?

(文:ばく せいき)
長崎県のマークは、Nagasakiの「N」と、平和のシンボルの「ハト」をデザインしたものだ。

小生は少々ひねくれ者だろうか、数学記号の「無限大」∞にも見えるし、摩訶不思議な「メビウスの輪」のようにも見える。

「メビウスの輪」は、細長い帯状の紙を一ひねりねじって輪を作り、両端を糊付けしたものだ。この輪の一面から線を引きながらぐるりとひと回りすると、アラ不思議、一筆書きで、紙の裏表両面に線が引けてしまう。

また、その線に沿って紙の中央にはさみを入れてぐるりと切り離すと、輪が二本になりそうなものだが、なんと、細くて長い1本の輪になってしまう。

それをまた半分に切り離してみたらどうなるのかは、論より証拠、お手元の紙でお試しあれ!

メビウスという数学者が言い出したもので、理屈は難しい、小生には理解不能だ。ねじれ現象が異次元の世界を生むということらしい。

長崎県のマークを見ながら、複雑な長崎県を表現したものだろうか、ならば複雑ながらも、大きな輪に発展する可能性もあるのでは、と思ったりもする。


長崎県のマーク

長崎県のマーク
メビウスの輪

メビウスの輪
ライン

リストマーク ↓過去の記事は、こちらからお読みいただけます。 リストマーク

掲載号 内 容
2003年
11月
 コラム:たわごと

※来月より、過去の記事を読めるようにリンクして参ります。

   ページトップへのボタン 総合トップページへ