何か。の略歴

此栞 (このか)

此栞 について

作者:
菖蒲 氏
配布元:
配布終了

此栞 更新履歴

ページ 1 (2001-07-02 〜 2004-07-03)
Phase Date Memo
phase 0.01 2001-07-02
  • 「さよこ(仮)」の次期偽AI として開発開始
phase 0.02 2001-07-02
phase 0.03 2001-07-02
  • ユーザイベント定義 (@イベント名) を実装
  • 代入式 (\x := 値) を実装
phase 0.04 2001-07-02
phase 0.05 2001-07-03
  • 暫定措置として暗号化部分を削除
phase 0.06 2001-07-03
  • 三項演算子 (? a : b) を実装
  • 辞書ファイル名を定義ファイルから読むように
phase 0.07 2001-07-04
  • チェインを実装
phase 0.08 2001-07-04
  • 辞書読み込み速度を改善
phase 0.09 2001-07-05
phase 0.10 2001-07-06
  • 独自暗号化辞書サポート
phase 0.11 2001-07-06
2001-07-08
  • トクトクのアカウントを削除される
    • アクセス集中による過負荷のため
2001-07-09
  • ProHosting.com に移転
phase 0.12 2001-07-10
  • 変数タグの反復置換を可能に
    • これによりカテゴリ分けもどきを実現
phase 0.13 2001-07-11
  • スクリプト内での式の評価を可能に
phase 0.14 2001-07-12
phase 0.15 2001-07-17
  • 暗号化時に辞書側のパスコードを不要に
  • 辞書設定ファイルにコメントを記述可能に
xxxx-xx-xx
  • 汎用互換偽AI に向けての開発開始
    • ゴースト「がおちゃんとチャーハソ」に採用
phase 0.16 2001-10-05
  • SHIORI/2.5 に対応
    • ここは偽栞非互換となった
  • イベント記述を「@イベント名」と書けるように
phase 0.17 2001-10-06
  • 置換マクロ (読み込み時一回置換) 実装
  • イベント、ランダムトークの複数行表記を可能に
phase 0.18 2001-10-07
phase 0.19 2001-10-08
  • 辞書定義ファイル konoka.ini 追加
    • 無ければ ks_cfg.txt を探して読む
phase 0.20 2001-10-08
phase 0.21 2001-10-09
  • イベントリダイレクトのイベント名に変数が使える
phase 0.22 2001-10-10
  • 変数をファイルに保存出来るように
phase 0.23 2001-10-11
phase 0.24 2001-10-12
  • %foo, %foo2 が正しく変換されるように
  • 文字列の検索 (\_instr := 文字列1.文字列2) 実装
  • 式中でダブルクォートを使えるように
  • 加算で左辺が文字列だった場合文字列として結合
phase 0.25 2001-10-16
  • スクリプトでニュースとワンタイムトークを実現
  • イベントの文章にも出現確率を適用
  • 単語や文章の出現確率を調整
phase 0.26 2001-10-19
  • 剰余 (%) を使えるように
  • TEACH 偽実装
phase 0.27 2001-10-20
  • "Option, NSDeclare True" 実装
    • \mz[分類, 分類] の形を読む
    • \id、偽栞形式を無理やり読む
  • TEACH のイベントを一本化
phase 0.28 2001-10-22
  • "\," で単語やトーク内に "," を使える
  • 単語数の上限を 16384 に拡張
phase 0.28b 2001-10-22
phase 0.29 2001-10-23
  • 返答と呼掛けでも複数行記述可能に
  • 返答と呼掛けでもイベントリダイレクト可能に
  • "Option, AIStateComplex" で AI グラフを対数表示
phase 0.30 2001-10-26
phase 0.31 2001-10-29
  • \_registword, \_countword 実装
  • 部分文字列 (\_substr := 文字列.位置.長さ) 実装
  • OnOtherGhost 仕様変更に従い呼掛けを仕様拡張
phase 0.32 2001-10-31
  • \_wordtype 実装
phase 0.33 2001-11-01
  • タグ及び動的変数の内部リストを降順にソート
    • 辞書の登録順による制約が無くなった
phase 0.34 2001-11-02
phase 0.35 2001-11-03
  • SecurityLevel 対応 (OnExternalRequest 発行)
    • 返すトークに \[deny] 挿入でパケット破棄
  • konoka.ini にワイルドカードが使えるように
  • AI グラフに使う数値を変数で取得できる
phase 0.36 2001-11-06
  • マクロ拡張 (偽栞の \set[%0=%1] を実現する為)
  • \set[識別名=値], %get[識別名] 実装
phase 0.36 fix0 2001-11-06
phase 0.37 2001-11-07
  • 文字コード指定 (Option Charset:) 実装
    • 現状 Shift_JIS, UTF-8 のみ
  • 偽栞互換モードで偽栞形式の複数行記述に対応
  • 複数行コメント /* */ を使えるように
phase 0.38 2001-11-12
  • 文字列長の取得 (\_length := 文字列) 実装
phase 0.39 2001-11-16
phase 0.40 2001-11-22
  • 大文字・小文字変換 (\_upcase, \_locase) 実装
  • 単語置換 (\_replace := 文字列.単語1.単語2) 実装
phase 0.41 2001-12-01
  • リスト処理関数の追加
    • \_first, \_rest, \_listlen, \_middle
phase 0.42 2001-12-06
phase 0.43 2001-12-10
  • 偽栞互換モードで \nw, \ns_nw, \ns_nr に対応
  • %(@イベント名) で任意のイベントのトークを挿入
  • 変数の直接参照 ($変数名) 実装
phase 0.44 2002-04-25
  • SHIORI/3.0 という文字列を送ってしまう問題の修正
2004-07-03
  • 配布終了

About this document

URI:
http://www5f.biglobe.ne.jp/%7Enobml/sakura/konoka1.html
著作権表示:
© 2001-2020 NOB