何か。の略歴

華和梨

華和梨 について

原作者:
Meister 氏
作者:
華和梨開発チーム
配布元:
プログラマブル準AI 華和梨
パッケージ:
Phase 8.2.4 高速化版:
作者: 芝やん 氏
配布元: 配布終了
特記事項:
修正 BSD ライセンスに基づいて再配布可能 (Phase 8.0.0 β8.1 以降)

華和梨 更新履歴

ページ 2 (2002-03-18 〜 2006-07-02)
Phase Date Memo
Phase 7.9.0 α1
(掲示板公開)
2002-03-18
  • 新しいアイデアを追加した実験的バージョン
Phase 7.9.0 α2
(掲示板公開)
2002-03-22
  • 酔狂 氏による修正版
  • 問答無用で kawari.log を吐くように
Phase 8.0.0 β1 2002-04-15
  • 華和梨 Phase 8 開発開始
Phase 8.0.0 β2 2002-04-17
  • SAORIテスト版の SAORI Client 機能組込み
Phase 8.0.0 β3 2002-04-19
  • SHIORI/3.0 に対応
  • エントリ名を読む部分の文法と実装を若干修正
Phase 8.0.0 β4 2002-04-22
  • ライセンス問題対応完了
    • ライセンス情報は ver license; で出力
  • MT 修正 BSD ライセンス版を導入
  • securitylevel 指定コマンド
Phase 8.0.0 β5 2002-04-23
  • test, expr コマンドを削除
Phase 8.0.0 β6 2002-04-24
Phase 8.0.0 β7 2002-04-25
  • mingw 版に差し替え
Phase 8.0.0 β7.1 2002-04-26
Phase 8.0.0 β8 2002-04-27
  • SHIORI/2.5 リソース取得手法を変更
    • System.Callback.OnResource に
  • 存在しないエントリを呼び出した時にログ出力
Phase 8.0.0 β8.1 2002-04-28
  • ライセンス問題完全決着
Phase 8.0.0 β8.2 2002-05-01
  • version, craftman, shioriid のオーバーライドを許す
  • loglevel に decl 増設
Phase 8.0.0 β9 2002-05-02
  • β版公開開始
  • コンパイラの無限ループバグを修正
Phase 8.0.0 β9.1 2002-05-04
  • Direct SSTP を使う KOSUI を作成
Phase 8.0.0 β10 2002-05-28
  • 試験的に完全複数行モード導入
  • 華和梨デバッガ ON/OFF コマンド debugger
Phase 8.0.0 β10.1 2002-06-02
  • shiori.dll の動作がどんどん遅くなるのを修正
Phase 8.0.0 RC1 2002-06-06
  • 単語中の空白の扱いを以前と同等のものに戻す
Phase 8.0.0 RC2 2002-06-15
  • ビルドのシステムを多少変更
  • kosui の日本語メッセージ削除
Phase 8.0.0 RC2
patch1
2002-06-17
  • 演算式の '('〜')' が逆コンパイルされないバグ修正
Phase 8.0.0 RC2
patch2
2002-06-18
  • -norc オプション追加 (kawarirc.kis を読まない)
  • エラーメッセージの分離/まとめ作業開始
Phase 8.0.0 RC3 2002-06-22
Phase 8.0.0 RC3 patch1 2002-06-23
  • 各種メッセージの日本語化
Phase 8.0.0 2002-07-05
  • 華和梨 Phase8 正式版リリース
  • ドキュメント追加、整備
Phase 8.0.0
バグ修正スクリプト
(掲示板公開)
2002-08-24
  • reverse, find, rfind のバグを修正
Phase 8.1.0 beta1 2002-09-05
  • コマンド群 isdir/isexist/isfile 追加
  • date コマンドに %s 追加
    • 1970/01/01 00:00:00 UTC からの経過秒数
  • SAORI の多重ロードなどに関する対策
Phase 8.1.0 2003-05-18
  • 華和梨エンジンを完全オブジェクト化
    • 同一プロセス内に複数インスタンスの生成が可能
    • 1 スレッド/インスタンス制限有り
    • 主に偽林檎, ninix への適用を前提
  • Java, Python の SHIORI-Server, SAORI-Client I/F 追加
    • 主に偽林檎, ninix 対応の叩き台 (テスト実装)
  • 勝手規格 SHIORI OBJECT Interface API(so_*) 追加
  • POSIX 向け SHIORI インタフェースの再定義
    • SHIORI-POSIX メンテナンスの凍結
  • コンパイルに用いる UPX のバージョンを 1.2.4 に変更
  • "function <関数名>" で関数定義を取れるように
  • 要素を区切り文字で結合するコマンド join 追加
  • saorilist コマンド追加
  • rmfunc 構文コマンド追加
Phase 8.2.0 2004-01-31
  • date コマンドの機能を拡張
    • 第 2 引数を epoch からの経過秒数と解釈
  • 文字列検索/置換系コマンドのバグ修正
    • 存在しない index を与えた場合、失敗を返すように
  • split に第 3 引数として "" を与えた時の処理を修正
    • ハングアップするバグを修正
    • 第 3 引数を省略した場合と等価になるように
  • join に第 3 引数として "" を与えた時の処理を追加
  • listsub コマンドのバグ修正
  • rsub, getenv, textappend コマンド追加
  • continue 構文コマンド追加
    • このコマンドはループ構文中でのみ機能する
    • break もループ構文中でのみ機能するように変更
Phase 8.2.1 2004-09-05
  • 辞書系コマンドでインデックス指定に失敗するバグの修正
    • 特定文字コードを含むエントリ名で発生する
  • ninix-aya, 偽林檎向けパッチをソースに取り込み
Phase 8.2.2 2004-09-05
  • Phase 8.2.1 での辞書系コマンドのエンバグを修正
    • インデックスで負の値が使えなくなっていた
Phase 8.2.3RC 2005-06-21
  • コンパイラ対応周りの変更
    • 使用するコンパイラを MinGW 4.1.0(gcc 3.4.2) に
    • バイナリを gcc による直接 DLL 生成に切り替え
    • gcc 3.x の warning 対応
  • mktime コマンド追加
  • 演算式で数値/文字列自動判定が間違っていたバグを修正
  • inc/dec が負の添え字でハングするバグを修正
  • split のバグを修正
Phase 8.2.3 2005-07-03
  • inc/dec の添え字を範囲指定可能に機能拡張
  • 辞書系コマンドのインデックス管理コードを整理
Phase 8.2.4 2005-10-30
  • Visual C++ 7.1 用のプロジェクトファイルを添付
  • Visual C++ 7.1 でコンパイルできない問題を修正
  • gcc.mak の ninix-aya 向け部分の typo を修正
  • rfind コマンドが検索時、仕様と異なる値を返すバグを修正
Phase 8.2.4
高速化版
2005-11-26
  • 芝やん 氏による高速化版
    • オリジナル比 160% の高速化を達成
Phase 8.2.5
test版
2006-07-02
  • ゴースト「晶子&みたぺん」に搭載
    • Release 2 build 2006-07-02-1

About this document

URI:
http://www5f.biglobe.ne.jp/%7Enobml/sakura/kawari2.html
著作権表示:
© 2001-2020 NOB