何か。の略歴

ese-shiori

ese-shiori について

作者:
tmizu 氏
配布場所:
配布終了
ese-shiori QuickHack by C.Ponapalt 氏:
ばぐとら研究所

ese-shiori 更新履歴

ページ 1 (2001-02-05 〜 2001-12-28)
Phase Date Memo
Phase 0.1
(掲示板公開)
2001-02-05
  • もどき板にて「偽SHIORI」として公開
Phase 0.2
(掲示板公開)
2001-02-23
  • 辞書にオリジナルの語彙を追加
Phase 1.0 2001-03-13
  • 正式公開、名称を「似非shiori」に
Phase 1.1 2001-03-13
  • 出現頻度パラメータ化対応
  • 複数文節記憶対応、メタ文字対応
Phase 1.11 2001-03-26
Phase 1.12 2001-03-30
  • unload 関数対応
    • 「あれ以外の何か」にも対応
Phase 1.13 2001-04-02
Phase 1.13b 2001-04-04
Phase 1.14 2001-04-16
  • 辞書を「何か。(仮)」が喋る内容に
Phase 1.20 2001-04-20
  • getresponse 正式に対応
Phase 1.20b 2001-04-24
Phase 1.21 2001-04-25
  • (??|??|??) 記法をサポート
  • $RAND 実装
Phase 1.22 2001-04-27
  • SHIORI/2.1 まで対応
  • getversion の結果が異なる版を同梱
    • SHIORI/1.1 と SHIORI/2.0
Phase 1.30 2001-05-09
  • SHIORI/2.2 対応
  • 複数辞書の読み込みに対応
  • ログ出力の設定が可能に
  • $IF 実装
Phase 1.31 2001-05-15
  • $ELSEIF, $ELSE, $ENDIF, $GETGHOST 実装
  • $REFLECT 拡張 (三者面談が可能に)
Phase 1.32 2001-05-16
  • $GURONGI (グロンギ語変換) 実装
Phase 1.35 2001-05-24
  • SHIORI/2.3 対応
  • $CALC 実装、関数内で MODE 使用可能に
Phase 1.37 2001-05-29
  • ゴースト自律喋り実装
  • $TALK_INTERVAL 実装
Phase 1.38 2001-05-30
  • $READNEWS (ニュースファイル喋り) 実装
Phase 1.40 2001-06-04
  • SHIORI/1.0, 1.1 機能削除
  • 喋りブロック機能実装
Phase 1.41 2001-06-05
  • 喋りブロック機能仕様改訂
Phase 1.42 2001-06-08
  • SHIORI/2.4 に一応対応
Phase 1.43 2001-06-14
  • ユーザ辞書からの登録削除関数追加
  • 文字列識別子の連結を可能に
  • AI グラフが表示可能に
Phase 1.44 2001-06-15
  • 文字列識別子の連結を変更 ("+" → "~")
Phase 1.46 2001-06-22
  • \q[] の記述を簡便化する仕様実装
Phase 1.47 2001-07-05
  • 単語名からエントリ名を取得する関数実装
Phase 1.48 2001-07-09
  • 固有タグとして "$ref0" 〜 "$ref7" を追加
Phase 1.49 2001-07-13
Phase 1.50 2001-07-20
  • SHIORI/2.5 対応
Phase 1.51 2001-08-02
  • request 関数の似非リエントラント化
Phase 1.52 2001-08-06
Phase 1.54 2001-08-22
  • 単純文字列取得の記述で関数やタグが使用可能に
  • SENTENCE リクエスト時の \e 補完処理を廃止
Phase 1.54b 2001-08-24
Phase 1.55 2001-09-13
  • 暗号化辞書の読み込みが可能に
  • 固有タグ %$saku, %$kero 復活
Phase 1.56 2001-09-28
  • $TAGSEL_STYLE, $REMODE にて順次読みに対応
Phase 2.00 2001-10-15
  • Shift_JIS 以外の文字コード (UTF-8 等) に対応
    • 文字コード名 (UTF-8 等) を eseai.ini に記述する
  • (??|??|??) 処理内の多バイト処理変更
Phase 2.02 2001-10-31
  • $saku, $kero 取得タイミング変更
  • 任意ファイルの書き出し・読み込み関数追加
  • GhostEx ヘッダへ消極的対応
  • 「名前覚えて」に対応
Phase 2.03 2001-11-08
  • 辞書読み込みの順序指定可能
Phase 2.04 2001-11-15
  • GETSTRMID 関数追加
  • POPSTR, POPNUM 識別子追加
  • タグ選択時のエラー出力先を制御
    • eseai.ini の記述による
Phase 2.05 2001-11-22
Phase 2.06 2001-12-28
  • タグ置換前に関数実行が可能に
  • 最初期の getversion 関数廃止
  • リストファイルに eseai*.* 以外のファイル名が記述可能

About this document

URI:
http://www5f.biglobe.ne.jp/%7Enobml/sakura/ese1.html
著作権表示:
© 2001-2020 NOB