エプソン品川スタジアム

アクセス ・京浜急行『品川駅』より徒歩約3分
開館時間 月〜金 12:00〜22:00(入館は21:30まで)
〜土 10:00〜22:00(入館は21:30まで)
日・祝  10:00〜21:00(入館は20:30)
※営業時間は変更になる場合があるそうです
料金
(水族館)
大人1,800円/小・中学生1000円/幼児(4歳以上)600円
※館内にアトラクションも有りますが利用の際は別途料金
食事 ・スタジアム内にレストラン・カフェ有り
・スタジアム内にポップコーン・ドリンク販売など有り
・外にもいろいろレストランなどが有ります
ショップなど スタジアム内にお土産屋さん『MABUL』
トイレ スタジアム内に有り
公式サイト エプソン品川アクアスタジアム

最寄り駅からのアクセス
(なるけんが使った道)
※この情報は訪問時の情報になりますので最新の情報は公式サイトなどでご確認頂きますようお願い致します



駅から近い
JRでも来れるね いちょう坂へ続く道へ 壁にはイルカやアシカが 前売券もあるよ

京浜急行『品川駅』下車、高輪口方面を出て大きな通りの信号を渡り、
品川プリンスホテル敷地内の坂道(いちょう坂)を進んでいくと左手に
『エプソン品川アクアスタジアム』の建物が見えてくる。

アクアスタジアムの中は水族館だけでなく、メリーゴーランドやコースターなどの
アトラクションも有り、チケット売場では目的にあったチケットを購入しよう。
※館内自体への入場は無料です

僕は水族館が目当てなので水族館チケットのみを購入。
ちなみに、あたしゃ電車でも酔うほど乗り物に弱いので
遊園地とか乗り物メインの所にはまず行かない派です。

チケットは当日限り有効で再入場(食事とかしてまた戻ってくるなど)を
希望する場合は出口の係員さんにチケットを見せて申告してね。



BLUE
水中遊泳 ここには入りたくない〜 戦闘機みたいだな

まずは入口入ってすぐの『サメとエイの海中トンネル』をくぐる。
道幅も広くここで記念撮影している人は沢山いたよ。
(館内はフラッシュを使用しなければ写真撮影OKです)

魚って群れて行動しているのが多いんだね。この水族館全体でも
単独で行動してるのは写真上段右のノコギリと僕くらいだったよ。

トンネル水槽内の魚の種類はそんなに多くないと感じたけど、
かえってそれが広い海中の世界を演出しているかのようで、
写真下段右端のエイが集団で泳いでいる姿なんかは
大きな翼を広げ空を飛んでいるみたいに優雅でした。


トンネルを抜け次のエリアへ向おうとしていたところ館内放送が流れる。

「11時よりアシカのショーが始まります。
 人数制限させて頂きますのでお早めに会場へ足をお運び下さい。」

ショーは日に数回あるんだけどこれを逃すと次が13時からだったので
順路を無視して会場となる『アシカプール』へ向う。
ゆったりと何かが飛んでいる その正体はエイの群れ 一際目立つ黄色く輝く魚の群れ



水族館もシビアな世界
アシカプール 393席で人数制限有り トイレは我慢しちゃダメ 集音機で歓声を測定

既に席は埋まっていたので仕方なく後ろで立ち見になっちゃったけど
客席が傾斜になっているので前の人の頭で見えないなんて事はなかったよ。

あんな放送が流れたという事はすぐ始まるんだろうと時計を見たら10時30分。

まだ30分もあるじゃねーかっ!しかも焦ったもんだからトイレ行ってくるの忘れた〜。
やばいトイレ行きたいけど人数制限があるから我慢しようかなぁ〜でもまだ30分もある。
と心配しなくても大丈夫♪会場入口に係員さんに声を掛ければ【化粧室利用カード】を
渡してもらえるのでショーの前にスッキリしておこう!(時間には戻ってきてね)


11時アシカショーの開演。
ショーの内容は2組のトレーナーとアシカのペアが登場しネタ対決をする。
集音機でどちらのネタの方が観客の拍手・歓声が多かったかを測定し、
負けたペアは今後の出番が減っていくというもの。

運動会で順位を付けないという教育を受けている子供たちにとっては
とてもシビアな世界を目の当たりにする事になるだろうがこれが現実。
だから皆も精一杯アシカとトレーナーを応援してあげよう!
選手宣誓! 鼻だからノーズィング? ナイスキープ! ゴール決まるか?

まず一組目はバロン君のネタ。
旬なワールドカップネタでサッカーに挑戦。選手宣誓を行い、軽くリフティングを披露。
キーパーになり自分より小さいゴールをトレーナーのシュートから守ったかと思いきや、
今度は攻撃に回りダイナミックなヘディングシュートで見事に超至近距離ゴール!
観客は大いに盛り上がり気になる集音機の数値は100を超える。

続いては二組目のプチ君のネタ。
ちびっ子に人気の職業と言えばコナン君の影響もあり探偵が上位にいるらしい。
そんな探偵にプチくんも挑戦。ターゲットに気付かれないように尾行し、
振り返ったら知らん振り。たまには馬に変装し身を隠すことも(意外に気付かれない)。
可愛いしぐさに子供たちは大喜びだったけど集音機の数値は90台と惜敗。


そう。と言う事は今後プチ君の出番は減っていく・・・。
勝利して再度ステージに上がったバロン君を見つめるプチ君の姿が切なかったです。

頑張れプチ君、アシカ(明日)があるさ!・・・集音機0
低くかがんで・・・ おっと、危ない! 見つからないように これでバレない???



視覚で楽しみ癒される
根っこに隠れる小魚たち 青の世界は癒しだね 鳥てゆーかもはや人 のんびりゆったり

もしかしたら僕が見落としているだけなのかもしれないけど、他の水族館だと
魚の名前・生息地・特徴などが書かれたプレートが水槽付近に貼ってあったりするけど、
このマリンスタジアムにはそういった類の細かい紹介がなかったような・・・。

「わぁー、きれーい!」「きゃー、かわいいー!」「ひぃー、きもーい!」とか、
もう純粋に目に入った映像を楽しむってだけでも良いのかもしれないけど、
デートで行くときなんかは事前に調べておいてさりげなく解説してあげれば、
もしかしたら素敵度が上がっちゃうかもしれないよねっ♪

「マンボウと言えばTVおじゃマンボウ終わったの知ってる?」←間違った解説例



会場が一体感に包まれるショー
イルカプール 360度の円形プール カナリア軍団? そろそろ始まる〜

しばらくしてまた館内放送が流れる。今度はイルカショーの案内。
このイルカスタジアムは収容人数も多く、また円形プールになっているから
どこにいても正面という他ではあまり見ないスタジアムになっています。

スタジアム内にはポップコーンやクッキー、ドリンクなどが販売されているので、
小腹が空いていたら食べながらも見れるよ。ただ最前列の人は気を付けないと
イルカがジャンプした時に水しぶきがかかるどころか、場所によっては
ずぶ濡れになるそうなので十分注意しておこう(カッパは100円で販売)。
海水なのでカメラや携帯電話などの精密機械もちゃんと守ってね。
カマイルカのジャンプ 負けじとバンドウイルカも Shall we dance?

ショーを披露してくれるのはバンドウイルカとカマイルカたち。
音楽に合わせてお得意のジャンプを披露したり、立ち泳ぎでダンスをしたり、
城みちるもビックリなトレーナーを乗せたイルカサーフィンも見せてくれました。

で、一番驚いたのはイルカの泳ぐスピードがめちゃめちゃ速いこと。
時たま猛スピードでプールをぐるぐる回るんだけど、上から見てて
イルカが泳いだ軌跡が泡で○と書かれる(残る)くらい速いんだよね。
これには会場から拍手と「おぉー!」と大きな歓声が挙がっていました。

音楽も流れてイルカもお客さんも全員がノリノリに♪
ズババババーン! 脅威の大ジャンプ! マイケルばりのムーンウォーク♪



夜遅くまで開館しているし雰囲気的にもデートで来るのにお勧めの場所ですね。
(水族館自体はそんなに広くないけど逆にそれが回り易くもあります)
もちろん子供たちにも楽しめる場所。イルカ・アシカショーは近くで見れるし内容もとても面白い。
アシカショーはネタ的に全部で10個ほどあるそうなのでまた違ったショーが楽しめるかもよ〜。