〜がくやのれんさくせいのてんまつ〜

2006/4/25(火)〜30(日)の6日間、メグさんが舞台「フリーダム freedom 〜女たちの維新史〜」に出演しました♪
 くわしくは→こちら→こちら
★ メグさん初の単独舞台出演の応援に、みんなでお祝いの花とのれんを贈りました♪★
ここ「村田スタイル」と、さらだ記念日さんの「〜M's Laboratory(むらた研究室)〜」の合同で企画しました。
くわしくは、「〜M's Laboratory〜」の「企画のページ」を見てください、
質問や情報の交換は、「〜M's Laboratory〜」の掲示板(BBS)の「村田めぐみさんにお花とのれんを贈ろう」 スレッドにて行いました。
たくさんの参加と協力をありがとうございました。
たぶん初めての出会いや経験がいっぱいのメグさんへ、後押しの気持ちを込めて☆
のれん屋さんの紹介。
今回お願いしたお店は、

「のれんオーダー染工場(永勘染工場)」さんhttp://www.norenya.co.jp/です。
住所は宮城県仙台市♪
希望のデザインをちゃんと再現してくれました☆

他に候補にしたお店は、

「しょうび苑」さん、http://www.norenya.jp/
独特なろうけつ染めを得意とする、京都ののれん屋さんです。
楽屋のれんの作例の写真の中に、あの神○順さんの名前がー!

「布ギャラリー」さん、http://www.kinuito.com/
麻や絹の地を得意とする、新潟の織物屋さんです。

「べんがら」さん、http://www.bengara.com/
東京の浅草にあります。
実際にお店におじゃまして実物を見せてもらったりとお世話になったけど、残念、予算オーバーでした。

楽屋のれんの注文の仕方。
いつかだれかの参考になるかも?

お店探しからのれんを受け取るまでに、順調にいっても4〜5週間=1ヶ月はかかります。
今回は思いついたのが遅かったのでギリギリだったけど、大きなトラブルが無く、なんとか間に合いました♪

まずは何件かに見積もりをお願いしてお店を選んだほうが良いです。1〜2週間かかります。
希望のイメージと期日や予算を伝えます。
希望のマークや柄がある場合は、それも伝えます。希望が無い場合、お店によっては、ありものの柄データや、染めの工程で付けられる柄を選べます。
各お店によって、作成方法や枚数での値段の扱いが異なります。希望に合ったお店を選びましょう。

お店を決めたら、デザインの決定をします。
今回は、
 「村田めぐみ(メロン記念日)さん江」
 「ひいきより」
の文字を入れて、
メグさんが描いたプペちゃんを勝手(笑)にあしらいました☆

デザインの調整や布地と色の選択など、1週間はかかります。
スキャナー取り込みやデジカメのビットマップ形式の画像はそのままでは使用出来ず、アウトライン(ベクター)という形式に加工する必要があり、お店によって別料金になる場合もあります。
この加工が出来るメンバーを事前に募集すると良いかも。
また、お店によっては、布のサンプルや色見本を送ってもらえます。

デザインが決定したら、実際に作成です。
短くて1週間、注文の込み具合や製作の難易度によっては2〜3週間かかります。

これでのれんの完成♪ の、はずです☆

今回の反省点は、
もう少し薄手の生地で、色もさらに明るめにしたかったかな。近くの和物屋さんとかで、実物ともらった布のサンプルとを見比べて決めると良かったのかも。とはいえ、初めての注文としては満足の出来でした♪
あと、電話で値段のやり取りをした後にメールで確認しなかったために、一度お店と食い違いが起きてしまいました。お互いに納得がいく解決は出来たけれど、値段のやり取りはしっかりしなければと反省。

以上、楽屋のれんの作り方でしたー。

サイトのトップページへ

2006/4/30
〜楽屋暖簾作製顛末〜