『竹取物語』の原文・現代語訳1

『竹取物語』は平安時代(9〜10世紀頃)に成立したと推定されている日本最古の物語文学であり、子ども向けの童話である『かぐや姫』の原型となっている古典でもあります。『竹取物語』は、『竹取翁の物語』『かぐや姫の物語』と呼ばれることもあります。竹から生まれた月の世界の美しいお姫様である“かぐや姫”が人間の世界へとやって来て、次々と魅力的な青年からの求婚を退けるものの、遂には帝(みかど)の目にも留まるという想像力を駆使したファンタジックな作品になっています。

『竹取物語』は作者不詳であり成立年代も不明です。しかし、10世紀の『大和物語』『うつほ物語』『源氏物語』、11世紀の『栄花物語』『狭衣物語』などに『竹取物語』への言及が見られることから、10世紀頃までには既に物語が作られていたと考えられます。このウェブページでは、『今は昔、竹取の翁といふ者ありけり〜』の部分の原文・現代語訳(意訳)を記しています。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
『竹取物語(全)』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),室伏信助『新装・竹取物語』(角川ソフィア文庫),阪倉篤義 『竹取物語』(岩波文庫)

[古文・原文]

今は昔、竹取の翁(おきな)といふ者有りけり。野山にまじりて、竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。名をば讃岐造(さぬきのみやっこ)となむ言ひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。あやしがりて寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いと美しうて居たり。翁言ふやう、『われ朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ。子になり給ふべき人なめり』とて、手にうち入れて家へ持ちて来ぬ。妻(め)の嫗(おうな)に預けて養はす。美しきことかぎりなし。いと幼ければ籠(こ)に入れて養ふ。

[現代語訳]

今ではもう昔のお話ですが、竹取の翁と呼ばれるお爺さんがいました。野山に入って竹を取りながら、色々な事に竹を使っていました。名前を讃岐造と言います。その竹林の中に、根元が光っている竹が一本ありました。不思議に思って近寄ってみると、竹の筒の中が光っています。それを見ると、わずか三寸(9センチ)ほどの美しい人が中で座っていました。お爺さんが言うには、『わしが毎朝毎晩見ている竹の中にいらっしゃるので分かった。わしの子どもになるべき人なのだろう。』ということで、手のひらの中に入れて家へ連れて帰った。妻であるお婆さんに預けて育てさせることにしました。この上ない美しさを持った子どもです。とても小さいので、籠に入れて育てることにしました。

[古文・原文]

竹取の翁、竹を取るに、この子を見つけて後に、竹取るに、節を隔てて、よごとに、黄金(こがね)ある竹を見つくること重なりぬ。かくて翁やうやう豊かになりゆく。

この児(ちご)養ふほどに、すくすくと大きになりまさる。三月(みつき)ばかりになるほどに、よきほどなる人になりぬれば、髪上げなどさうして、髪上げさせ、裳(も)着す。帳の内よりも出ださず(いださず)、いつき養ふ。

この児のかたちのけうらなること世になく、屋(や)の内は暗き所なく光満ちたり。翁、心地あしく苦しき時も、この子を見れば、苦しきこともやみぬ。腹立たしきことも慰みけり。

翁、竹を取ること久しくなりぬ。勢ひ猛(もう)の者になりけり。

この子いと大きに成りぬれば、名を三室戸斎部(みむろといんべ)の秋田を呼びてつけさす。秋田、なよ竹のかぐや姫と付けつ。このほど三日うちあげ遊ぶ。よろづの遊びをぞしける。男はうけきらはず呼び集へて(つどえて)、いとかしこく遊ぶ。

[現代語訳]

竹取のお爺さんが竹を取る時に、この子を見つけてから後は、竹の節と節の間ごとに黄金の詰まっている竹を見つけることが続きました。そうして、お爺さんは次第に富裕(お金持ち)になっていったのです。

この子は育てているうちに、すくすくと大きく成長していきました。三ヶ月くらい経つと、人並みの背丈がある立派な人になったので、髪を結い上げる成人の儀式をして裳を着せました。部屋の几帳の中から外にも出さず、(箱入り娘のようにして)大切に育てていました。

この子の容貌の美しさは世に比肩するものがなく、家の中には暗い所がないほどに光が満ちています。お爺さんは気分が悪くて苦しい時でも、この子を見ると、苦しさが消えました。腹立たしいことがあっても自然に慰められるのです。

お爺さんは黄金の詰まった竹を取るということが長く続きました。その結果、勢いのある富豪になりました。

この子はとても大きく成長したので、三室戸斎部の秋田という名士を呼んで名前を付けて貰いました。秋田は『なよ竹のかぐや姫』と名付けました。この後の三日間は、打ち上げをしてお酒を飲んで楽しみました。詩歌・舞など色々な遊びもしました。男という男を誰彼構わずに呼び集めては、とても盛大な祝宴を催したのです。

Copyright(C) 2012- Es Discovery All Rights Reserved