『おくのほそ道』の11:十二日、平泉と志し

松尾芭蕉(1644-1694)が江戸時代初期の元禄時代に書いた『おくのほそ道(奥の細道)』の原文と現代語訳(意訳)を掲載して、簡単な解説を付け加えていきます。『俳聖』とされる松尾芭蕉の経歴・身分については様々な説がありますが、『おくのほそ道』の旅程の速度や滞在先での宿泊日数から、幕府の隠密活動を行う伊賀(三重県)の忍者だったのではないかという仮説が知られています。

『おくのほそ道』は日本屈指の『旅・俳句』を題材とした紀行文であり、『侘び・寂び・しをり・ほそみ・かろみ』などの概念で表される蕉風俳諧の枯淡な魅力を、旅情漂う文章の中に上手く散りばめています。松尾芭蕉の俳号は、『宗房(芭蕉の実名)→桃青(唐の詩人・李白と対照を為す号)→芭蕉(はせを)』へと変化しています。

紀行文『おくのほそ道』は、松尾芭蕉が弟子・河合曾良(かわいそら)を連れた旅の記録であり、元禄2年3月27日(1689年5月16日)に江戸を出発して、東北地方や北陸地方の名所旧跡を巡り岐阜の大垣にまで行く旅程が記されています。江戸深川の採荼庵を出発した奥の細道の旅は、全行程が約600里(2400キロメートル)にも及び、かかった日数も約150日間という長旅でした。東北・北陸地方を巡った後の元禄4年(1691年)に芭蕉は江戸に帰りついていますが、旅先の各地で詩情溢れる優れた俳句を詠んでいます。

参考文献(ページ末尾のAmazonアソシエイトからご購入頂けます)
『芭蕉 おくのほそ道―付・曾良旅日記、奥細道菅菰抄』(岩波文庫),『おくのほそ道(全) 』(角川ソフィア文庫ビギナーズ・クラシックス),久富哲雄『おくのほそ道』 (講談社学術文庫 452)

[古文・原文]

十二日、平泉と志し、姉歯(あねは)の松、緒絶え(おだえ)の橋など聞き伝へて、人跡(じんせき)まれに、雉兎蒭蕘(ちとすうぜう)の行きかふ道そことも分かず、つひに道踏みたがへて石の巻といふ港に出づ。「こがね花咲く」と詠みて奉りたる金華山、海上に見渡し、数百の廻船入江につどひ、人家地を争ひて、竃(かまど)の煙立ち続けたり。思ひかけずかかる所にも来たれるかなと、宿借らんとすれど、更に宿貸す人なし。やうやうまどしき小家に一夜を明かして、明くればまた知らぬ道迷ひ行く。袖の渡り・尾ぶちの牧(まき)・真野(まの)の萱原(かやはら)などよそ目に見て、遥かなる堤を行く。心細き長沼に添うて、戸伊摩(といま)といふ所に一宿して平泉に至る。その間二十余里ほどと覚ゆ。

[現代語訳]

五月十二日、平泉を目指して松島の地を発ち、その途中に姉歯の松(宮城県栗原郡)・緒絶えの橋(宮城県古川市)などの歌枕があると聞いていたので寄ってみようと思った。だが、その道は人が通った跡さえ殆ど無くて、猟師・樵夫が行きかうような獣道で、どこがどこだか分からない。とうとう道を間違えてしまって、石巻という港へと出た。大伴家持が『黄金花咲く』と和歌に詠んだ金華山の姿が、海上はるかに見渡すことができ、港には数百もの運搬船が集まっており、人家も多く密集している。食事の準備のための炊飯の煙も立ち続けている。

思いがけずこんな賑やかな港に来てしまったと思い、宿を借りようとしたが貸してくれるところがない。やっとのことで小さな貧しい家で一夜を明かすことができたが、日が明けるとまた知らない道を迷いながら進んだ。袖の渡り(北上町)・尾ぶちの牧(牡鹿郡)・真野の萱原(石巻市)といった名所を遠くに眺めながら、遥かに遠く続いている北上川の堤防の上を歩いていった。心細い気持ちになって、細長い沼に沿って歩いて、戸伊摩(登米郡登米町)という所で一泊しやっと平泉へと到着した。石巻から平泉までの距離は、二十余里(約80キロちょっと)だったと記憶している。

[古文・原文]

三代の栄耀(えいよう)一睡の中(うち)にして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡(ひでひら)が跡は田野になりて、金鶏山(きんけいざん)のみ形を残す。まづ高館(たかだち)に登れば、北上川、南部より流るる大河なり。衣川は和泉が城を巡りて、高館の下にて大河に落ち入る。

泰衡(やすひら)らが旧跡は、衣が関を隔てて南部口(なんぶぐち)をさし固め、夷(えぞ)を防ぐと見えたり。さても、義臣すぐつてこの城にこもり、功名一時の叢(くさむら)となる。『国破れて山河あり、城春にして草青みたり』と、笠うち敷きて、時の移るまで涙を落としはべりぬ。

夏草や 兵(つはもの)どもが 夢の跡

卯の花に 兼房見ゆる 白毛(しらが)かな 曾良

かねて耳驚かしたる二堂開帳(かいちょう)す。経堂(きょうどう)は三将の像を残し、光堂は三代の棺を納め、三尊の仏を安置す。七宝(しっぽう)散り失せて、珠(たま)の扉風に破れ、金(こがね)の柱霜雪(そうせつ)に朽ちて、既に頽廃空虚(たいはいくうきょ)の叢(くさむら)となるべきを、四面新たに囲みて、甍(いらか)を覆ひて風雨を凌ぐ。しばらく千歳の記念(せんざいのかたみ)とはなれり。

五月雨(さみだれ)の 降り残してや 光堂

[現代語訳]

奥州藤原氏が清衡・基衡・秀衡と三大にわたって謳歌した栄耀栄華も、一眠りする程度のわずかな時間で儚く終わりの時を迎え、今では当時の平泉の大門跡は約4キロも手前にある。秀衡の広大な館跡は、今では田野となっており、秀衡が築いた金鶏山だけが形を残している。まず高館(衣川の館)に登ると、北上川が見えるのだが、この川は南部(盛岡辺り)から流れてくる大河である。衣川は和泉城の下を巡って流れ、この高館の下で北上川と合流している。

秀衡の次男・泰衡らの屋敷跡は、衣川を挟んだ向こう側にあるが、南部地方との境界をがっちり固めており、蝦夷(東北・北海道の先住民)の侵入を防いでいたようである。それにしても、かつては源義経に忠義を尽くした家臣の武士が、この高館に立てこもったのだが、その功名も一時のものに過ぎず、今では戦場跡もただの草むらと化している。唐の詩人・杜甫の詩にある『国破れて山河あり、城春にして草青みたり』のようなしみじみとした無常観を感じさせる情景である。そこに笠を敷いて腰を下ろし、時が十分に過ぎるまで、(過去の義経・奥州藤原氏の無常な悲劇)を思い出して涙を流した。

夏草や 兵どもが 夢の跡(今では夏草が深く生い茂るこの場所は、かつては忠義と武勇を誇る武士たちが儚い夢を見て戦った場所である、その兵たちの夢の跡をこうしてしみじみと眺めているのだ)

卯の花に 兼房見ゆる 白毛(しらが)かな 曾良(白い卯の花を見ると、源義経の老臣であった兼房が白髪を振り乱して必死に防戦している姿が思い出されてくる)

以前から豪華絢爛であると噂に聞いていた中尊寺の二堂(経堂・光堂)が公開されていた。経堂には奥州藤原氏三代の将軍の像が安置されていて、光堂には三代の棺が納め、更に阿弥陀如来・勢至菩薩・観世音菩薩の仏像が安置されている。堂内の内装に使用された美しい七宝も今では散り失せてしまっていて、珠玉を飾った扉も風で破れている。金箔を貼った柱も長年の霜雪で破損し、普通であればお堂が崩壊して廃墟となり、ただ虚しく草むらとなるところであった。

そんな朽ちかけた堂の周りを新しく囲って、屋根に瓦を葺いて鞘堂を造り、風雨を凌げるようにした。その補修のお陰で、しばらくは千年の歴史の跡を偲ぶことができる記念物となったのである。

五月雨の 降り残してや 光堂(すべてを朽ち果てさせるかのように降る激しい五月雨であるが、この千年の歴史を残す光堂だけは降り残したのであろうか。五月雨の季節を何度も経ても、光堂はまだ朽ちずに毅然として建ち続けている)

Copyright(C) 2004- Es Discovery All Rights Reserved