N.チョムスキーの生成文法理論と文法の獲得

スポンサーリンク

ノーム・チョムスキーの生成文法理論と普遍文法(UG)

アメリカの言語学者ノーム・チョムスキー(Noam Chomsky, 1928-)は、人間がどのようにして言語の知識や能力を獲得するのかという問いに答える重要な仮説を提唱した。この人間の言語獲得にまつわるチョムスキーの仮説が『生成文法理論(generative grammar theory)』であり、生成文法理論ではあらゆる言語の初期形態である『普遍文法(Universal Grammar:UG)』が生物学的な言語能力の基盤として仮定されている。チョムスキーによれば、人間がどんな母語であっても数年という比較的短期間でその言語体系を習得できるのは、後天的経験(学習経験)に依拠しない『普遍文法(UG)』が生得的に備わっているからである。生成文法理論では、すべての自然言語の基盤に普遍文法があると仮定されているが、普遍文法とは簡単に言えば『生得的な言語にまつわる知識・規則』のことである。

生成文法理論を研究する目的は、すべての個別文法の獲得プロセスについて論理的・合理的に記述することであり、その中心的課題はあらゆる自然言語を無意識的(生得的)に規定する普遍文法の内容について解明することである。乳幼児の論理的な言語獲得プロセスは、母親との会話(接触)や周辺環境の名指しなどに基づいて進められていくが、文法的(統語的)な誤りを指摘される機会がほとんどないという『否定証拠の欠如』の問題があり、文法規則の習得については生得的要因(普遍文法的な要因)が大きく関係すると解釈することもできる。

『遺伝・脳器官・神経構造・生理機構』など生物学的要因によって規定される普遍文法を仮定している生成文法理論は、生物学的あるいは心理学的な言語学の仮説理論であると言える。生成文法理論では、個別言語の仕組みについて妥当な理論を構築する『記述的妥当性』と普遍文法の内容と言語発達との相関を明らかにする『説明的妥当性』が重視されているが、普遍文法の前提によって以下のような人間の言語機能の特性(謎)について論理的に理解することができるようになる。

人間の自然言語には『すべての言語に共通する本質的特徴』があり、そのお陰で『外国語への翻訳と外国語の母語的な理解』が可能になるのであり、概念的な一致性の乏しい言語間でもまったくコミュニケーションが成立しないほど言語の文法や意味が異なることは考えられない。ノーム・チョムスキーはこのすべての言語に共通する性質や規則性は生物学的に規定されていると考え、生得的な言語にまつわる知識・規則のことを『普遍文法(UG)』と呼んだのである。

あらゆる言語に共通する普遍文法が存在する論理的根拠としては、人間の乳幼児期からの『言語体験の個別差』が『実際の言語能力』にほとんど影響しないことが挙げられる。ひとりひとりの子どもが体験する会話内容や語彙の種類、文法的な妥当性には、相当に大きな個人差があるにも関わらず、結果として獲得される言語能力や文法理解には余り顕著な差が見られない。人間は『一定の閾値』を超える言語環境(他者との対話量・文字の認識)に曝露されれば、ほぼ例外なく標準的な母語の語彙と文法を獲得することができ、同一言語を理解する他者とコミュニケーションすることが可能になるのである。

『文法(統語)』に関する言語運用レベルでの理解についても、正常圏の知能指数(IQ)の差や性格傾向の違いなどに影響されることが少ないが、これも普遍文法の実在を推測させられる事例である。言語運用における『文法の獲得』と日常生活における『認知機能の発達』には時間的なズレが見られるが、文法(統語)に関する知識としての普遍文法がどの発達段階(年齢)で機能し始めるのかについてはいろいろな仮説が展開されている。大人の文法と子どもの文法に『質的な差異』があると考える立場からは、『普遍文法は段階的に発現する』という仮説が出されている。一方で、生得的に完全な普遍文法が獲得されているとするチョムスキーの立場では、大人と子どもの言語能力の差異は『語彙(ボキャブラリー)の量』『認知能力の発達水準』によって起こってくると考えることになる。

スポンサーリンク
楽天AD

幼児期の未熟な文法(統語)と束縛理論

上記したように、大人の文法(統語)と子どもの文法(統語)には質的な違いがあり、未熟な子どもの言語運用では間違った構文が使われたり、英文法では許されない『主語の省略』が行われたりすることがある。英語圏では1~2歳の乳幼児に『主語(subject)の省略』が頻繁に見られるものの『目的語(object)の省略』は見られないという特徴があり、単純に『語彙の不足』によって文法的に間違った主語の省略が行われるわけではないことが分かる。人間の言語獲得のプロセスでは、『動詞句の主体』である『主語』よりも『動詞句の客体』である『目的語』のほうが優先的に習得されやすいようであるが、これは認知機能の発達過程との相関関係があるのかもしれない。なぜ、幼い子どもに主語を省略した発言(文法上の間違い)が多く見られるのかについては以下のような仮説がある。

L.ブルームV.ヴァリアンは、『子どもの文処理能力の限界』が空主語文(主語欠如文)の原因であるとする『言語運用能力限界説』を主張した。つまり、子どもの文処理能力は低くて『短い文章』しか処理できないので、『長い動詞句』を用いた文では必然的に主語が省略されてしまうという仮説であり、目的語が主語よりも優先されるのは『コミュニケーションの効率性・情報量の保持』が理由であるとした。

ブルームとヴァリアンは子どもは短い文章しか情報処理できないので、動詞句が長くなると主語が省略されやすくなると語ったが、『疑問文の構文』では小さな子どもで動詞句の長い文章であっても主語を省略しないという矛盾点も指摘されている。N.ハイアムズは大人の文法と子どもの文法にはもともと『規則上(統語上)の差異』があり、子どもの文法では主語を欠落させた文でも許されるように普遍文法(言語規則)のパラメータが設定されているとした。このハイアムズの仮説を『パラメータ値相違説』という。

L.リッツィは、人間の文法規則はもともと不完全なものであり、『主語を省略する・目的語は省略できない・時制や構文によって省略可能な品詞が変わる・疑問文やwh-文では主語を省略できない』など例外的な文法(統語)が大人でも許されることがあるとする『統語構造不完全説』を唱えた。N.チョムスキーは普遍文法の下位理論として照応表現と代名詞表現に関する『束縛理論(binding theory)』を提起したが、束縛理論とは『一つの文章中』の『二つの名詞句』が同じ指示対象を持つことができるかどうかという英文法における理論のことである。先行する“a”の名詞句が、後に続く“b”の名詞句と同一の対象を指示する場合にはaがbを束縛するという風に考えるが、myself,herself,ourselvesといった『照応表現』は同一文中で先行する名詞句に束縛されることになる。

束縛理論について簡単に説明すると同一文中において“He”と“himself(照応表現)”が出現すれば、その二人の彼は必然的に同一人物を意味することになり、himselfは先行するheに束縛されていることになる。一方、同一文中において“she”と“her(代名詞表現)”が出現しても、その二人の彼女は同一人物を意味するとは言えず、その文脈や先行する説明によってherが指示する人物は変化してくる。Y.グロジンスキーT.ラインハートは、チョムスキーの束縛理論を更に改良して、同一文中における『二つの名詞句』が必ず同一人物を指示するときに後に続く名詞句のことを『束縛変項』と呼んだ。

同一文中に出現する照応表現の『再帰代名詞(-self, -selves)』は必ず『束縛変更』となるが、一般的な『代名詞』の場合は文脈や先行内容によって指示する人物が変わってくるので『束縛変更』になるか否かは一義的に決定することができないのである。同一文中における束縛変更の解釈にも『発達年齢における差異』が見られるので、チョムスキーが提起した『普遍文法』には段階的な発展プロセスがあるのではないかという推測が為されている。

スポンサーリンク
楽天AD
Copyright(C) 2004- Es Discovery All Rights Reserved