心理学の基礎知識

心理学とは、人間の行動と心を研究対象にする学問であり、その範囲は非常に広範多岐にわたっていて、研究の方法も分野や目的によって異なります。

心理学の究極的な目標は、人間の行動を制御する普遍的な法則を科学的な方法によって見つけ出し、予測困難な人間の行動を予測する事が出来るようになることであると“科学的な行動主義心理学”の立場からよく言われます。

しかし、心理学の役割は人間の行動を支配するメカニズムを発見することだけにあるわけではありません。

他にも、心理的な悩みや問題の解決に役立つ理論や技法を研究したり、子どもから老人に至るまでの心の発達や課題を研究してより良い生活に役立てたり、集団の中での個人の行動や心理を研究して、社会で生活する人々がある条件でどのような行動を取りやすいのかを明らかにするといった重要な役割があります。

このように、膨大な広がりと内容を持つ心理学の全てを学びつくす事は困難ですが、ここでは出来るだけ多くの情報を簡単にお伝えしていければと思います。『心理学事典のコンテンツ』『心理学の歴史のコンテンツ』『精神障害全般の解説のコンテンツ』も作成していますので、興味のある方は合わせてご覧下さい。

臨床心理学のコンテンツ

発達心理学のコンテンツ

交流分析のコンテンツ

社会心理学などのコンテンツ

社会学のコンテンツ

カスタム検索

臨床心理学のコンテンツ

発達心理学のコンテンツ

交流分析の理論とコミュニケーション

社会心理学・認知心理学・脳科学に関連する理論

社会学のコンテンツ

Copyright(C) 2004- Es Discovery All Rights Reserved