19720924
1972年、 頸城鉄道のKoppelが上京して以来1984年の廃止まで、
軽便ながらいつでも蒸機に会える環境を西武山口線は提供してくれていた。
何か物足りなさを感じながらも、国鉄蒸機にはない親しみやすさがあった。
何度もおじゃました山口車両管理所で出会った光景を中心に順不同でまとめた。


1

2

3
4 5

6

7

8

9
10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23
24
25

26

27

28

29

30
31 32
33

34

35

36






BACK TO THE MENU