INDEX/国際離婚/渉外離婚の手続き/待婚期間/夫と死別あるいは離婚した各国女性の再婚禁止期間について/

 

民法(抄)とTHE CIVIL CODE OF JAPAN (Law No.763-No.771)

 

第四節 離婚

第一款 協議上の離婚

第七六三条(協議上の離婚)

夫婦は、その協議で、離婚をすることができる。

第七六四条(禁治産者の離婚、離婚の届出、詐欺・強迫による離婚)

第七百三十八条(禁治産者の婚姻)、第七百三十九条(婚姻の方式)及び第七百四十七条(詐欺・脅迫による婚姻の取消)の規定は、 協議上の離婚にこれを準用する。

第七六五条(離婚届出の審査)

離婚の届出は、その離婚が第七百三十九条第二項(婚姻の届出の方法に関する要件)及び第八百十九条第一項(協議上の離婚の場合における親権者の決定)の規定その他の法令に違反しないことを認めた後でなければ、これを受理することができない。

2、離婚の届出が前項の規定に違反して受理されたときでも、離婚は、これがために、その効力を妨げられることがない。

第七六六条(子の監護者の決定)

父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者その他監護について必要な事項は、その協議でこれを定める。協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所が、これを定める。

2、子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の監護をすべき者を変更し、その他監護について相当な処分を命ずることができる。

3、前二項の規定は、監護の範囲外では、父母の権利義務に変更を生ずることがない。

第七六七条 (離婚による復氏)

婚姻によって氏を改めた夫又は妻は、協議上の離婚によって婚姻前の氏に復する。

2、前項の規定によって婚姻前の氏に復した夫又は妻は、離婚の日から三箇月以内に戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、離婚の際に称していた氏を称することができる。

第七六八条(離婚による財産分与)

協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。

2、前項の規定による財産の分与について、当事者間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、 当事者は、家庭裁判所に対して協議に代わる処分を請求することができる。但し、離婚の時から二年を経過したときは、この限りでない。

3、前項の場合には、家庭裁判所は、当事者双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮して、分与をさせるべきか どうか並びに分与の額及び方法を定める。

第七六九条(離婚による復氏の際の祭祀供用物の承継)

婚姻によって氏を改めた夫又は妻が、第八百九十七条第一項の権利を承継した後、協議上の離婚をしたときは、当事者その他の関係人の協 議で、その権利を承継すべき者を定めなければならない。

2、前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、前項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所がこれを定める。

第二款 裁判上の離婚

第七七〇条

夫婦の一方は、左の場合に限り、離婚の訴を提起することができる。

一、配偶者に不貞な行為があったとき。

二、配偶者から悪意で遺棄された時。

三、配偶者の生死が三年以上明かでないとき。

四、配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込がないとき。

五、その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2、裁判所は、前項第一号乃至第四号の事由があるときでも、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

第七七一条

第七百六十六条乃至第七百六十九条の規定は、裁判上の離婚にこれを準用する

 

Section 4 Divorce

Sub-section by Agreement

Article 763. (Sub-section by Agreement)

Husband and wife may effect divorce by agreement.

Article764. (Application mutais mutandis of the provisions on marriage)

The provision of Article 738, 739, and 747 shall apply mutatis mutandis to a divorce by agreement.

Article 765. (Notification of divorce)

Article 766. (Custody of children after divorce)

In case of and mother effect a divorce by agreement, the person who is to take the custody of their children and other matters necessary for thr custody shall be determind by their agreement, and if no agreement is reached or possible, such matters shall be determind by the Family Court.

2.

3.

Article 767. (Resuming prior surname)

Article 768. (Distribution of property)

Husband and wife who has effected divorce by agreement may demand the distribution of property from the other spouse.

Article 769. (Genelogical records.etc.)

Sub-Section 2 Judical Divorce

Article 770. (Judical divorce--causes )

Husband and wife can bring an action for divorce only in the following cause:

(1) If the other spose has committed an act of action for unchastity;

(2) If he or she has been deserted maliciously by the other spouse;

(3) If it is unknown for three years or more whether the other spouse is alive or dead;

(4) If the other party is attached with severe mental disease and recovery therefrom is hopeless;

(5) If there exists any other grave reason for which it is difficult for any other grave reason for which it is difficult for him or her to continue the marriage.

2.

Article 771. (Custody of children, resumption of surns\ame, distribution of property, genelogical records, etc.)