本文へスキップ

こしゃるとは、”こしらえる(造る)”という意味の秋田弁。職人の経営する秋田の宝飾店です。

営業時間 9:30〜19:00  毎週月曜・第3日曜定休

TEL.018-836-5486

〒010-0001 秋田市中通6丁目19-3

ブライダルジュエリーBRAIDL

「ブライダルリングについて」

 
長年ジュエリーに携わってきた当店としては、時代の流れを一番感じるのがブライダルジュエリーです。

婚約の証に宝石の入った指輪を贈るようになったのが1960年代から。デ・ビアス社の市場戦略により、婚約指輪にダイヤモンドを送ることが定着してきたのが1970年代くらいの話。当時は“給料の3ヶ月分”ということで、ジュエリーとしての役割よりも、財産やステイタスとして男性から女性に贈られていました。

為替や関税、市場経済の影響でダイヤモンドが身近に感じられはじめたのがバブル経済と呼ばれた80年代からです。財産やステイタスとしてではなく、好みのデザインを身につけて楽しむようになってきたのです。男性が一方的に選んで贈るのではなく、二人でお店をまわり選んでいくという形になりました。

近年になると、より現実的になり“私だけのリングより二人のリングにしっかりとお金をかけましょう”と今まで脇役だったマリッジリングにこだわるようになりました。

時代は流れても、幸せそうな二人を見ているとこちらまでいい気持ちになります。二人の幸せのお手伝いをさせてもらっている・・・そんな気持ちでいつも作っています。

「こしゃる店のブライダルジュエリー」

鍛造法で制作するこしゃる店のブライダルジュエリーは、すべてオーダーを受けてからの制作になります。お客様との打ち合わせから要望を読み取り、指の雰囲気やライフスタイルから実際に金属を使って製作し提案します。

例えば、幅が2.8mm、厚みが1.5mmのリングで直径1.8mmのダイヤが入り・・・

など言われても分かりにくいですよね。なのである程度のデザインを詰めたら、やり直しのできるところまで作り1度お見せします。確かにロスはありますが直接見たほうがわかります。もしイメージと違えばまた溶かして作りなおします。すべて職人が直接会話し、自社工房で作業するからできるのです。

細かな細工を必要とする世界。ペーパーやパソコンで見るデザインと実際に金属で作られるデザインはまったく雰囲気が違います。そのなかで完成品を想像する作業をお客様にさせるのは非常に酷というものです。メタルで作られた実際にお客様が付けるリングを作り、付け心地、見え方、雰囲気などを確かめて一つ一つ丁寧に仕上げていきます。

デザインはお客様に合わせてすべて一から提案します。その時だけでなく、長く付き合うことになるブライダルリングだからこそ気に入ったものを!その手間は惜しみません。

ブライダルジュエリーはこれからの人生を一緒に歩み、歴史を刻んでくれる大切なアイテムです。楽しい時もつらい時もジュエリーを見つめ触れ合うことで初心に帰ることができます。

当店では職人が責任をもってアフターケアをいたします。是非、幸せのお手伝いをさせてください。




 ブライダルイメージエンゲージリングとは婚約指輪のことです。
昔は給料の3か月分が目安と言われていましたが、今は自分の予算内で間に合うもので十分ではないでしょうか?贈る気持ちというのが大事だと思います。

 当店では空枠(ダイヤの入っていない出来上がったリング)というのは使っていません。空枠からチョイスしてダイヤを選らんでチャンチャン!それは手づくりではありません。1つ1つのダイヤに合わせて枠を作り、贈られる人の指にあわせてデザインしリングを作る。
他のダイヤを入れようとしても枠がそれを許しません。他の人がはめてもデザインがしっくりこないはずです。

 料金はかかった材料と工賃がお値段になります。ダイヤモンドはさすがに作り出せませんので、直接みて確認し現金で仕入れしてます。必ず確かなものが手に入ります。当店は手づくりのお店です。予算やデザインについては”あとちょっと”のわがままが利きます。ぜひ一緒に最高のものを作り上げましょう!

「指輪だけだと思ってませんか?」


彼女に何か贈りたい気持ちがあっても、指のサイズがわからなかったり予算が合わなかったり何らかの理由でどうしていいか困ってませんか?

こしゃる店ではエンゲージペンダントというのを提案させて頂いてます。マリッジリングと一緒に身に着けられるエンゲージペンダント、こちらもすべて手作りです。予算に合わせて6万円代からプラチナとダイヤを使ったオリジナルペンダントを手に入れることができます。


「エンゲージリングができるまで」

 カウンセリング 1回目来店
  二人の希望や好み、、デザインについていろんなことをお話し下さい。ジュエリーコーディネーターの職人がエンゲージリングについてアドバイスさせて頂きます。
 デザインをふまえてサンプルリング制作依頼。おおよその予算は後からこっそり教えてもらってOKです。もちろんダイヤモンドルースを取り寄せして確認していただき、そこからチョイスするのもOK!
 デザイン確認&試着 2回目来店
ご予算に合わせたダイヤモンド等を用意させて頂き、デザインの希望に添って作られたサンプルリングが作られて準備されます。付け心地や出来栄えを確認してもらい修正点があれば直します。(出来上がりのイメージが違えば再度チャレンジします)
鑑定書に沿ってダイヤモンドの説明もさせて頂きます。
 仕上がり確認 石留めをして完成です。デザインや修正点などを確認してもらい、よろしければケースに入れて納品です。このときはじめて代金をいただきます。
 ふたりのリングが完成! 納期はカウンセリングからおよそ2〜4週間


「マリッジリング」

結婚指輪のことです。
最近は皆さん二人で長く使うこちらのほうに重きを置いていますね。当店の特徴でもある手作りした本当に思いのこもったリングができてます。

当店はキャスト(鋳造)を一切使ってません。地金(金やプラチナ)を溶解して金づちで叩いて伸ばしたりして作ります(鍛造法)

キャストはワックス(ロウソクのロウのような柔らかい素材)で形を作り、それに金属を流し込んで出来上がります。強い力は一切かかっていません。
もちろん、キャストにはキャストの良さがあります。柔らかい造形や細かいモチーフはそのまま表現できますし、デザインなどにも比較的自由度が高いです。また、溶けて固まる金属であればどんな素材でも対応できます。

鍛造法は金属を金属で加工していきます。金づちでたたき、ヤスリで削って作るのでそれに耐えらる金属を用い、強いリングができます。 大量生産にはない丈夫さとこの上ない付け心地があるのです。金属が締まってると模様や文字などは加工しずらいのですが消えにくくなります。すべて手作業で加工してますので、サイズ直しはもちろん様々な加工に対応できます。毎日使うリングがサイズ直しや仕上げ直しに耐えられないような物ではよくありません。

また当店はホワイトゴールドの加工は行ってません。確かにロジウムメッキをかけるとプラチナのようにはなりますが、使っているうちにメッキがはがれてきます。サイズ直しや仕上げ直しにも向いてません。

最初だから無理をしてもいいものを用意してもらいたいのです。後々のことを考えて一生使えるものを用意してもらいたいのです。


 カウンセリング 1回目来店
  二人の希望、疑問などをジュエリーコーディネーターの職人ととことん会話してもらいます。
具体的なアイデアがなくても大丈夫、当店にある過去の作品写真やサンプルリングを使っておおよそのデザインをイメージ。
 素材を選択し、サイズをとってだいたいの見積もりが出ます。見積もりに納得いただければ女性用サンプルの作成依頼を受け付けます。
 デザイン確認&試着 2回目来店
二人の希望に添って作られたサンプルが出来上がります。付け心地や出来栄えを確認してもらい修正点があれば直します。(出来上がりのイメージが違えば再度チャレンジします)
デザイン&付け心地のどちらもOKの場合は男性用の制作開始。彼女の微調整も同時進行。
 仕上がり確認&微調整 ペアで完成してデザインや修正点などを確認してもらい、サイズをもう一度あわせてからリングの内側に記念日などをを刻印します。よろしければケースに入れて納品です。このときはじめて代金をいただきます。
 ふたりのリングが完成! 納期はカウンセリングからおよそ2〜4週間

エンゲージもマリッジもどちらも商品が出来上がり、お客様が納得して初めて代金のやりとりをします。作り始めたから内金がいるとか、キャンセル料をとるとか一切ありません。当店を選んでいただいたお客さまとの信頼関係で仕事をしています。
不安や疑問があれば何でも聞いてください。とにかくお客様に喜んでもらいたいのです。



shop info店舗情報

株式会社こしゃる店 篠田宝飾

〒010-0001
秋田市中通6丁目19-3 MAP
TEL.018-836-5486
営業時間:9:30〜19:00
定休日:毎週月曜・第3日曜
kosharumise@mtb.biglobe.ne.jp