沖縄語の継承・保存そして普及

言葉は文化の根幹です。言葉が失われれば、文化は消滅します。これから沖縄語を勉強しようとするひとのためのサイトです。私は2016年秋から、それまでまったく知らなかった沖縄語の勉強をスタートした東京生まれの超初学者です。

沖縄語は約千年ほど前に現在の共通語から分かれ発達した兄弟語で、「方言」ではなく独立言語です。一度聞いてみれば、ほとんど意味がわからないにも関わらず、ところどころに日本語の「古語」があって、長く分かれていた兄弟・姉妹に会ったような、どこか懐かしい響きに引き込まれす。

いま沖縄でも若い世代のほとんどは沖縄語が話せません。沖縄の古典歌曲を教える先生自体、沖縄語を正しく発音できないことが多いようです。話せる世代は高齢化が進み、このままでは沖縄語が絶滅してしまいます。ユネスコは沖縄語を絶滅危惧言語に指定しています。日本文化の多様性を継承・保存してゆくため一緒に沖縄語を勉強しませんか。

プロフィール&謝辞

小林ひとし
self駿河台大学名誉教授
同文化情報学研究所特別研究員
工学博士
東京ヤクルト・スワローズの熱烈ファン
FC東京サポーター

沖縄文字について、「沖縄語教育支援文庫」の船津好明さん、沖縄語については「沖縄語を話す会」の國吉眞正さんにアドバイスをいただきました。

このサイトを構成するにあたり『ワニchanのうぇぶわーるど』の Expression Web サンプルテンプレート を利用させていただきました。

▲このページのトップへ