Topics 2005 July-August

8月27〜28日
天皇杯サッカー福井県大会決勝
三国町テクノポート福井は昨年とは違い今年は好天に恵まれた。
決勝は金津FCVS丸岡高校という昨年と同じカードとなったが、丸岡高校は週7日の練習
対する社会人チームの金津FCは週4日の練習日だそうである。
社会人で週4日も練習する・・・というのはたいしたもので我々も見習わなければならない・・・
天皇杯決勝の前に行われたU-18プリンスリーグ 本番前の設営
試合結果は0−2で、若さと練習量で勝る丸岡高校が優勝した。
今月は高校野球とサッカーでスポーツ中継続きだったが、9・11衆議院選挙に向け多忙な日が続く。


8月24日(水)
名田庄村の祭り「松上げ」

名田庄村というか若狭地方の南川流域に残る祭り「松上げ」を夕方の生放送で中継した。
その時の写真を名田庄村三重在住のH氏からいただいた。
この「松上げ」は京都の火の神様とされる愛宕神社信仰によるもので、詳しい言われはよくわからないようだが

南川流域と京都府側の愛宕神社に通じる流域でも同じ日にこの「松上げ」が行われている・・・ということだ。
地域の人が協力しあって立てるあまりに巨大かつ重いのでユンボの力を借りるが昔は人も多くすべて人力で立てた左子供用(高さが低い) 右大人用
柱の上についたモジと呼ばれるかごの中に火のついた松明を投げ入れる・・・
というお祭りであるが、高いのでなかなか火がつくには時間がかかる。
子供用のモジに火がついたのは19時頃(開始18時半)だったが、
クライマックス夕暮れの中で火が落ちるシーンは実に豪快である。
みんな手に持った松明を投げ入れる火がついた(上がったというらしい)夕空に映える
落ちる ほとんど落ちきった
実は同じ名田庄村でも私の集落はこの行事は行っていないのであるが
地域の人達の実に純朴ないいお祭りを見せてもらった・・・・


8月22日(月)
自転車ツーリング用工具

とあるスポーツ用品店で自転車ツーリングに便利な工具セットを見つけた。
今までも道中のパンク修理や、ちょっとした補修に使いそうな工具だけをまとめたツールが欲しくて
いろいろなSHOPを回ってはさがしていた。
今回見つけた工具セットはUSA製BBB「Lobster20」というものである。
Lobster20 携帯TELのケースを流用
機能的には6角レンチ(2/2.5/3/4/5/6/8mm)、+/−ドライバー、ナイフ、缶切り、タイヤレバー(自転車用)
スパナ(8/9/10/12/13/15mm)、チェンカッター、スポークレンチ(14/15G)
と20通りの使い方ができ、お値段2600円ほどだった。
自転車のPartsというのはほとんど6角レンチで組まれていて、これだけのサイズがあればかなりの作業ができる。
また、手頃な収納ケースはないか?と探していたところ、同じ店で携帯電話の小さいホルスターが見つかった。
手のひらにすっぽり収まるいいサイズ
これが実にいいサイズで手のひらにも収まりがいいし、ズボンのベルトにも付けておける。
永年探していたが、やっといい道具と巡り会った気がする。

時間ができたので2001 USA Jet Coaster撮影記を大幅リニューアルしました。
是非御覧ください。


8月20日(土)
3G携帯電話

我が家の息子と2番目の娘が携帯電話を手に入れた。
いわゆる1円携帯であるが何と!3G(3rd-Generation)である。
(3Gなので3GHzを使っているのかと思うかもしれないが周波数は2GHz帯だそうである)
3Gはどれほど市場に流通しているのか?やや疑問もあったのだが、
係りの人がいちおう自宅で使用できることを確認してくれた。
ということは基地局はまだそんなに多くないのか?・・・
今までの2G携帯で通話できて3Gで通話できないところもある?

3G携帯
不明な部分は若干あるが、
PCと接続して使う機会が多い私には通信速度2Mbpsは超魅力!
そしてそのまま海外でも使えることも素晴らしい・・・
かなりポイントが貯まってきているのでこの機会に3Gにしようか?!とこころが動くのであるが
やはり地上デジタル1セグ放送受信が可能になってから買い替えるのがベストか?


ついに私のHPの容量が100MBに達してしまいました。
100MBまでは無料だったのですが、今後はお金を支払ってサーバーを買い足したさないといけなくなりました

このご時世なかなか無料というわけにはいかないようですHi


8月3日(水)
Note-PCを更新

左 SANYO Winky 右 SHARPPC-MR40J
今まで愛用してきたモバイル用Note-PC SANYOのWinkyMBC-G1K2があまりにも古くなってきたため
思い切ってSHARPのMebius PC-MR40Jに更新することにした。
これまで使ってきたWinkyのSpecはB5NoteでM/Pentium-233MHz HDD3.1GB Win95→Win98にUPしたもの。
約6年ほど前、名古屋の大須で中古品を当時100K円くらいで購入した。
B5-Sizeで出張や旅行先での情報収集にひじょうに役立ち欠かせないものだった。
(特に海外への長期出張では大変に重宝し、このPCのおかげでいろいろな難局を乗り越えてきた)
しかし、あまりにも動作が遅いのとハードDiskからの異音が気になり、やっと更新することになった。
今回購入することにしたPC-MR40Jは公称B5-Noteサイズとうたっているが
今まで使用してきたWinkyよりやや大きい。
(しかしCD-R/WやDVD-ROMは内蔵しているし性能は比較できる代物ではない)
今後の出張や旅行にはこれからはこの新しいPCを持っていくことになりそうだ。


7月30日(土)
JARLからQSLカードが到着
今回届いたJARLビューローからのQSLは63枚。
6m関連では9H1XT(なぜか2枚届いた)とVE6JWの2枚のみだった。


7月27〜28日
猛暑の高校野球福井県大会

夏の高校野球福井県大会は27日が準決勝、28日が決勝となり計3試合を生中継した。
27日は台風の影響が残りやや不安定な天気だったが、28日は快晴!暑さはかなりのものとなった。

福井県営球場 暑かった
決勝は福井商業×福井高校で熱戦が繰り広げられ4−1で福井商業の甲子園出場が決定したが
9回裏、福井高校の猛追撃が印象的だった。

来年の高校野球中継は地上デジタル放送が始まっているので、Hi-Visionでの放送となる・・・予定。


7月21日(木)
UN8GC QSLカード到着

先日6mEsのマルチホップでQSOしたKazakhstanのUN8GCのQSLが届いた。
こちらからSASEの封筒を同封しておいたのだが自前の封筒を使って返送されてきた。
UN8GC QSL
UN8GC 
このときはJAからはあまり呼んでいなかったので楽にQSOできた。


7月19日(火)
DXCC-Challenge(1000) Plaqueが届く!

5B−DXCCと合わせて申請していたDXCC-ChallengeのPlaqueがようやく届いた。
DXCC-Challenge
5B−DXCCのPlaqueは6/13すでに到着していたが、こちらのPlaqueは1月遅れで到着した。
あまり届くのが遅いのでボチボチ催促のMailを送ろうとしていた矢先である。
楯の大きさの関係はChallenge-DXCC>Honor−Roll#1>5B−DXCCとなる。

楯の大きさ関係
かなりの大きさでもあるので値段もそれなり・・・5B−DXCCよりも高い!
内訳5BandDXCCPlaque $35 送料$23  DXCC-ChallengePlaque $79 送料$28
しかし、DXCC#1も終わり5B-DXCCも終えた無線家にとっては新たな目標となり得るいい素材である。
私のところでQSLをカウントした感じでは2340eくらいなのだが、一気に申請するとこれまた費用が嵩む。
今後1年ごとにコツコツとメダルを増やすこととしたい。


7月7日(木)
夜叉ヶ池で水中撮影
ここのところの雨続きでなかなかできなかった夜叉ヶ池での水中撮影をやっと敢行した。
朝4時に福井を出発し、池に着いたのは7時半。
天候は急に強い雨が降り出したり、陽が射してきたり・・・実に不安定であったが
何とか目的の撮影をすることができた。
しかし慣れていない撮影のため手間取り、
下山開始は14時近くになり帰って試写を終えたら20時にまでなってしまった。
机上でのチェックの様子カメラは民生用HDV収録用VTR HDW-250
カメラは民生用のSONY HDV-JZ1を使用したが、水中ブリンプに入れるとそれでも重い。
トータル15Kgくらいだが、水中ではちょうどいい重さになる。
幽玄の夜叉ヶ池セッテイング中
水中の生き物を撮影中水中ブリンプ50mまでの水圧に耐える
最近の夜叉ヶ池は大雨の影響もあり水位が50cmほど上昇しており
目的の撮影をするのに胸まで浸からないと撮れない・・・という場所もあった。

(池に入るには環境庁や林野庁の許可も必要であり、そうたびたび入ることはできない)
ここの監視をしている管理官の方の話によると、龍がいるということで池の中に生卵(しかも20個)を投げ入れたり
酒を流し込んだり、いろいろなものを放り込む・・・という輩がいるらしい。


7月4日(月)
福井豪雨再来か?!強い雨が降り続く
先週より福井豪雨1年の取材をしているが、今日は県内嶺北地方で強い雨が降り続き警報も発令された。
写真左は本日の取材先美山町西河原、右は福井市宿布町付近の様子。
美山町西河原 JR越美北線の途切れた線路
どちらも足羽川であるが、増水した濁流が渦巻いていた・・・


前のページに戻る