Topics2005 Jan-Feb

2月25日(金)
愛車(ロードレーサー)のフレームカラー塗り替え完了

かねてからCRAFTEDにお願いしてあった愛用ロードレーサーのフレーム塗装と、オーバーホールが終わった。
塗装と整備の終わった愛用ロードレーサー

今回はフレームの塗装(昔盗まれた初代ロードレーサーと同じカラーリングにしてもらった)の他
ブレーキ・ギアチェンジ用のワイヤー交換、フレームの錆落としなどのオーバーホールで
トータル5万円ほどかかってしまったが、、最初に乗っていた同じ色の自転車に乗れることが嬉しい・・・
1月29日のカラーと比較してみてください。
さあ、あともう少しでシーズン到来!


2月20日(日)
土佐文旦が到着!
文旦15ヶ入り
かねてから高知の農家にお願いしてあった土佐文旦が届いた。
段ボールの箱を開けると部屋中に何とも言えない香りが広がり、早速家族みんなで試食した

久しぶりの文旦の味に思わず顔がほころんだが、いったいいつまであるか?難しいところである。


ARRL 5BandDXCC/Phone-DXCC#1を申請
かねてから申請準備を進めていたDXCCであるが
最後まで残っていたEU7SA(SSB)のQSLが本日到着し、USAへ送れる手はずがついた。
申請するのは5Band-DXCCとPhone-DXCC。
Phoneについては現存するすべてのEntityとQSOできていたのだが
EU(Belarus)のQSLがなかなかCFMできず、
昨年12mCWでQSOしたEU7SA(Andy)にお願いし、SSBでもQSOしてもらった。
しかしSASEでQSLを2回送ったが向こうに届かず・・・
結局Andyにお願いのE-Mailを送り、QSLをDirectで送ってもらった。

PhoneDXCC最後の1枚 EU7SAARRLへ送る342枚のQSL
CWでは比較的たくさんQSOしている東欧諸国(+旧ソ連邦)であるが
SSBになると、どこの国も極端にQSO数が少なくなる。(皆さん申請するときは注意)
今回の申請分はQSLカード342枚/509QSO・・・という大量申請になった。
明日EMSでUSA宛発送予定。


2月21日発送しました。
重さ1275g EMSで3200円かかりました。


EMSの追跡サービスによると2月24日 10時17分 ARRLへ配達済み・・・と相成った。
無事到着してとりあえず安心。
しかし送ったQSLが509QSO分なので、PCへの入力手数料だけで基本料金の$20に加え
389×$0.15=$58.35も取られることになる。


2月18〜19日
1年ぶりの秋葉原

夕闇迫る秋葉原電気街
所要で東京を訪れた際、秋葉原へ寄った。
特に目的としているものはなかったのであるが、デジカメ用のコンパクトフラッシュ(128MB3240円)
他デジカメグッズを購入した。
コンパクトフラッシュ(CF)は今まで使用していたものが容量が小さく
山などで撮影途中で入れ替えなければならない・・・という不便があり大きな容量のものを購入した。
昔と違ってGBオーダーのものもあるが、あまり容量の大きなものも考え物で
予算との兼ね合いもあり128MBに落ち着いた。

これで、現在使用しているIXY-450では200枚以上撮影可能となった。


2月11日(祝)
娘あずさの参加している高校生劇団「Drops」初公演
響のホールで初公演を迎えた「Drops」は
県内いろいろな高校から演劇の好きな者が集まって結成された劇団。
今回「小さな恋の和歌(うた)」という題で初公演(最初で最後か?)だったが
現代的高校生の事情や悩み・楽しさなどを実にうまく描写できた劇だった・・・と思う。
また今時の高校生とは思えぬ生き生きした演技は好感が持てた。
会場はほぼ満席だったが、劇が終わってもすぐに席を立って出て行く人はごく僅かだった。
響のホール 開演前最後の挨拶いまどきの高校生だがみんないきいきしている
メンバーは13人 舞台に上がった子の他にも照明・音響をそれぞれ担当している。 
Dropsという名はドロップのように、いろいろな形や味をした人が一杯いるという意味らしい。
落ちこぼれか?と思う人もいるかも知れないがそうではない・・・


10月の強風で壊れ、修理に出していたローテーター(江本750FX)がメーカーから返送されてきた。
修理内容は外側のギアケース(8000円)と内部のギア1枚(1500円)交換。
これに工賃・送料+消費税が付加されてトータル18900円となった。
ローター新品の価格が40000円程度なので、修理金額としてはいい線である。(予想通り)


2月4日(金)
JARLビューローからQSLカードが到着
やや遅れながらも今月も62枚のカードが到着した。

最近のCONDX低下に伴い到着するQSLは減少の傾向にあるが
今回はそれなりの珍のカードが返って来た。

DJ6SIの運用したT5Xをはじめ9N7DX,J28LP,3C0V,5U1A,N7OU/HI9など
6m関係では12枚
4Z5AO,DS4EOI、I1ANP,I8LPR,IK2GSO,LZ/OM1TF×2
T88JY,UA0SC,VI8NT,WX7M,XV2NA
あの6mのBigOPENからもうだいぶ経つが、まだQSLはポツポツと返ってきている。
Israelの4Z5AO 4Xの6mSSBはこの局のみ



またこの日は、我家の次女あずさがNHK−TVに出演した。
2月11日(祝)「響のホール」で公演する演劇のPRのため。
チケットは当日「響のホール」でも購入可能。
タイトルは「小さな恋の和歌(うた)」 当日は14時開場 14時半開演予定

前列左から2人目が次女あずさです NHK福井玄関ロビースタジオ 左端古市キャスター 右端下境アナ


2月2日(木)
GarminGPS Map60CSの性能
前回、日曜日に取立山(1307m)で使用したGarminのハンデイーGPS Map60CSであるが
別売の日本地形図TOPO−10M(10m等高線DATA)を取り込み
歩いた軌跡をPC上で表示させてみた。
TOPO−10Mを使ってMap60CSのDATAを転送
取説がやたらと分厚くなかなか理解しにくかったのであるが、やっと何とか表示することができた。
それによって、このGPSの素晴らしい機能が徐々に解明?されてきた。
Map60CSには歩いた軌跡などが自動的に記憶されており
そのDATAをPC上に吐き出すことによって、正確に移動距離/時間/高度
/緯度経度など
あらゆるDATAが表示される。
今回は9時14分に電源を入れて、帰って来てOFFにする13時24分までの間
814ポイントのDATAを記憶していた。
下記のDATAは山頂付近でのポイント例である。(814ポイントあるうちの3ポイントのみ)

左からポイントNo・日付・時間・高度・前回計測したポイントから進んだ距離・同時間・時速・進んでいる方向・緯度経度。

309 2005/01/30 10:56:44 1328 m 12.6 m 00:00:15 3.0 kph 78° 真 N36 06.430 E136 36.560
310 2005/01/30 10:56:59 1330 m 8.33 m 00:00:16 1.9 kph 84° 真 N36 06.432 E136 36.568
311 2005/01/30 10:57:15 1332 m 0.224 m 00:00:03 0.27 kph 182° 真 N36 06.432 E136 36.573

さらに地図にしたものが下の例
取立山Map
図中にある黒い点がDATAを取得し記憶しているポイントで今回は814ポイントもある!
歩きながらメモしなくともGPSがすべてメモってくれるのである。
上の図を山頂付近で拡大すると下のようになる。
(縮尺20mまで拡大可)
取立山Map2
見て分かるようにかなり正確に、しかもビジュアル的に見れるのがすばらしい。
山行記録として紙で保存することもできるし、
DATAのみをPC内に残しておいて必要な時にDATAを読み出し山行記録を再現してもOKである。
Garminの説明を見ていても、あまりピンと来ないかもしれないが
実際に使ってみると、さすが第3世代のGPSと言われるだけあってすばらしい性能といえよう。
使いこなすにはまだ時間がかかりそうだが、秘めたパフォーマンスはまだまだありそうだ。

これを使えばホワイトアウトでのリングワンデリング(同じところをグルグル回ること)も無く
ヤブこぎ、ツアーSKI、夜間の登山・・・など心強い味方となろう。
ただし電池がなくなるとダメになるが・・・


1月29日(土)
愛用ロードレーサー化粧直し
もう10年以上乗り続けているPanasonic製ロードレーサーの塗装をしなおすことにした。
大きな損傷等はないのであるがフレームが汗等で錆びてきている。
このあたりで綺麗にしようと思い、オフシーズンのこの時期を見計らって
CRAFTEDに整備をお願いした。

オフシーズンとはいえ最近は好天が続き路上に雪も無いため
この時期でも結構通勤にも乗っている。

10年以上乗り続けている愛車
2〜3週間後には整備が終わって返って来る予定であるが
今度のフレームカラーはピンクと黄色の2色にした。

その後福井山岳会の2005新年会に参加
詳細はこちらで。


1月18日(火)
北陸の冬の味覚
このシーズンならではのいわゆる「ズボガニ」(もしくは「ミズガニ」)が食卓に登場した。
地元ならでは食材で他の地方へはほとんど流通することはなかろう・・・と思われる蟹である。

ズボガニ
いわゆるズワイガニの脱皮したての蟹で、身はそんなに引き締まっていないまだ子供のズワイである。
しかし、いちおうズワイで殻が柔らかく足をパキッと折ってチュッと吸い込むと
身がズボッと口の中に入ってくる・・・通称ズボガニ。
何と言っても安い!近所のスーパーで1匹分680円!
普通は甲羅の部分は無く、足の部分のみ1匹分を荒縄でしばってあるのが特徴。
(海の状況により入荷する日としない日があるので地元しか買えない)
ズワイガニの10分の1の値段でズワイガニと同じような味が楽しめる・・・
ということでこの時期の我家の食卓定番(Special)メニューである。

私は人にいつも言っているが、福井3大うまいもの
「おろしそば」「ソースカツどん」そして「越前がに(ズボガニ)」である。


1月17日(月)
「DXの歴史」続編6mDXCC受賞局
本日到着した「月刊59」2月号に160&6mDXCC受賞JA局一覧というコーナーがあった。
これは「DXの歴史」には掲載されなかった受賞の難しい160mと6mのDXCC受賞者リストを掲載してほしい・・・
という要望に基づき掲載されたようだ。
それによると北陸の6mDXCC受賞者は以下の通りである。

 掲載記録   コールサイン 
92/12 JA9SSB
93/01 JA9OGE
93/04 JA9IPF
94/? JA9BHZ
01/12 JE9BHE
02/03 JR9RKU
02/12 JA9MWC
03/02 JH9INY
03/07 JE9WSD
04/03 JA9LSZ

このDATAはQST誌の掲載記録からの抜粋なので、発行元からのオフィシャルなりストではない・・・
QST誌には誤植や脱落があるので100%正確ではない、と断りが入れてある。
この結果を見ていると2004年9月現在
JAでは160mが74局/6mが157局DXCCホルダーがいることになる。

6mに関してはもう少し局数があっていいはずかと思うが、申請していない局も多いのであろう。
海外局の状況などはこちらから参照ください。

1月15日(土)
今まであまりHPの整理をしていなかったのですが、
使用していないページなどをサーバー上から削除し少し軽くしました。
BiglobeはHomePage100MBまで無料なのですが、私のHPは85MB(削除前89MB)あります。
写真が多いこともHP容量を食う原因ですが、
アマチュア無線の音声File(随所にあり)が重いのも一役買っています。Hi

そこへ新たに中国SILK ROADのコンテンツを立ち上げたので、またプラス1MBになってしまいました。
今年1月からTVで新SILKROADの企画が始まったのを皆さん見られたかもしれません。
私のSILKROADはかなり前の旅でしたが、昔の記録を見ているうち
スライドを電子化(CD)しようと思いつき、それならHPもついでに・・・と考え作りました。
実際HPを作るのはスライドの電子化より遥かに大変な作業で思いついてから
1ヶ月近くかかってしまいました。

3Y0X(Peter−TIsland)は船の都合でOnAirが伸びたようですが
そのまま中止にならないよう祈っております。

3Y1EE
カードは1987にQRVした3Y1EE


1月2日(日)
剣神社へ初詣
何故かいつも初詣には織田町の剣神社へ行くことが多い。
今年は天候にも恵まれ多くの参拝者で賑わい駐車場もいっぱいだった。

剣神社
また、年末に発注しておいた月刊ファイブナイン創刊20周年記念
日本から見たDX界の史実を検証した「DXの歴史」(JA1BWA高橋敏夫氏著)が届いた。

DXの歴史
「DXの歴史」はカラーページも豊富で紙質もよく256ページからなる立派な冊子。
いろいろなDX雑誌にありがちな一般的な歴史をまとめたものでなく、
日本から見たDX界に注目して書かれているのがひじょうに分かりやすい。
中を見ていて「JA局のDXコンテスト歴代上位一覧」というコーナーがあり
1985年と1986年のCW-WW-DXコンテスト15m部門JA1位に自分のコールを発見した。
さらに1986年のCQ-WW-WPX CW 15mもJA1位だった。
何と20年も前の記録であるが実に懐かしい・・・(しかし賞状は届かなかった)
他には2003・2004年のDXCC#1&HonorRoll Listも掲載ている。
5Band DXCCの歴代取得者Listもあるのだが、2004年6月までで418局が掲載されている。
まことに淋しい事ではあるが、9エリアではわずか7局(下記表のとおり)のみ。

取得年月 コールサイン
 76/8  JA9BE
84/5  JA9AGX
88/5 JA9JFO
94/2 JA9CWJ
94/5 JA9NLE
94/7 JA9FPI
97/1 JA9BEK

また、年々申請する局も減っているようだ。
これは、QSLカードの整理が結構面倒なことも上げられるが、一般的にはアマチュア無線人口の減少
ひいてはDX人口の減少が大きな影響を与えていると言えよう。
私も現在5Band−DXCCのQSLを整理中であるが、日頃からこまめにチェックしておかないと
準備に大変時間がかかるものである。(私は昨年10月から整理してきた)
         今月中にARRLに申請書とQSLを送り込みたい・・・
今年達成しておきたい一つ目の目標である。


謹賀新年!
今年もよろしくお願いいたします。

八原Family’s

1月1日元旦(土)
新年早々3000円Get!!!
名田庄村からの帰路、敦賀市のセルフガソリンスタンドで給油したら「大当たり」!のレシートが出てきた。
店員がいたので聞いたら何と!!!現金3000円と交換!
こりゃ新年早々ついている!
今年は何か良いことがあるかも・・・

雪の名田庄村 元旦撮影
雪の名田庄村で新年を迎えた。
写真は名田庄村納田終(のたおい)中央は南川。

Homeへ戻る