2015 Bhutan Souvenir

ブータンのお土産・・・果たして何があるのか!?「地球の歩き方 ブータン編」を眺めていても、他の国のガイドブックではよく見かける
「お土産」のページが無い!これは街中を巡り歩いて、自分の足と目で見て探るしかない・・・しかし、今回の旅はTrekking目的であり
あまり街中には滞在する時間が少なかったので、僅かしか紹介できないがこれからブータンへ行かれる方の参考になればと思う。

ブータンマツタケ

ブータンは知られざる松茸の宝庫である。ただシーズンは日本の秋よりも少し前だそうで、我々が訪れた時期はすでに収穫は
終わっていた。そこで乾燥マツタケを購入してきた。このマツタケはほとんどが日本人を相手に売買されているようで、パッケージは
日本語で書かれていた。1パック850Nu(ヌルタム)。1Nuは約2円とすると1700円相当なので日本人にすれば安いが、ブータン人
から考えると決して安くないだろう。(ブータンティンプーに住む公務員の一般的な収入が3〜4万円という話であった)さて問題の
ブータンマツタケであるが、日本に持ち帰り試食してみた。この試食に関してはBlogに書いたのでそちらを参照していただきたい。

冬虫夏草
「とうちゅうかそう」まるで虫のように思われるかも知れないがキノコの一種らしい。これに関しては滋養強壮に素晴らしい効果が
あるという触れ込みでかなり高値で取引されているようだ。ネパールのDOLPOあたりの高地でもよく採れて、そのあたりの住民の
生活状況が一気に変わった・・・ということを何かの本で読んだ。ネパールからブータン、チベットあたりの高地では、この冬虫夏草
ビジネスで相当賑わっている?ようである。ちなみに我々が搭乗したBhutanAirLinesの機内誌「KUZUZANGPO la」の1ページを
めくると、この「冬虫夏草」をアピールする写真が目に飛び込んでくる。それだけブータンの名産品?ということであろうか?

今回購入した冬虫夏草はParo空港の売店で冬虫夏草の専門Shopがありそこで購入したもの。1パックUS$10(660Nu)
最後の$10パックであとは最低でもUS$50からという販売価格である。これらはかなり安いもので、1本で数十$するものから
1パック数千$というものまでかなり種類と量がある。売り場になくなると、後ろからまた出してくる・・・そしてここでは外国人が
多くやってきて最後のお土産にと買い求めて行く。中国人?と思われる一行が、爆買いしているのを目の当たりにしてしまった。
その効果のほどは計り知れないが、ブータンのお土産としては一番なのかも知れない・・・効果のほどはNetなどで調べられたい。

Royal Wedding Goods
ブータンの5代国王ジグメ・ワンチュク氏とジェツン・ペマ・ワンチュク王妃が2011年に結婚、日本訪問の記憶をされている方も
多いと思うが、このRoyal Weddingはブータン国民の皆が喜んでおり、BhutanAirLinesのスタッフは皆、この国王と王妃のバッジを
胸につけていた。それで街中の土産物Shopでほぼ同じものを見つけて買ってきた。

1ヶ100Nu。

食品
街中のスーパーで見つけたブータンならではの食品もろもろ・・・

【写真左】 ブータンハチミツ マンゴージャム 唐辛子ペースト
どこでも山のハチミツはおいしく品質がいい。ブータンのマンゴもおいしいがいつもジュースを買ってくるが今回はジャムにした。
またブータンは唐辛子の国と言ってもおかしくないくらいで、唐辛子をペースト状にしたものがどこでも用いられている。辛いもの
好きとしてはなかなかGoodな自分へのお土産!餃子や鍋にも入れて重宝している。
ジャムは250Nu ハチミツ150Nu 唐辛子ペースト150Nu
【写真右】 ジンジャーと緑茶のティーバッグ & サフランのティーバッグ
ジンジャーと緑茶のティーバッグはいつもTrekkingのテントで飲んでいたので購入→ブータン製かと思いきやインド製だった。
サフラン茶はブータン製だった。いずれも150Nu。サフラン茶はちょっと珍しい?これ、香りがすごい。

その他
お土産モノを売っているShopで購入

石鹸はブータンで作られている上質のモノ。いずれも100〜150Nu。物入れはブータンの手織りの布で作られている。
値段は忘れてしまったが700Nuくらいだったか?(安くはなかった)

ブータンは変わった切手を発行していることでも有名である。切手を売っているShopを覗いてみたが、国王のRoyalWeddingの
記念切手はプレミアがついて何と8000円もするという話である。1枚欲しいと思ったのだが、あまりに高額すぎて諦めた・・・

日本までの郵便料金は30Nu。「地球の歩き方2014〜2015」には20Nuと書かれているが値上がりしたようだ。


2015世界一幸福の国Bhutanへの旅に戻る