2011 NEPAL Ghorepani峠 Trekking
〜12/3〜12/13 8000mの秀峰を眺める展望コースを歩く〜
Purnhillからの眺め

今年のNEPAL-Trekkingのコースはどうしようか???いつも悩みどころなのだが、残る山群と休暇の日程、メンバーの体力などを考慮して
今回は2008年に歩いたアンナプルナサーキットの残り3分の1を歩くことに決めた。この2008年に歩いたコースの残り・・・というのは車道も
通っていてあまり歩く意味はないか?とも考えていたのだが、かの有名なGhorepani峠もあり、さらにこの上のPurnhillからはヒマラヤの絶景が
見渡せるとあって、一度訪れてみることにした。このGhorepani峠からPurnhillを訪れるコースは、短期間で行けることもあり日本からも多くの
ツアーが企画されている。9〜10日間程度のツアーでお値段は30万円くらいなので休みの少ない日本人にとってはお手頃な価格?と日程で
8000m峰の秀峰を見ることができるので、人気は決して低くはないようである。先にも述べたように今回のこのコースは2008年に歩いた
アンナプルナサーキットトレッキングコースの残り約3分の1に当たる。そのため、ネパール国内線で2008年のトレッキング終了地点である
Jomsonまで入り、そこから南へ向けスタートしなければならない・・・限られた日程のためJomsonから先をすべて歩くとすると、休暇が足らない。
という訳で一部は自動車を利用して効率よくコースを回るべく考えたのだが・・・結果的にPokharaからJomsonのフライトは視界不良のため
キャンセルされてしまい、Pokharaから途中のTatopaniまで車を使って入ることになった。そのため今回の目的のひとつであったアンナプルナ
サーキット完全周回は無理となったが、空白の個所はいつでも行けるところでもありよしとすることとした。今回のメンバーは私を含めて5人。
2008年に一緒にアンナプルナサーキットを歩いた同じ山岳会のM氏と岐阜在住のN氏、そして同じ職場のK氏と名古屋から同じ職場のT氏
も参加してきた。T氏は勤続10年のリフレッシュ休暇を使っての参加である。(節目にこういう休暇をいただけることはひじょうにありがたい)
日本を出発したのは12月3日で帰国は12月13日、この時期ネパールは冬で寒いのではないか?と、思われる方も多いと思うが、緯度的には
九州のはるか南側に位置するネパールは、この時期”乾期”で天候も晴れが続いていて日中寒さを感じることは少なく歩くにはいい時期である。

Tatopaniで出会った女の子
今回の旅もいい笑顔とイッパイ出会えることができた。毎回ネパールの旅は期待を外すことはない。
今回歩いた付近のMap
今回のルートはPokharaから車でKusma→Baglung→Beni→Tatopaniへ向かい、今度は歩きで
Tatopani→Ghorepani→Hille→Nayapulまで下るというコース。帰りはNayapulからPokharaまで車利用。

 日   程  行           程
Day 1  12/ 3(土)  福井→関西国際空港
Day 2  12/ 4(日)  関西国際空港→Bangkok→Kathmandu
Day 3  12/ 5(月)  Kathmandu→Pokhara  ツーリストバスで移動
Day 4  12/ 6(火)  Pokhara→Beni(817m)→Tatopani(1189m)   車で移動
Day 5  12/ 7(水)  Tatopani→Shikha→Ghorepani(2853m)
Day 6  12/ 8(木)  Ghorepani→Purnhill(3198m)→Ghorepani  休息日
Day 7  12/ 9(金)  Ghorepani→Hille(1475m)
Day 8  12/10(土)  Hille→Nayapul(1050m)→Pokhara  Nayapul〜Pokhara車で移動 
Day 9  12/11(日)  Pokhara→Kathmandu  飛行機で移動
Day10  12/12(月)  Kathmandu→Bangkok→関西国際空港
Day11  12/13(火)  関西国際空港→福井

2011年Ghoreoani峠Trekking買い物編

Homeに戻る