2018年3月17日(土)
霧氷が素晴らしい!大野市縫ヶ原山(1317m)
〜福井山岳会3月例会山行〜

久しぶりに所属する福井山岳会の例会山行に参加した。行先は大野市の縫ヶ原山。この山は夏道がないため冬季の登山が中心と
なるが、今回登ったコースは旧和泉村上大納の三坂谷からのルート。旧和泉村に入るには、R158を走らなければいけないが今冬
大雪の影響で仏原ダム付近で夜間通行止めとなっている。朝7時に通行止めが解除されるのでそれに合わせて6時福井集合。ほぼ
通行止め解除と同じ時間でゲートを通過した。登り口の上大納付近に入るとさすがにものすごい積雪量である。除雪終点の空き地を
見つけて車3台分(10人)の駐車をした。車を止めた場所からは目指す縫ヶ原山の山頂付近がガスの切れ間に見え隠れする。

7時50分 車を止めた場所から歩き出す。2m以上もの雪の壁を乗り越えて雪の上に立つとさすが氷点下。カチンコチンの雪面は
スノーシューなど全く不用でツボ足で歩くことができる。雪の積もった林道を三坂谷に沿って西へと進む。橋を渡ってしばらく進んだ
ところで尾根に取り付くこととするが、ここで全員アイゼンを装着 8時15分。 取り付く尾根は結構な斜面がずっと続いている。

急な斜面をぐんぐん登って9時25分標高940mほどの小ピークに到着した。今日のルートは縫ヶ原山の東側からぐるりと湾曲
したような形で回り込んで登るルートである。そのため登る途中は左手にずっと見えていた山頂が、このピークを越えてからは
正面に見えるようになってくる。そして標高1000mを越えるくらいから、昨日までの冷たい雨や雪が凍ったのか?霧氷が素晴らしく
きれいに出来上がっている・・・これだけ見事な霧氷は珍しく、山の上の方までずっと白い木々が続いている。休憩後918mの
鞍部を越えていくと細い尾根になり、雪庇ができている。ここの通過にロープを出し一人ずつ危険個所を越えるのに時間がかかる。


痩せ尾根にずり落ちた雪庇の上を進んでいく・・・
ちょっといやらしいルートだったが、果敢にもN井氏がパッと先頭を行ってロープを張ってくれた。

この痩せ尾根を越えたところでもう一回、さらに上部の急な雪壁でもう一回、都合3回ロープを使用した。

頂上稜線に近づいてくると木々の霧氷の度合いはさらに増し、青空に白色が映えてくる。登るにつれ尾根の傾斜はどんどんきつくなり
休む場所も選ばないといけないが、もう稜線までわずか・・・トップを行くK尾さんがせり出した雪庇を削ってステップを刻み11時20分
登ってきた尾根が突き上げる稜線上1193mのピークに出た。



(左 乗鞍岳 右 御嶽山もよく見える)
稜線に出るとそこは大雪原が広がる別世界だった。これまで登ってきた細い尾根とは打って変わってだだっ広く、右手には霧氷の木々が見える。
思ったほど北風は強くなかったが、冷え込んだ稜線はアイゼンがサクサクと突き刺さって気持ちいい。そして昨日までの雨と雪がそのまま氷結して
素晴らしい自然の造形美を見せてくれた。これがあるから冬の山は止められない・・・一面大霧氷の林が出来上がっていた。

霧氷を横目に眺めながら山頂へ向かって登ると、見えていたピークは偽ピークでそのもうひとつ向こうが山頂である。
いったんゆるやかな斜面を下って再び登り返す。後ろには荒島岳や白山別山まで真っ白でひじょうによく見える。

11時55分 ようやく1317mの山頂に到着!山頂からは正面に荒島岳がドンとでっかく見え、大野盆地の向こうに
奥越の山々を望むことができる。遠く北アルプスの白い山並みもわかる。空気が澄んでいて素晴らしい眺めだ。

山頂で記念写真を撮って少し下った風のない場所を探して昼食にする。私は前から山で食べたら絶対おいしいだろう・・・
とかねてから思案していた「カレーメシ」を持参してきた。お湯を注ぐとあたり一帯にカレーの香りがほんのり漂いなんとも
食欲をそそってくれる・・・大正解だった。次回もこれで行こう!

12時40分 昼食を終えて元来た道を引き返す。直接山頂近くに突き上げてくる尾根を下ろうか?という話もあったが
今登ってきたルートの方が状況がよくわかっているので安全だろう・・・ということで同じ道を引き返す。
12時55分 1193mのピークを通過。いやらしい急斜面の尾根を下ったが、気温が上がってきて雪もかなり腐りだし
登りにロープを出した場所も難なく通過。雪の上の下りは実に早い。14時45分林道と合流、15時に駐車場に到着。
楽しかった登山は終わった。単独行だとなかなか行く気がしないが、仲間がいるので登れる山だった。
素晴らしい山仲間に感謝の一日だった。

ところで新雪が積もっているだろう・・・と予想して持参したスノーシューは、最初から最後までザックにつけたままで重いだけ。
登りも下りもずっとアイゼン(12本爪)使用、下りはツボ足でもOKでしたが、雪の解けだすのがひじょうに早く感じられ縫ヶ原山
登山をお考えの方は、雪の量を見てルート決定したほうがいいかも知れません。痩せ尾根は所々雪の切れている個所もあると
思われます。我々は雪が切れる直前のちょうどいいタイミングで登れたと思います・・・

今回の登山ルートGPS-DATAはBlogの方を参照ください。

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る