2017年12月3日(日)
 の富士写ヶ岳(942m)

今年春シャクナゲの咲く時期に登った富士写ヶ岳、この時期に登る機会がやってきた。天気も良さそうなので浄法寺山
あたりでも行こう・・・と思っていたのだが、カミさん連中が富士写ヶ岳へ行く、という話を聞きつけそれならば仲間に潜り
こませてもらおうと思い登ることにした。時期的には木の葉も落ちてスカッと山の見通しが良くなるシーズン。この時期
ならではの山の楽しみ方もある。もしかして!?ナメコが見つかるかも・・・というような淡い期待も抱いて行くことにした。

富士写ヶ岳の山頂は石川県加賀市になるが、丸岡から県境を越えてすぐということもあり気分的にはもう福井県の山
という感じである。丸岡に朝7時半に集合して我谷ダムの登山口へと向かう。車を一台下山口の枯淵に回しておいて
我谷のつり橋を歩き始めたのが8時半である。今日の天気予報は快晴!ということもあって我谷ダムそばの駐車場は
次々と登山者の車がやってくる。我々が出発の準備をしている段階で10台ほど。車を枯淵に回して戻ってくる頃には
20台近く。帰りに見ると離れた場所の駐車場にも止まっていたので最終的には30台以上のクルマがあったのでは?

橋を渡るといきなりの急登が続く。落葉に覆われた道を踏みしめながらジワジワと高度を上げていく。登り口近くに
あった道路の温度計は2℃を示していた。空気がきキリリとしている印象で汗もそれほど流れない。今日のメンバー
全員で12名にもなるため、先頭から最終組まで10分以上の開きがでている。まあ道は一本道で皆さんそれぞれの
実力にあった速度で登っているようで気楽な山歩きである。標高600mあたりからチラホラと白い雪が見えてきた。


山頂へ近づくにつれ積雪は多くなり、前山との分岐あたりではくるぶしくらいまでの量だった。今回、私以外のメンバーは
皆さん登山靴にロングスパッツといういで立ちだったが、こういう時期は長靴が一番あっていると思う。という訳で私は
スパイク付き長靴を使用。泥の登山道でも雪があっても平気、かつ滑らないのでなかなかいい選択だった・・・と思う。
富士写ヶ岳山頂には10時30分に到着。山頂広場には10人くらいの登山者がいたが、誰が作ったのか?雪だるまが
鎮座していて、訪れた登山者を迎えてくれた。積雪は10cmくらいだろうか?山頂付近の雪はかなり踏み固められていた。

快晴とあって白山はじめ奥越の山々、日本海までスカッと見渡せた。冬晴れの日は空気が澄んでいる。


ゆっくりと昼食をとって11時40分下山開始。一旦下って前山へと向かうが、ここもいい広場になっていた。
数人の登山者がいたが白山を眺めるための場所にちょうどいいようである。しかしすでに白山は雲の中・・・

この富士写ヶ岳、山頂や前山付近は初冬の雰囲気だが下へ降りるにつれ晩秋の雰囲気満点・・・落ち葉の絨毯を
踏みしめて快適に下山・・・と思っていたが、現実は甘くない。この下りの五彩尾根は急な斜面の連続で楽ではない。
急傾斜の場所にはお助け用の虎ロープが張ってあるが、足元がぬかるんでツルツル滑るため皆さんスッテンコロリン
泥だらけになってしまう。雪がある方が汚れなくて、また歩き易くてGoodだった。

途中に枯淵ルートと五彩尾根ルートの分岐があったのだが、枯淵へ下るルートは木で柵が成されており閉鎖になった?
この登山道を作業道としても使用している山主?から悲痛な訴えが書かれていた。車はこの枯淵の登山口に駐車して
あるため、一瞬この枯淵ルートを下ろうかとも思ったのだが、途中で道がわからなくなるといけないと思い五彩尾根ルート
へと下ることにした。確かに道は歩かないとダメになる。五彩尾根ルートは急傾斜とは言え草刈りもきちんとされていて
ロープでルート整備も行われている。枯淵コースは今後誰も登らなくなってしまうかも知れない・・・結果的に五彩尾根の
道は九谷ダムのすぐそばに降りることができたが、車を止めた場所まで約10分余計に歩くことになった。駐車場には
13時10分着。早い戻りだったが、冬の日は短い。温泉にゆっくりと浸かって汗を流し早々に帰路についた。
なお期待していた天然ナメコだが、今回はまったくその気配すら感じることはできなかった・・・

五彩尾根ルート上はシャクナゲの木がかなりたくさん見受けられ、春はかなりいいコースになると思う。
車2台で出かけて九谷ダムから登り出し、富士写ヶ岳→小倉谷山→火燈山→福井県側の大内峠という
コースをとると春のシャクナゲ満喫ルートになること間違い無し!?だろう。

(左上の我谷ダムから歩き出して九谷ダムへ下山 枯淵へと下るルートも地図上に反映されている)

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る