2016 NEPAL Langtang谷 Trekking
〜 11/18〜28 世界で最も美しい谷はどう変わったのか!?

私が始めてネパールのランタン谷を訪れたのは1998 年秋のことである。この時はランタン谷を詰めた奥にあるヤラピーク(5520m)と、
もうひとつツェルゴ・リ(4984m)という2つのピークを登った。その際、登山の途中で通過したランタン村(3430m)で衝撃的な光景を目に
したのである。それは何か?というと電柱と電線である。どうしてこんな高地に電気があるのか?気になって電線を辿り、山の麓の小さな
水力発電所に辿り着いた。そこでこの発電所を運営する3人の若者と出会い、そこから話が始まったのである。この村の水力発電所は
出力8Kw(当時)とひじょうに小さなものだったが、その貴重な電気は昼間働いて夜間勉強する人たちのため開かれたナイトスクールに
また昼間はその電気を利用してパンを焼きトレッカーに提供することで、売上金を学生たちの奨学金にするという素晴らしいプロジェクト
の核となるものだった。もちろんこのプロジェクトはランタン村の人達だけでできるものではなく、日本のNPO「ランタンプラン」という団体が
活動をバックアップし、ここまで辿り着くことができたものだった。私が訪れた1998 年にはこのプロジェクトはすでに、ランタン村の村人達
だけの手によって実にうまく運用されていた。このトレッキングを終えて日本に帰った私は当時放送されていた「新アジア発見」という番組
に番組提案書を提出し、見事提案が通って翌1999 年春にディレクターと共にこの地を再訪することとなった。「未来をひらく電気の灯」と
いう副題がついて同年5月2日に放送された。撮影期間は2週間ほどだったが、発電所を運営する3人(チェンガ、ニマ、ギャルボ)とは
もちろん、村の人たちとも仲良くなり桃源郷のようなランタン村で仕事ができたことはひじょうに嬉しかった。放送が終わってしばらくは
ランタン村ことなど忘れてしまっていた。しかし11 年後、当時取材した人たちはどうしているのだろうか?ふと気になってランタン村を
訪れることにした。この時の3度目の訪問記は私のHPに記載しているが、発電所の出力は8→17Kw に出力UP、運営の中心人物で
あった3人は2人になってしまったが、ひじょうにスムーズな運営がなされている・・・ということだった。恐らくこれでもうランタン村に来る
ことはないだろうと思っていたのだが、2015年4 月25 日のネパール大地震(M7.8)が4度目のランタン村行きを決意させた。
この地震でランタン村は壊滅的被害を受けたということである。かつてお世話になった人たちはどうしているだろうか?
また、あの美しい風景の村はどう変わってしまったのだろうか?


(2010年に訪問した時のランタン村)


(Lantanng谷Map)

 日   程  行           程
Day 1  11/18(金)  福井→中部国際空港→Bangkok  タイ国際航空
Day 2  11/19(土)  Bangkok→Kathmandu  タイ国際航空
Day 3  11/20(日)  Kathmandu→SyabruBensi(1460m)  Tourist専用バスで移動   
Day 4  11/21(月)  SyabruBensi→Bamboo→Lamahotel(2340m) 
Day 5  11/22(火)  Lamahotel→Langtang(3500m)  Langtangに2泊
Day 6  11/23(水)  Langtang→KyangjinGompa(3800m)→Kyanjing・Ri(4350m)→Langtang    Langtangから日帰り最高標高地点
Day 7  11/24(木)  Langtang→Lamahotel→Bamboo(1960m)
Day 8  11/25(金)  Bamboo→SyabruBensi   
Day 9  11/26(土)  SyabruBensi→Kathmandu  Tourist専用バスで移動
Day 10  11/27(日)  Kathmandu→Bngkok  タイ国際航空
Day 11  11/28(月)  Bangkok→中部国際空港→福井  タイ国際航空

2016NEPAL 買い物編

過去のネパールの旅はこちらから
2014年4月26日〜5月6日 Nepal Gosainkund Trekking
2013年4月27日〜5月6日 Cycle24 Nepalで聞く6m
2011年12月3日〜13日 Nepal Ghorepani峠 Trekking
2010年4月23日〜5月3日 再会・・・そして未来へ Nepal Langtang谷Trekking
2008年9月12日〜30日 Nepal Annapurna Circuit Trekking
2006年秋 福井山岳会ネパール エベレスト街道トレッキング
NEPAL 2005
NEPAL 2003
NEPAL 2002
NEPAL 2000
NEPAL 1999
NEPAL 1994
NEPAL 1987

Homeに戻る