2016年11月12日(土)
  過ぎ行くを楽しむ荒島岳(1524m)

今シーズンはBikeでの行動が多く、山へ行く日が少々少なくなり気味である。しかしネパールのトレッキングも控え山歩きの方も
少しやっておかないと・・・と思い、荒島岳の少し長いコース中出ルートを選んで歩くことにした。秋の日は短い、早め早めの行動が
必要だが、なかなか体が思うように動かず日頃のトレーニングの必要性を痛感する次第だった。

中出の駐車場を7時45分に出発。この時期、天気さえ良ければ登山者が相当多いもの・・・と思っていたら、駐車場には2台しか
車が止まっておらず拍子抜けしてしまった。少し歩き出してその上に3台くらい駐車していたが、それでも少ない気がする。
林道の終点から杉の植林地帯を抜け広葉樹の森が広がると、気持ちのいい場所だ。落ち葉の絨毯を踏みしめて歩くのが楽しい。


9時50分 小荒島岳(1186m)到着。頂上にはすでに2人の登山者がいて一人は北海道から来たとのこと。
勝原から上がって、山頂まで行きこの小荒島岳のピークを踏んで再び勝原へ戻るらしい。かなりの健脚だ。
ここ小荒島岳からは白山がキレイに見えた。白い白山と紅葉の取合せはGoodだが今年の紅葉は今ひとつ・・・

小荒島岳からシャクナゲ平の間の森はいつ来ても素晴らしい。すっかり葉の落ちた木の幹の間から景色が見える。

10時10分 シャクナゲ平を通過。

ここまで登ってくると登山者が多く、モチヶ壁付近はやや渋滞気味。降りてくる人と登る人が交差してさらに鎖場もあり
ちょっと時間がかかる・・・やっとの思いで前荒島のピークに立つと、雪を頂いた白山が背後に迫ってくる。

11時5分 荒島岳(1524m)山頂到着。山頂には30〜40人くらいの登山者がいて賑わっていた。
山頂近くにいた人にお願いしてシャッターを押してもらう。山頂の方位盤のある場所は一番の人気スポットだ。

山頂は混雑していて風もあるので、小荒島岳まで下って昼飯にすることにした。11時30分下山開始。
12時15分シャクナゲ平を通過して元来た中出登山道を戻る。小荒島岳の山頂には2人組みの登山者がのんびり昼食中。
山頂へは登らずに、ここでずっと写真を撮っていたらしい。天気もいいので、のんびり日向ぼっこもよかっただろう・・・
お湯を沸かしてカップヌードルとおにぎりの昼食を済ませ下山。中出の駐車場には14時40分着。

すでに晩秋という雰囲気だったが、スカッと晴れた秋の一日を楽しませて頂き感謝!


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る