2016年7月1日(金)
 の晴れ間に能郷白山(1617m)

梅雨時はなかなか晴れた日に山登りができない。しかし、たまたま平日の休みが晴れの日に重なったため山に行くことができた。
とは言うものの、暑さと自分の体力を考えるとハードな山登りは難しい・・・と思い、久し振りに能郷白山へと出かけることにした。
最近、撮影でこの真名川水系の平家平をよく訪れていたこともあり、タイミング的にも悪くない。唯一気になるのは熊の出没くらいか?

(熊河の村から眺めた能郷白山)

朝7時半に自宅を出発する。大野からR157に入り、真名川に沿って遡る。この谷は奥深い。温見峠を越えれば岐阜県へと抜けることが
出来るとは言えど一年の内、半分以上は通行止めである。たまにすれ違う車は道路工事関係者か釣り師である。
9時15分ようやく温見峠(1020m)に到着。峠には福島ナンバーのプリウスが1台止まっているだけだった。
9時20分準備をして歩き出すが、この奥深い山で単独行というのはやや心細い。

登り出したところはブナの林が続いており、足元を見るとここにもオウレンの植生が見られる。
平家平と同様な感じで、真名川水系の山々は同じような感じで成り立っているようだ。

10時40分 早くも下山してくる高年?3人組に出会う。相当朝早くに上がったのだろう・・・元気に降りていった。
全員クマ鈴をつけていてチリンチリンと鳴らしながら行ったが、これほどの山奥になるともちろん熊の生活する
テリトリーに入っている訳である。自分もいつもは持っていないクマ鈴をつけて歩いている。
人を恐れないヒト喰いグマが出てくる世の中である。注意するに越したことはない。

梅雨のこの時期は花が目に付きやすい。新緑も美しく天気さえ良ければ申し分ない感じだ。

11時4分 能郷白山山頂(1617m)到着。
ここの山頂は何も見えないので少し離れた祠の頂へと向かう。

祠のところに腰掛けてお湯を沸かし昼食にした。ここから眺める奥美濃の山々の風景はいいおかずになる。

遠くで雷の音が聞こえてきた。晴れているとは言え梅雨のこの時期天候は不安定である。
11時55分 下山開始。美濃の方の空は灰色になってきた。
下りの途中で単独行の登山者とすれ違う。
登り口13時8分着。

標高1600mあるとは言えどかなり蒸し暑く感じたが、久し振りにいい汗をかかしてもらった。
帰りは来た道を戻るしかないのだが、昔の人というのはよくもまあこんな山奥に住んだものである。
温見といい、熊河といい恐らく平家の落人だったのだろう・・・それも奥深い山中であるが川沿いの
開けた場所に村を作っている。とっくに廃村になっているが、少しずつ夏の間だけ戻ってくる人達が
いらっしゃるようで、作業小屋らしき建物があちこちに見受けられるようになってきた。
なかなか自分の生まれた土地というのは離れられないものである。

2015年10月4日 小さい秋見つけた・・・能郷白山
2010年10月16日 紅葉にはちょっと早い?能郷白山
2009年4月19日 快晴!岐阜側から登る能郷白山


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る