2016年2月28日(日)
 雪上のハイウェイを歩く 荒島岳(1524m)

久し振りの荒島岳。天気は良さそうで快適な山歩きが期待できそうだ・・・と思って、登り口の旧勝原SKI場跡へ行くと全く雪がない!
いつもは、このSKI場の駐車場まで入れずに国道脇の除雪したあとの広い場所に車を止めたりしていたのだが、暖冬とは言え
これほど雪が無いとは思ってもみなかった。駐車場内どこでも自由に止めることができる。こんな雪のない年は初めてかも知れない。

7時10分 SKi場の駐車場から歩き出す。驚いたことに昔のSKI場内のゲレンデにも雪が全く無いではないか!結局最終リフトの
あったところまでほとんど雪の上は歩かずに登れてしまう・・・途中で追い抜いた2人組のSkierは下りに雪が無くて心配していた。

7時50分 最終リフト跡に到着。ここから始まるブナ林の中は雪がそこそこあって歩きやすくなってきた。
さすがに天気のいい日曜日とあって登山者は多い。駐車場には30台くらいの車が止まっており、すでに多くの登山者が
歩いたあとで実に歩きやすい。9時10分シャクナゲ平へは登らず、横へトラバースしてシャクナゲ平とモチガ壁の鞍部に到着。
ここでほとんどの人はアイゼンを取り付けていたようだが、必要なしと判断してそのままモチガ壁の急斜面を登る。

ここさえ登りきってしまえばあとは少し楽になる。登る途中ですでに頂上から降りてくるグループとすれ違う。
聞いたら昨夜シャクナゲ平にテントを張って泊まっていたそうだ。よく見ると下の方にテントが5張くらい見える。

(左小荒島岳 右下がシャクナゲ平 テントが見える 奥は加越国境の山々)
前新島岳付近からは真っ白になった雪稜が続く。そこを多くの登山者が歩くのが豆つぶのようになって見える。



前荒島岳から山頂にかけての稜線は、風景を遮る木々がなく絶好のシャッターポイントである。誰もが後ろを振り返りながら
その景色を眺めて立ち止まる。私もカメラを持ったまま、この場所でずっとシャッターを押し続けた・・・10時25分山頂着。

山頂はひじょうに賑わっていた。後から後からどんどん登山者が上がってくる。気温0℃ちょうど。風が吹くとひじょうに寒い。

10時45分下山開始。雪道の下りはあっという間である。途中シャクナゲ平11時25分着。
ここで簡単な昼食をとってポカポカ陽気の中を下山する。麓には12時40分着。最後のリフト跡から
雪のないSKI場跡地を下るのには閉口した。雪がないためゴロゴロした石が転がっていて歩きづらい。
しかし、夏ならばとてもこんな短時間で往復はできなかっただろう。全ては雪上に作られた雪のハイウェイのおかげである。

結局持参したスノーシューとアイゼンは一度もザックから出すことなく往復できた。

2015年1月18日 山SKIで楽しむ小荒島岳
2012年2月5日 荒島岳シャクナゲ平から小荒島岳周回

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る