2015年1月25日(日)
 南越前町藤倉山(644m)〜鍋倉山(516m)周回
〜福井山岳会1月例会山行〜

(JR今庄駅前から眺める藤倉山〜鍋倉山)
私が所属している福井山岳会の1月例会山行。この山行が終わったあとは夜の部で山岳会の新年会も予定されている。昼間は一汗かいて
夜の部はみんなで楽しく飲もう・・・という計画である。というわけでこの日の山行はやや軽めの無雪期であれば楽しく歩ける手軽なハイキング
コースである。しかし豪雪地帯で有名なこの旧今庄町での雪山歩きは果たしてどうなのか?

今回のスタートはかなり遅く8時に福井市集合。JR今庄駅の駐車場に車を止めて歩き出したのは9時である。天気はいいようだ。駅前通りを
まっすぐに抜けて観音堂からスノーシューを履いて雪の中を歩き出す。他の登山グループ8人ほどがすでに登っているらしく、かんじきで歩いた
跡がずっと山上まで続いている。我々のグループは全員で13人の大所帯。最後を歩く人はツボ足でも全く問題なく歩くことができ楽チンである。

今庄駅方面がよく見える高台まで登って来たところで問題発生!T隊員のプラブーツが壊れた・・・というのである。T隊員はかつてヒマラヤ遠征に
参加したほどの実力の持ち主だが、それ以来冬用登山靴を新規購入せず古いプラブーツをそのまま使用してきてほぼ十数年?ついに破壊が
起きてしまった。ちなみに私も何足かプラブーツを使用していたが、すべて雪山使用中に割れて壊れてしまい今は専ら革製の靴を愛用している。

今回はメンバーの中にテープを持っている人がいて、このテープを割れた靴の周りにぐるぐると巻いて何とか緊急補修を行った。果たして帰るまで
持つのか!?やや不安ではあったが雪上歩行なので、普通の登山道とは違って靴へのダメージはやや少ない。恐る恐るながらも再び歩き出す。

休憩した電力会社の鉄塔から先の道はブナ林になっていてこの時期、葉がすべて落ちていて見通しがきいて歩きやすい。
そうこうしているうちに11時20分藤倉山(644m)の山頂到着。先行していた8人パーティーが昼食の真っ最中だった。

山頂には反射板が設置されていてその周囲で適当に場所を見つけてランチタイムとする。この山、海抜こそあまり高くないが
岐阜や滋賀県方面との県境の山々が白く輝いて見える。積雪は1mくらいと、この時期にしてはやや少なかったが雪上を歩くには
十分楽しめる量である。これから眼下に見える鍋倉山を目指して下っていくが今回のコース、下山するまでUP-DOWNが多そうだ。

12時5分ランチ休憩を終えて歩き出す。途中から北へ向かって大斜面を下り鍋倉山方向へと向かう。
一旦鞍部まで下って登り返す。

12時55分 鍋倉山頂上に到着。と言っても頂上らしきものは何もなく、雪の中の木の枝につけられたアルミの小さな標識に鍋倉山
と書かれていただけである。GPSを見ると間違いなく516mの山頂なのだがあまりに何も無い頂上だった。雪がなければ何かあるのか?
鍋倉山から今度は八十八ヶ所山へ向かって進む。先行のグループはこの鍋倉山から直接、今庄の街に向かって降りるようで彼らとは
ここで別れて北への尾根をたどる。またしても尾根を下ってまた登らなければならないが、山が低いので大きな上りではないのが助かる。

鍋倉山から八十八ヶ所山へと向かう尾根は取り付き部分がわかりにくく、また思っていたよりかなり細い尾根道だった。
八十八ヶ所山(338m)は電力会社の鉄塔の横をすり抜けてすぐだった。神社の社務所がありそこから少し下ったところに
テレビの中継所があり、ここが見晴らしがいいので休憩場所にした。かつて昔はここまで仕事でよく登ってきたのが懐かしい。

テレビ中継所でしばらく休憩して14時下山開始。雪が少なくなってきたのでスノーシューを外して降りたのだが、これが失敗だった。
登山道は下る一方の道だったが意外にも積雪量が多く、さすがにツボ足では膝くらいまで潜っていまい距離が短いとは言え疲れた。
14時20分JR北陸線がすぐそばを走る登山口に降り立った。ここからJR今庄駅までは歩いて20分ほどの距離。久しぶりに足が
地に着いた?感触を楽しみながら車道を歩いた。今回のコース、低山で短いと思っていたルートだったが、ぐるっと回るとUPーDOWNが
多かったせいか?かなり歩いた感があり汗もかなりかいた。ところで、登り途中プラブーツの壊れたT隊員は果たしてどうなったのか?

がんじがらめに巻いたテープが功を奏して、今庄駅に到着するまで全く問題なく歩くことができた。最後にテープをはがすとプラスチックが
パラパラと細かくなって崩れ落ち、2度と履けなくなったようだ。皆様も古いプラブーツは注意ください。

(今回ぐるっと歩いた周回コースGPS-DATA)

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る