2015年2月15日(日)
 吹雪の野坂山(914m)スノーシューハイク

野坂山は敦賀市に入ると絶対に目に入る大きな山である。その存在感ゆえ季節さえよければ多くの登山者が訪れる山である。昨年秋には
私も職場の仲間と登ったばかりである。しかしこの山、どういう訳か今まで積雪時には登ったことがなく是非一度登ってみたいと思っていた。
今回は山岳会の仲間3名とともに野坂山いこいの森(通常の登山口)から上がって、山集落へと続く尾根を歩こうではないか?という計画で
下山する予定の山集落にも1台車を止めて用意周到に臨んだ。

6時福井市内で集合。7時に敦賀市黒河ふれあい会館で嶺南在住のH氏と合流。野坂山いこいの森へと向かう。積雪量は思ったほど多くない。
しかし、いこいの森の最終駐車場までは除雪はされておらず事務所の前まで。残りわずか10cmくらいの積雪なのだが、硬い雪は4WD車といえど
進むことはできない。除雪最終地点に少し空き地があったのでそこに車を止めて準備をする。そうこうしている間に2台の車がやってきて
同じように登山の準備をしている。話を聞くと毎週のように、この野坂山に登っている常連さんとのことであった。我々も7時20分に歩き出す。

積雪は多くなかったが、いちおうスタートからスノーシューを履いて歩く。途中の沢を横切る栃ノ木地蔵のところでは、雪がなく石の上をガチャガチャ
スノーシューを履いたまま歩く。先行した「常連さん」はスタスタとツボ足で軽快に歩いて行った。この栃ノ木地蔵あたりから夏道とルートが変わる。
夏道は谷についたつづら折れの道を行くが、冬道は尾根に上がってそのまま一ノ岳までずっと続いている。この道は私たちがつけた訳ではなく毎日
のように登っていらっしゃる常連の方々?がつけたもので踏み跡は、しっかりしているが、このあたりからツボ足で歩くのは難しくなってくる。

この冬ルートを歩くと某社の地上デジタル放送用受信所の横を通り過ぎる。よくまあこんな山の上に建てたものだ・・・と思うが、雪のないシーズンであれば
このすぐ下まで車で上がってこれるので納得である。ブナの立派な森の続く尾根を順調に高度を稼いで上がっていく。積雪は1mくらい?と多くはない。

一ノ岳近くまで登ってくると敦賀の街が眼下に見えるがガスが出てきて序々に薄くなってくる。反対側の野坂山山頂方向もうっすらとガスがかかって
きているがまだ見える。山頂からまっすぐ左に伸びる尾根を降る予定なのだが、上へ行くにつれかなり天候は厳しい状況である。9時5分一ノ岳着。

一ノ岳から二ノ岳を越えて山頂へと向かうが、美浜町側から吹き付けてくる風の強さが半端なくデカイ!何とか素早く木の陰に入り吹き飛ばされそうに
なるのをまぬがれたが、山頂付近の天候は下とは打って変わってひじょうに厳しいものである。樹林帯の中は少し風も緩むので歩きやすい。二ノ岳から
山頂へ続く尾根を抜け9時45分山頂小屋に到着。途中で先行の「常連さん」の下りとすれ違ったが、山頂まで1時間50分という話だった。小屋は2m
くらいの雪に囲まれ夏用の玄関からは入ることができず、裏へ回ってかろうじて窓から中へ入ることができた。小屋の中では気温−3℃だが、風がない
のでひじょうに助かる。まさに地獄で仏に出会ったような気分である。外はビュンビュン風の避ける場所もない吹きっさらしである。


中へ入ってお湯を沸かしかなり早めの昼食にするが、暖かい食べ物というのはありがたいものである。しかも小屋の中なので風の心配もないし
落ち着いて座って暖かいラーメンをすすることができる。お尻も冷たくないし、コンロの火が風であおられ湯が沸かないこともない。いや良かった。
昼食をとって小屋の外へ出て山頂三角点へ行くと、もうそこは別世界で猛吹雪!!目を開けて見ることも難しい!顔にあられやヒョウのような
氷のカタマリ?のようなものがバンバン当たってイタイ!ことこの上ない。記念写真だけ撮って早々に退散。すぐそばの小屋さえ見えなくなった。

こんな天気の状態ではとても山集落へ続く尾根を見つけられる訳もなく即退散!である。とにかく山頂から小屋の陰まですぐに逃げ帰り、今来た
道を下って帰ることに決定!10時35分下山開始。降り始めたところへ単独行の登山者が上がって来た。そしてまた少し下ったところでもう一人。
一ノ岳の下りでは女子3人組の登山者とすれ違う。結局、麓までトータル10名近い登山者とすれ違った。冬でも手軽に登れるとあって人気の山だ。

11時55分 麓のいこいの森事務所に到着。下りはさすがに早い!そして山頂付近の吹雪はどこの話か!?青空が見えてきた。
福井へ帰る前に立ち寄ったリラポート(天然温泉)で眺める野坂山は山頂までスカッと見渡せ、快晴の兆し・・・いやぁ〜やられた!
しかし今から登る訳にはいかない。山へ下るルートは、また次回の楽しみとしよう。再挑戦を誓って帰路についた・・・

この山ブナの大木が多くて面白い。冬のコースを是非歩いて眺めてほしい。


(今回歩いた野坂山冬コースのGPS-Map)

2014年11月22日 日本海と琵琶湖の見える山 野坂山
2012年5月19日 新緑眩しいブナの森を一周 敦賀市野坂岳

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る