2015年2月11日(水)
 新雪を満喫!越前甲(1320m)山SKI

昨年も山SKIで登った勝山市の越前甲。今年はBangkok帰りのT隊員が何年かぶりに山SKIを始める・・・ということでトレーニングを兼ねて登ることに。
しかし、一昨日からの寒波で福井県周辺はこの日の朝まで雪が降り続き、奥越の一部では2m近い積雪になったところもある。どのくらいの新雪が
積もって、果たして滑りはどれくらい楽しむことができるのか?雪山へ行くのは先月の南越前町以来だったので、ひじょうに楽しみな山行となった。

今回の集合時間は朝8時とやや遅め。山岳会の他の3人と合流して勝山市の横倉へと向かう。R416をどんどん奥へ詰めていくと道路の両側の
積雪量が半端ないくらい多い!黒部立山アルペンルートとまでは言わないが両サイドが雪の壁になった細い一本道である。8時50分登り口到着。

登り口は他の登山者もいるかと思ったのだが、我々が一番乗りだった・・・と言ってももう9時なので充分に遅い時間なのですが。
準備をして9時歩き出し。雪はかなり深い。SKIを履かないで歩こうとすると一気に腰まで雪の中に埋まってしまう。SKIを履いても
30cmくらいは潜ってしまい傾斜の緩やかなところならともかく、急斜面ではかなりの労力が必要になってくる。そして50分ほど
進んだ所でT隊員の貼り付けシールが剥がれる!シールと板の間に雪が詰まって登れなくなってしまい、ここで応急修理を行う。
私が持っていたビニールテープで所々を止め、シールを固定。時間を食ったが再スタート後は調子よく登り続けることができた。

ここでシールが機能しなかったら万事休す・・・だったがT隊員、前回といい今回といいテープには縁がある。林道をショートカットして林の中を抜け
今度は広い大雪原へと向かう。夏であれば広大な草原状態になっているところだ。SKIで滑降するにはもってこいの場所ではなかろうか?

林の中を抜けたところで後ろから登ってきた単独行の登山者に抜かれる。若いので力もあるのだろうサッサッと行ってしまった。

昨年通過する際はデブリの跡がたくさん残っていた大斜面だが、今年はその形跡はなかった。それでも気になるのでなるべく早めに
通過をしようと気ばかり焦るが、結構な傾斜なのでなかなか早くは進めない。それでも11時40分頂上へと続く稜線に到着した。
深い新雪とシール剥がれ対策等で時間を食ってしまい、本日はここまでとしT隊員のSKIの調子もあるのでここでシールを剥がし下降する。

下降を決めた地点の標高はおよそ1000m。気温‐5℃。風が強く時々雪も舞ってきた。稜線から少し風下に下ってシールをはがす。吹き溜まりは
かなりの雪でSKIを履いていても一気に膝上まで雪の中、果たして下りの滑りはどうなのか?12時10分滑降開始。我々が下りだしたところへ
ちょうどスノーシューの単独行の若い人が登ってきた。今日出会った2人目。私たちがつけたトレースを忠実に辿ってここまでやってきたようだ。

滑り出しは雪質が重そうなのでやや不安があったが、1回ターンしてみるといとも簡単にターンできる。調子に乗ってもう1回・・・うまく決まった。
こうなってくると実に滑りが心地よい。やや後傾になり板の前方を浮かすような気持ちで滑るといいようだ。自分が思うようにシュプールを刻む。
どんどん下って途中の広場でランチ休憩にする。一気に下るのはあまりにもったいない気がする。

ランチを終えて13時再び滑降開始。我々の休憩した場所の200mほど下にもうひと組、山SKIの登山者がいてこれから登るところだった。
雪の調子は相変わらず滑りやすく良好。私は登ってきた林の中へ入らず林道をそのまま下山したが、こちらのルートもいい感じで滑れた。


13時35分 登り口の駐車場に到着。登るときは私たちの車1台しか止まっていなかったが、この時は4台になっていた。
改めて眺めて見ると、この積雪量はすごい!しかし、道具を使えばこのどうしようもない雪の上を登って滑って一日を楽しく
過ごすこともでき、雪もまた楽し・・・雪国北陸福井ならではのNiceな一日だった。山の仲間に感謝である。

(今回のGPS-DATA 下りは一部登りと違うルートを降りている)

2014年3月15日 新雪の越前甲 山SKI

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る