2014年3月29日(土)
  麓は 山上は 江越国境上谷山(1197m)稜線

山岳会のメンバー4人との山行。南越前町宇津尾から登って南に伸びる尾根を歩き上谷山を目指すルートである。このルート取り付き
部分からきちんとした道がないため冬の積雪期によく歩かれるルートである。が、今年は雪がひじょうに少なく果たして大丈夫なのか?
やや不安を持ちつつの山行となった。かつて(20年ほど前)ものすごく雪が多かった年だったと思うが、橋立集落から山SKIで上がって
途中の尾根でテント泊、上谷山へ行き下りはこの宇津尾へ下るルートを滑って降りたことがある。送電線沿いのこの尾根は邪魔になる
大きな木や障害物もなく、山SKIには絶好の好ルート・・・との印象が残っている。この時は車の駐車スペースを確保するのも大変だった。

7時、今庄そば道場に集合して宇津尾集落へ向かう。準備をして集落の八幡神社の裏から登り始めるがやはり全く雪がない!これは
かなり致命的・・・しかし、神社裏から尾根に沿ってか細い踏み跡があり、これに沿って尾根を進むことにする。この道、最初はよかったが
徐々にヤブが激しくなり歩くのに苦労する。そしてH氏のメガネが藪で飛ばされて全員で大探し・・・尾根から谷方向へ向かって落ちたと
思われたメガネだったが、散々探し回った挙句最後は尾根上のすぐそばで発見、事なきを得た。この藪こぎひじょうに暑く汗が流れ落ちる。

暑い藪こぎの中から8時26分 関西電力の送電線鉄塔「越前嶺南線No77」に到着。ここまで林道があり、そしてここからは鉄塔保守用
登山道がきれいに続いている。助かった!今日は麓の予想最高気温は20℃を越す・・・という予報だったので、このまま藪こぎが続くと全員
干上がってしまうところだった。ここの標高が498mなのだが、ルート上に雪は所々見られるだけである。今年はかなりの雪の少なさである。

2年前の3月20日に同じルートを歩いたH氏からその時の写真を頂いたので比較して頂くとその違いがひじょうによくわかる。
(左が2014年3月29日 右が2012年3月20日 ほぼ似たような位置から撮った写真である)

この写真を見ると、来シーズンは同コースで何としてもSKIを使って帰り時間を短縮し楽しい山行をしたいものである。この関西電力の鉄塔は
No77からNo82までずっとルート上を一緒になっているため、ひじょうに歩きやすいルートである。また、高度が上がるにつれ積雪量も多く
なってきて道がなくてもどこでも歩ける。これぞこの時期の山行の醍醐味!しかし天気は予報通り下り坂で曇り空がどんどん迫って迫ってくる。

鉄塔の保守用道路が途切れると、今度は県境稜線に向かって新たな林道が出てきた。最近になって作られた林道のようだが、標高1000m
近いところを走る林道のため保守が大変だろう・・・途中でとても大きなブナの木を見つけた。雪の上にブナの実が入っていたであろう殻が多く
落ちていた。中身は動物に食べられたのか?すっかりなくなっていたが大きく立派なブナの木は、森の健在さを誇示しているような気がした。

尾根上903mと994mのふたつのピークを乗っ越すと、ようやく県境の稜線が見えてくる。県境の稜線到着10時57分
手元のGPSによればここまで5.39Kmの歩きだった。ただ単に歩くだけならたいしたことなかったが最初の藪こぎが堪えた。

県境稜線の標高はおよそ1080m。さすがにこの高度になると稜線上はしっかりと雪がついていて、日本海側と太平洋側とを隔てている
山脈のすごさがよくわかる。ここから眺める上谷山(1197m)はまだまだ遥か彼方である。GPSではここからあと1.2Kmあることを示している。
天候も悪くなる気配が出てきたため、本日は上谷山頂上往復は諦め、この稜線上で昼食とすることとし、ここが本日の最高到達点となった。

(県境稜線から眺める上谷山)
さすがに県境稜線上は風が強い。風を避けるため福井県側へ少し下った斜面で昼食にしたが、それでも寒いのでカッパを取り出して上から
1枚着てのランチである。さすがに標高1000mを越えた雪山の上は寒くまだまだ冬である。ちょうど正面に日野山が見えていた。それにしても
この山域は林道がすごく目だつ。目につく山の上はほとんど横に白いすじが入って林道が切られている。そこまで山上の開発は必要なのか?

昼食を終えて上谷山をバックに記念写真を撮り11時40分下山開始。降り始めたらさっきまで鉛色だった空に少しずつ青空が混じってきた。


春の雪上歩きは楽しい。さらに下りは登りに比べるとかなりの早さである。結局持参したカンジキは一度も使用することがなく昼食時の
尻の下に敷くために持ってきたようなものだった。(左上の写真 笹ヶ峯 一番手前の白い尾根が橋立の集落から上がって来る尾根)
13時24分 関西電力の最終鉄塔No77に到着。ここからは登りに使った藪こぎの尾根を下らず、林道を下ることにした。この林道は
地図に載っているが急な山の斜面につけられ、つづら折れで宇津尾谷へと続いている。このまま歩いていけば登り口の宇津尾集落へ
到着するはずである。さらに下る途中ではいろいろな収穫もあり鹿の角や、ふきのとうなどそれぞれが手にして楽しい登山は終わった。

麓の宇津尾集落には14時36分到着。下山すると天気はますます良くなり上空はほぼ青空でイッパイ、暑いくらいだった。
目標としていた上谷山のPeakは踏めなかったが、雪上歩きが十分に楽しい春の山行であった。

(今回歩いた県境稜線までのGPS-DATA 結構長い尾根歩きだった)


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る