2014年3月15日(土)
  の越前甲(カブト)山SKI(1320m)

今回は山SKI!山岳会の仲間3人と勝山市の越前甲へと登ることにした。この越前甲という名前の山、地図にはこんな名前では記載されていない。
どこなのか?というと勝山市と石川県小松市県境の山で、勝山市側から見ると急峻な岩壁が目を引きその山容から昔の武将が用いた鎧のカブトに
似ていたことから、この名がついたと言われている。ところで、登り口に着いて荷物の用意をしていて気がついた。カメラを忘れてきてしまった!!!
ナントいうことだ!おまけに携帯も忘れてこれではせっかく登った山の写真が一枚も撮れない・・・と思っていたところ、いつも山で使っている携帯GPS
内蔵のカメラがあることを思い出した。画質はあまり良くないが写真は撮れる・・・というわけで今回はGarminのOREGON550内蔵カメラでの写真です。

朝6時半に集合して、勝山市横倉の登り口を7時24分にスタートした。すでに車が2台止められていて先行のSKIの跡がしっかりついている。通常
無雪期であればまだまだ車で林道を詰めて高度を稼げるのであるが、この時期は「あまごの宿」のところまでしか除雪されていない。しかも昨夜から
今朝にかけて新たに積もった新雪が10cmくらいあり、用意をしている間もチラホラと白いモノがちらついてきている。天気は晴れ予報だったが曇り。

先行の2人組の跡をたどってひたすらSKIを進ませる。途中の休憩でザックの中の重かった文旦を取り出し4人で分けて食べる。少しザックが軽くなった。

途中大きなデブリがあったが、その下をかすめて県境稜線の鞍部を目指す。長いトラバースをして第一目標の鞍部には9時13分に到着。
ここの標高はほぼ950mほどなので山頂までの標高差は300m弱であるが、ここからがきつい・・・と思っていたところへ早くも上から2人組
SKI'erが滑り降りて来た。早い!何でも午後から用事があるとのことで早く上がったということだったが、それにしても早い!これから先の
登りはきつくなりそうなので、ここでSKIアイゼンを取り付ける。今まであまり使用したことがなかったがこの雪の状態では効果は期待できそう。

鞍部からは尾根沿いの夏道に沿って登るのではなく、山頂に向かってトラバース気味にトレースが続いている。そしてその上の木々は霧氷で
素晴らしく美しい!がゆっくり眺めている間もなくみんなガンガンのぼっていくので、あまりゆっくり写真を撮ったりすることもできない。

そしてこの斜面登れば登るほど急になり、上部は木も無くなってきてズルっと滑り落ちるとそのまま谷底まで行ってしまいそうな雰囲気だ。
しかも急斜面すぎてクライミングサポートでヒールを上げているため、SKIアイゼンの効きが良くない。ここは安全優先のためヒールをやや
落としてSKIアイゼンを効かせて登るが、それでもジワッと滑る時がある。そんなときはストックを握る手にぐっと力が入る。もともと地図を眺めて
もわかるように頂上への尾根の両側はかなり急峻な谷になっている。滑って落ちれば奈落の底が待っているようなものだ。この日特に雪の
調子が厳しくカチコチの凍った雪にうっすらと新雪が乗っているような箇所がいくつかあった。そこはさすがにシールの効きはあまり期待できず
SKIアイゼンの歯を思い切り効かせて通過することにした。最初にトレースを付けた2人組は登りのコースを熟知しているようでかなり助かった。

山腹のトラバースを終えてようやく山頂へと続く稜線に出ると雪がべったりついていて勝山方向に大きな雪庇ができている。雪庇を踏み抜か
ないように注意して石川県側を登っていくとのっぺりと白く大きな山頂が見えてくる。誰もいない越前甲頂上1320mには10時30分に到着した。


山頂から遠景は真っ白で白山すら望むことはできなかったが、かなり天候は回復してきて雲の切れ間から時々青空が見えてくる。さあ!シールを
外して滑降の準備である。前の2人の滑り降りたトレースが谷に向かって続いている。10時56分下降開始。まずは石川県側の谷へ向かって降りる。

一旦谷を降りて危険な場所を500mほどトラバース、再び谷を下って滑るのだが雪が重くターンがうまくできずに大転倒・・・それでもみんな大自然の
中で自由に滑れる楽しさを満喫!!昼食を予定していた目標の林の中へと吸い込まれて行った。

昼食は石川県側の林の中でとったが、今回は大失敗だった。ちょっと人と違うものを食べてやろう・・・と思って非常食の「ぐる弁」あの紐を引っ張ると
中で化学反応を起こして中のご飯が温められ雪の中でも、アツアツのうまい飯が食べられる・・・というスグレモノ!(のつもりだった)今回は保管期限切れ
牛丼をもらったので重いのを承知で持ってきた。紐を引っ張って中が暖かくなってきた・・・そして説明書き通り8分間待って「さあッ!」と思って蓋を開ける。

しかし!!何か様子がおかしい・・・牛丼の具がアツアツではない、そして肝心のご飯は四隅は少し柔らかくなっているが中央部分は凍っているくらい
と言ってもいいくらいでカチンカチンのままである。どうも私たちが思っている以上に寒かったのか?うまく化学反応が完全に起きず全くの不完全燃焼?
だったようで食べることができたのは、いいところ4分の1くらいなものである。ナントしたことか!?これにはまったくもってがっかりだった。残りの固くて
食べられない部分は山の動物の餌にするしかない。そして中身が無くなっても重いカラの弁当箱は再びザックに収め登り返さなければならないのだった。

12時15分 昼食をとりあえず終え、SKIにシールを再び貼り付けて登り返す。天気はどんどん良くなり青空の面積がかなり上空を占めるようになってきた。
この休憩のあとの登り返しというのがつらいのだが、それほど下り過ぎた訳ではなかったのですぐに登り返すことができ15分ほどで県境稜線の鞍部に到着。
ここでまたシールを外して楽しい滑降である。ここからの下りはデブリさえ避ければどこをルートにとっても良い楽しい下りのコースである。そしてこの場所から
振り返ると真っ白に輝く越前甲頂上が見えた。(下3枚目の写真)ここから眺めると意外に遠く、あそこから滑ってきたと思うと感慨深い。SKIとは便利な道具だ。


登ってきたルートに沿って大きくトラバースしてそのあとは朝、車を止めた場所まで自由にシュプールを描いて滑り降りた。この時間になると白山も
顔を覗かせ天気はますます良くなってきて、このまま下って帰るのが惜しいほど。しかし、名残を惜しみながらゆっくり下っても13時35分駐車場着。
楽しい時間というのはホントに短いものである。そして悔やまれるのはカメラを忘れてきたことと昼飯の「ぐる弁」である。いいことばかりは続かない。

(下山後麓から眺めた越前甲)


(今回のGPS-DATA 北側のルートが滑ったコース後で少し登り返し)


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る