2014年1月13日(祝)
  スノーシューで登る白椿山(720m)
〜福井山岳会1月例会山行〜

久しぶりに所属している福井山岳会の例会山行に参加してきた。ここのところ仕事の多忙さ故ご無沙汰していたが、冬とは言え手頃な高度でもあり
また多くの山岳会の仲間と一緒に登るのは楽しい。さらにその夜には新年会も待っている!ところでこの白椿山、名前の由来はやはりその昔、白い
椿の花が咲いていた・・・ということからこの名前がついたようである。夏であれば林道を利用して山頂すぐそばまで車で行くことができるが、さすが
雪が少ないとは言えこの時期では車を利用しては行けない。今回は14人のメンバーでスノーシューやわかんを使っての本格的雪上登山となった。

白椿山は福井市でも東側に位置し、戦国時代に名を馳せたあの一乗谷から登山を開始する。一乗滝の駐車場まで車で入り、身支度を初めて歩き
出したのが7時54分である。ここから林道を進むが、一台車の通ったあとがありその轍に沿って歩き出す。雪の量はこの時期にしては少なく10cm
くらいだろうか?4WD車であれば難なく進んで行ける・・・と思われるほどの積雪である。大雪と言われた今年だが肩すかしをくらったような積雪量だ。

それでも高度を上げるにつれ徐々に雪の量は多くなってくる。一乗谷へ入る途中の道路にあった温度計がー1℃を示していたので、このあたりはもう
少し低い気温だと思われるがそう寒さは感じない。そして雪が降っていて視界はそれほど良くない。8時37分林道から離れ植林された山の中へと入る。
杉の植林された林を進むのだが、最近の杉林はたいてい荒れている所が多いのだが、この杉林は人の手が入れられていてきれいな林になっていた。

ここからが厳しかった。なぜかというと林道歩きではブッシュなどは存在しないのだが、林道歩きから林の中へ入ったとたん積雪が少なくなり藪が出てくる。
この藪がスノーシューで歩くには実に厄介者で、引っかかって足があがらなくなったりして歩きづらいことこの上ない。通常であればこんな藪はすべて雪の
下になって歩きやすくなっているはずなのだが、いかんせん雪の少ない時はどうしてもこの藪に足をとられて思うように進むことができくなってしまう・・・

傾斜は急であるが、Topの人がガンガン頑張って進んで行くので短時間でかなりの高度を稼いだ。しかしもう汗だくである。それでも、人数がいるという
ことは冬山を歩く側からすると実に素晴らしいことで、10時標高620m付近を走っている林道に合流した。(この林道は新しく地図には記載されていない)

林道に出ればしめたもので、山頂までは林道に沿って大きく回り込み快適に進むことができる。さすがに高度もあるので積雪量はぐっと増えるが
それでも1mにも満たない程度である。スノーシューを使えば、こういうところを歩くのは最も得意とするフィールドである。効率よく進むことができる。

10時22分もう一度林道から離れて山頂へと続く最後の斜面へと取り付く。ここから山頂までは比較的歩きやすく山頂はすぐそばだった。
そしてこの山頂へと続く斜面が手頃な広葉樹の森になっていて、葉が落ちた木の枝に今度は雪の花が咲いたように美しく見える所であった。


白椿山山頂(720m)には10時30分到着。雪をみんなで踏み固め、真ん中にテーブルを作ってちょっと早いランチとする。
14人もの大所帯だとかなり大きなテーブルになったが、多くの仲間と賑やかに食べるランチは実に楽しい時間となった。

最後に全員で集合写真を撮って11時20分下山開始。この頃になると青空が顔を覗かせるようになり天気は良くなってきた。
登るときには全く望めなかった景色も少しずつ見えるようになり、その風景は息を呑むような美しさだった。やはり冬山はいい!

しかしその美しい冬山へはなかなか単独で登ることは難しく、やはり山の仲間というのはありがたいものである。
今回は多くの仲間と雪の上を歩くことができひじょうに楽しい時間を過ごすことができた。山岳会バンザイ!である。

帰る途中、林道を歩いていたら猟銃を担いだ猟師さんに出会った。そういうと通常この程度の山であれば獣の足跡のひとつやふたつ
どこでも見かけるものであるが、なぜか?今回は全く見当たらなかった。猟師さんはもうひと山越えた谷へ入る・・・といようなことを言って
いたが果たして動物はいるのだろうか?それはともかく久しぶりに大勢のメンバーでの登山は実に楽しく心地よい汗をかかせてもらった。

車を止めた一乗滝の駐車場には12時55分到着。雪道は早い戻りだった。

(今回歩いた白椿山のGPS-DATAです)

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る