2014年8月31日(日)
  Bike&Hike 天空のRoadを走って乗鞍頂上へ
〜乗鞍スカイラインをBikeと登山で楽しむ〜

前々から行こうと思っていた北アルプス乗鞍岳(3026m)。かなり前から計画はしていたが、今年の夏は天候の悪い日が続きなかなか動けない。
本来ならば、1泊2日にして1日目は乗鞍岳、どこかでテント泊にして2日目に御嶽山(3067m)を登ろうと目論んでいたのだが、結局日程の調整が
つかず日帰りでの乗鞍行きとなってしまった。しかし、麓からBikeを使って畳平まで行きさらにそこから山頂まで歩いて登りピークを極める・・・という
楽しみ方は、ややハードかもしれないが定期バスの時間にとらわれることなく自由に山を楽しめ、さらに素晴らしいダウンヒルをも楽しめる旅である。

5時15分 福井の自宅を出発。R158から東海北陸道に入り白鳥ICから高山経由平湯峠(1684m)到着が8時15分である。高速を使うことで
かなり時間短縮になった。平湯峠の駐車場にはすでにBikeを出して準備している若者が7〜8名いた。中の一人は「これで4回目の挑戦なんです!
いつも来るんですがやっと上れます」と。確かに天候の悪い時は通行止めになることが多く、完走率は低いのかもしれない。私も昨夜の天気予報を
かなり注意して読みとり、80%くらいの確率で大丈夫だろうと自宅を出発した。平湯峠に到着した時点での天候は曇り、太陽はぼんやりしている・・・

先に到着していたチームが出発してからスタートしようと考えていたが、なかなか出ていこうとしないので待ちきれず先に出発する。8時33分ゲートの
おじさんに挨拶してペダルを漕ぎ出した。まだ時間が早いせいか?車は全く通らない。霧が出ているため道路はしっぽりと湿っていて下りがやや心配だ。
そうこうしているうちに、雨も降り出してきた。最初は霧雨かとも思っていたがポツリポツリと顔に当たってくる。9時夫婦松展望駐車場到着。かつてはこの
あたりに料金所ゲートがあったのだが、今はもう無くなっている。夫婦松を過ぎたところで一人のサイクリストが上がっていったが実に早い!!

天候はあまりパッとせずガスが多い。しかし風が出てくるとサア〜ッとガスの切れ間ができわずかだが青空が見える。道路の傾斜もそうひどくなく大型観光
バスが走行できるよう緩やかな上りとヘアピンカーブが続いている。斜度は急な所でも7〜8%くらいだろうか?福井の国見岳を走る二枚田幹線林道の
12%などという急斜面は皆無である。所々で立ち止まって写真を撮りつつ進むがなかなか誰も上がってこない。あの平湯峠の若者達はどうしたのか!?

そう思いながら走っていたらかなり上部、桔梗ヶ原あたりでようやく2人だけ姿が見えてきた。ここまで来たらゴールの畳平はもうすぐそこである。
10時40分畳平(2702m)到着。平湯峠から畳平までの標高差は1018m、サイクルコンピューターの数値では所要時間1時間51分、14.9Km
平均速度8Km/h、最高速度24.1km/hであった。畳平には長野県側から登ってきたのか?かなりのBikeの数である。結構人気があるようだ・・・


さて畳平までが本日の目的地ではない。これから乗鞍岳剣ヶ峰山頂に向かって今度は歩かなければならない。Bikeシューズからトレランシューズに履き替えて
11時6分に駐車場から歩き出す。荷物はできるだけ軽く、BikeにヘルメットをつけてKeyLockしてスタートした。一歩歩き出すとそこはもうお花畑の世界である。


11時29分肩ノ小屋(2800m)到着。乗鞍岳は手軽に登れる3000m級の山として有名でかなりユニークな格好をして登っている人や子供も多い。
肩ノ小屋から少し上がったところで小学生くらいの一群とすれ違ったが、その時に見た男性の顔に見覚えあり・・・「もしかして福井の人ですか?」
と聞くと、向こうも気がついてくれ20年くらい前同じ山岳会に所属していたS田さんとわかった。S田さんとは福井にいたときによく山SKIなどを一緒に
楽しんだ仲だった。高山市に移住されてかなり経つが、まさかこんなところで出会うとは・・・懐かしかった。聞けば地元の社協で子供たちを引率して
頂上まで行ってきたとのこと。いやはや頭が下がる思いである。しばらく立ち話をしていたが他の子供たちを待たせるのも悪いので5分ほど話をして
別れ再び歩きはじめる。山頂までの目標タイムは1時間に設定しているが、頂上はガスの中で時々チラッと見えるがまだ時間がかかりそうだ・・・

乗鞍岳剣ヶ峰山頂(3026m)には12時6分到着。最後のひと踏ん張りが効いてちょうど1時間で上がってくることができた。この山頂に立つのも
もう十数年振り?くらいではないかと思う。当時の山頂と変わることはないのだろうが全く覚えていない。狭い山頂で他の登山客と交代で写真を撮り
12時19分下山開始。畳平の気温が5℃なのでこの山頂では3℃くらいか?じっとしていると寒いので駆け足気味で下る。下りも結構早かった。


肩ノ小屋まで下りて後ろを振り返るとやはり山頂はガスの中だった。なかなか山頂は姿を現してはくれない。畳平には13時帰着。
ここで腹ごしらえと買い物をしていよいよお楽しみダウンヒルである。少し長野県側のルートを見て、14時8分一気に下を目指す!
時速70Km/hは越すだろうと思っていた下りコースだが、路面の濡れているところや凹凸の激しい場所、おまけにガスで見通しの
効かないところやヘアピンなどが連続してありなかなか頭で描いていたような訳にはいかないものである。しかし、車に出会うことは
ほとんどなく広い道路を快適に飛ばして平湯峠まで走ることができた。対向車が無いというのはひじょうに走りやすいものである。

途中少しガスも晴れてこれぞ乗鞍スカイライン!というようなシーンもあった。
下り約21分 平均速度37.4Km/h 最高速度67.5Km/hという結果だった。

このコース1日に2本、3本と走る方もいらっしゃるようでいつの日か岐阜県側から上がって長野県側へと下り、ぐるっと一周して
安房峠越えで再び平湯峠まで戻ってくる・・・というようなコースも走ってみたいものである。いや楽しい1日だった〜

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る