2013年7月21日(日)
 コマクサ咲く御嶽山へ 
飛騨頂上
(2811m)

週末天気の良さそうなことはわかっていたのだが、暑い時期でもありなかなか山へと足が向かない。しかし、前日土曜日の朝突然「御嶽へ行こう!」と思いつき
翌日曜日に向かうこととした。この時期はあの高山植物の可憐な「コマクサ」が一面に咲いているはず・・・五ノ池小屋の市川さんにも会いに行って来よう・・・
大きい御嶽山
という訳で朝4時に自宅を出発。これだけ早い出発は久しぶりだが何しろ登り口までが遠い!福井→大野→白鳥→高山→小坂町→濁河温泉と片道225Km!
高速道路はごく一部なので4時間近くかかって麓の濁河温泉までたどり着いた。向かう途中の御嶽パノラマラインからその雄姿を見ることができる。(写真上)

8時に濁河温泉を歩き出す。数年前に来た時に比べるとかなり閉館したホテルが目立つ気がする。この濁河温泉はかなり山の奥深いところにあるため
来るのが大変だと思うが、海抜1800mもありこの時期はとても涼しくて気持ちがいい!(その代り冬は雪深いのだろうが・・・)夏に登る山は低いと暑く
登りづらいが、スタート時点で1800mもあるとかなり登りやすい。そのせいか上の駐車場はすでに満車で5分ほど降りた町営駐車場に車を止めて歩く。
川のそばの登山道から緑いっぱいの山の中に入り、湯の花峠(2103m)に8時55分到着。先行のおば様3人組に追いついた。ここで一息入れて再び
歩き出すが、上の方はやや雲が出て見えなくなる時がある・・・今日の天気はバッチリOKとタカをくくっていたのだが、果たしてどうだろうか?
白山が遥か遠くに見える摩利支天山
通称お助け水と呼ばれているところに10時到着。ここで海抜2500mほどになるので、ここから上は樹林帯を抜け見通しのいいハイマツの中を歩く。
振り返れば雲の中から白山が見える・・・まだ多くの雪を残して存在感は十分である。上を見ると摩利支天山(2959m)の上から雲が湧き上がってきた。
小屋までもうすぐ五の池小屋市川さん
五ノ池への長いトラバースの道をゆっくりと進んで飛騨頂上五ノ池小屋には11時20分到着。小屋番の市川さんに久しぶりに再会できた。
久しぶりに訪れた五ノ池小屋であるが、増築されて今は100人まで宿泊可能となった。しかしこの夏の週末は満員状態で、ずっと宿泊を断り
続けているとのこと。夏の週末だけはこんな状態なのだそうである。市川さんにおみやげの「へしこ」を手渡し小屋前のテラスで昼食にする。

昼食後小屋の中を見せてもらったが、以前とはかなり広くなりそして洗練されている!パンやケーキも売られていてすごい。今日はもうかなり売れて
無くなってしまった・・・とのことだったが、登ってくる人も若い人が多く好みに合わせていろいろなものを販売するようになったようだ。そして小屋前の
五ノ池お花畑にはライチョウが頻繁に現れる・・・という話だった。五ノ池の水はこの時期にしては少な目だが、三ノ池の積雪は例年よりも多めとのこと。
五ノ池小屋
市川さんにお礼を言って継子岳(2859m)方面のコマクサ群生地を見に行く。この頃になるとガスが一気に上がってきて遠望が利かなくなってくる。
肝心のコマクサは7〜8分咲きというところだろうか?ここは絶滅寸前だったところだったらしいが、市川さん達が保護をして現在のように大きな群生地
へと変わってきたのである。この7月末から8月初旬にはこのあたり一帯恐らくピンクのコマクサの花で埋め尽くされるのではないだろうか?
コマクサ
ガスの中ではあったが、コマクサの群生地を12時50分あとにして下山開始、下る途中にも多くの登山者に出会った。
また高山植物もこれからシーズン真っ盛り・・・と言う感じで8月イッパイは多くの登山者の目を楽しませてくれるだろう。

15時ちょうどに麓の濁河温泉に到着。ちょうど一番上にあった湯元館のオヤジさんが声をかけてくれここの温泉に浸かる。
500円で入れるので温泉にしては安い!そして風呂も素晴らしかった。できれば一泊して来たいところである。
湯元館露天風呂がいい
風呂上り後もと来た道を引き返し福井自宅着は20時、往復450Km+登山はなかなかハードだがなぜかこなせてしまう・・・
そしてかなりリフレッシュでき気分は爽快だった。

(今回歩いたルートのGPS-DATA)

2010年8月19〜21日 快晴3日連続の御嶽山を巡る
2010年7月10日 梅雨の晴れ間に御嶽山
2009年7月27〜29日 青空が欲しい!西穂山荘から御嶽山へ
2009年7月12日 飛騨側から登る御嶽山
2008年8月31日 夏の終わりに木曽御嶽山


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る