2013年1月27日(日)
 霧氷が美しい…北丈競山へ(946m)
〜福井山岳会新年例会山行〜
自宅そばから眺める丈競山と浄法寺山
(自宅そばから見える山 左から北丈競山→南丈競山→浄法寺山)

私の所属している福井山岳会の新年例会山行である。今回の山行、実は1月26日から27日にかけて南丈競山の小屋泊まり1泊2日で実施予定だったの
だが、26日の天気がひじょうに悪く、27日日帰りの新年山行となった。本来ならば南丈競山の小屋を目指して登りたいところなのだが、この丸岡竹田の
龍ヶ鼻ダムから伸びる尾根はなかなか長大で、雪も重く南丈競山手前の北丈競山まで登りここから折り返すこととなった。

6時に丸岡に集合し暗い中、登り口のある竹田地区龍ヶ鼻ダムを目指す。道路は早朝であることとあまり人が来ないこともあって除雪されておらず、前に
登ったらしい車の轍が2本だけついている状態。車の底を雪面にこすりつけながら何とかダムの駐車場にたどり着いた。4WDでなければ厳しかった・・・
龍ヶ鼻ダム駐車場ダム夏道の登山口雪は少ない
6時45分駐車場で準備を済ませ林道を歩き出す。積雪は10〜15cmくらいなので、そのままツボ足で歩く。今回のメンバーは私を含めて7人。皆さん山岳会の
例会山行ではおなじみの顔ぶれである。10分ほどで夏道の登山道登り口に到着。ここから階段を上がって林の中の登山道を歩き出す。積雪は多くなくそのまま
しばらくはなにも着けずに歩くことができたが、30分くらい登った所で急に雪が深くなりスノーシューを履くことにした。今回のメンバーの中ではワカン使用は1名
だけで他はみんなスノーシュー使用である。このスノーシューという道具、当初日本の山には不向きと言われていたが著しく改善が進み今では雪山に欠かせない。
スノーシュー快適に登れる新雪を進む
途中で尾根についている道と斜面をトラバースするルートに別れている。トラバースルートが新しい道と見て進んだが、斜面には倒れこんできている木やブッシュが
多く歩きづらい。結果的には尾根道を選んだ方がよかったかも知れない。杉林を抜けてちょっと急な雪の大斜面を登りきると、これから行く先のルートが見えてきた。
トラバースのルート杉林の中を上へ時々晴れ間あり
9時15分このピークに立ってようやく気が付いたが、本来目的としていた南丈競山までは意外と遠い・・・しかもこの高度になると雪も少しずつ深くなってくる。
誰かが「この調子だと今日は北丈競までかも知れんな・・・」とつぶやく。南丈競までは確かにあまりにも遠い気がする。
目的の北丈競・南丈競山が見える
(左から北丈競山964m→南丈競山1045m→浄法寺山1053mと続く)
このピークで一息入れて尾根に沿って進むが、今度はブッシュがすごい!本来の夏道は尾根上についているはずなのだが、それらしき気配はほとんどなく
中途半端な積雪のためブッシュや背の低い枝が全部出ている。そのためそのたびに細い尾根から迂回を強いられひじょうに歩き辛い・・・さらに天候は北陸
特有の猫の目のようにころころと変わる状況で、さあッーと晴れて陽が差してきたかと思うとすぐに雪が降り出してきて視界が無くなる・・・これの繰り返し。
ブッシュの多い尾根尾根に沿って進んでいく山頂は近い
霧氷が出てくる80歳近いM氏のパワーはすごい
山頂近くなると霧氷は樹氷へと変化しブッシュも無くなって雪の大斜面が続く。このあたりは冬山の醍醐味である。
また、夏に登れば邪魔者のブッシュも雪が降ることによって、壮大な芸術作品として変わっていくところが素晴らしい。
樹氷が美しい最後の登り山頂冬山の景色は美しい
10時50分 946m北丈競山の山頂に到着した。雪のない時期はそれほど広くない?頂上の印象があったがこの日は雪のせいか?
だだっ広い山頂になっている。頂上の積雪は1mくらいはあるのだろう。頂上を示す杭の頭が少しだけ雪面から出ている。気温はー5℃。
この日は風がなくそれほど寒さは感じない・・・山頂の風でできた小さな雪の壁を風よけにして昼食とする。
山頂積雪は1mくらい?杭の頭が見える気持ちのいい山頂でした
山頂からは、ガスの晴れ間に隣の(南)丈競山が顔をのぞかせる・・・山頂にポツンと小屋があるのがよくわかる。いつもなら白山まで見えるのだが
雪もちらついていることもあり遠望はなかなか難しい・・・浄法寺山から冠山くらいまでが何とか見えるが、それらに陽が差した瞬間はひじょうに美しい。
向こうに南丈競山が見える 山頂に小屋がある
11時30分山頂から下山開始。下りは立派な道が出来上がっているのでひじょうに楽である。
今回のメンバー 一人は先に下山樹氷の森に向かって下山
途中で何回か休憩をはさみながら麓の龍ヶ鼻ダム駐車場には13時40分到着。雪道の下りは早い。
下山途中の休憩で食べた「みかん」がひじょうにおいしかった。
今回歩いたGPS-DATA
(龍ヶ鼻ダムから北丈競山まで歩いたGPS-DATA))


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る