2013年2月24日(日)
 極寒!白鳥山山SKI(1285m)
〜福井山岳会2月例会山行〜

私の所属している福井山岳会の2月例会山行。今回の行先は富山県と新潟県境にそびえる白鳥山(1285m)である。登山コースは新潟県糸魚川市の
上呂(あげろ)という集落からのルート。上路という集落、かつて謡曲の「山姥(やまんば)」の舞台となった場所らしく山姥と名のつく場所がいくつかある。
雪深い上路集落
福井丸岡ICに朝4時集合である。4時というのは結構早い時間だが、目指す山が遠いので仕方ない・・・しかし前日土曜日は仕事で遅くなり22時帰宅。
おまけに朝は3時過ぎには起きなければならない・・・睡眠時間が短くなってしまったが、ここは自分で決めたことなのでしょうがない・・・私を含め7人の
メンバーで2台に分乗し北陸道を北にひた走る。この日はあいにくの天候で西高東低の冬型。白鳥山は日本海のすぐそばに位置するため北風の影響を
もろに受ける。そのため他の山へ行先を変更するかどうか協議したが、結局そのまま元の計画通り白鳥山へ登ることに決定した。R8からそれて上路の
集落へ向かう道は除雪がされていないところがあり、4WDでなければなかなかたどり着かなかっただろうと思われるくらいの積雪と傾斜。道路の両側は
雪の壁になっていて駐車場所の確保が難しく、結局林道除雪終点に車2台を何とか駐車させ山姥神社!(名前がすごい!)から7時20分登り始めた。
歩きはじめ山姥神社の参道へ雪の壁を何とか乗っ越す今回のフルメンバー山姥神社参道
福井と違ってさすが新潟、積雪量も多い。林道終点では2m近い積雪があった上、昨夜から今朝にかけて積もった新雪が20p以上あり、いったんSKIを
外すとあっという間に足は太もも近くまで潜ってしまう。それでもSKIさえ履いていれば快適に進むことができグングン高度を稼ぐ。621mのピーク手前の
急斜面はジグザグ登高で何とか登り切りほっとひと安心したのもつかの間、今度はものすごく強烈な風が吹いてくる。視界は最低10mくらいまで落ちる・・・
ジグザグ登高で高度を稼ぐ積雪多しようやく621mピーク
標高621mの地点には8時45分に到着。ここからは山SKIにとって登り易そうな斜面が続いている。しかし高度ともに風当たりも強くなる。さすが新潟でも
日本海のすぐそばに位置する山だけあって、海からの北風をもろに受ける。時にはじっと耐風姿勢をとって強風をやり過ごさなければならないほど・・・
621からの登り霧氷耐風姿勢でじっと耐える
9時50分 先頭が見えないかなりきつい・・・
さすがにこれだけ厳しい天候だと上部はかなりのもの・・・今日は頂上は難しそうだ・・・と途中から思うようになったが、Topを進んでいる人間は止めようと
いう気配はない。仕方なくみんな黙々とSKIを進めるが881mのピークを越えたあたりで雲の切れ間から太陽がチラッと顔をのぞかせる・・・オッ!これは
意外と行けるかも・・・と思ってさらに進む・・・が、やっぱり1000mを越える標高の稜線は決して甘くはなかった。厳しい!の一言に尽きる。
霧氷の稜線ちらっと行く先が見える進むべきか?進まざるべきか・・・
そして標高1000mを越えるとみんなもう我慢できなくなり、かなり進む速度が遅くなり強風の合間に立ち止まざるを得なくなってくる。あまりの強風と視界の
悪さゆえ10時45分1050m付近で撤退を決定。SKIにシールを貼りつけたままでかかとだけを固定し、昼食に適当な場所を探して下降を始めることとした。
山頂まで少し届かなかった軌跡
上は今回歩いた白鳥山へのGPS−DATAであるが、引き返した地点の標高は1050m、あと1時間も進めば頂上の小屋で昼食を食べることができたかも?
結局登って来た尾根をそのまま下降することにしたが、途中の950m地点で風の影になる場所を見つけ雪の中に風よけの穴を掘ってランチタイム休憩にした。
昼食予定地は雪庇の下雪の中に穴を掘り上からツェルトを被せるかなり寒い・・・雪の穴の中でも吹雪
ランチタイムというと聞こえはいいが、その実態は吹雪の中でのかき込み飯・・・竪穴の中で上をツェルト(緊急用の小型テント)を上から被せても、風がそこら
中を回ってくるようで容赦なく雪が吹き込んでくる。私はいつも火を使わないで昼食をとることにしているのだがコンロでお湯を沸かそうとするとなかなか沸かず
ラーメン一杯を腹の中に入れるのにかなり時間がかかっていた。手元の不確かな温度計では-13℃、これにかなりの強い風が加わって体感気温は-30℃?
相当な冷え込み用でまつ毛が凍り目をパチパチしていないと、まぶたがくっついてしまいそう、そんな感覚だった。11時から穴掘りを始め昼食を始めたのは
11時15分頃。そして12時シールを外して下山開始となった。こう寒いと何か動いていないと体が冷え切ってしまう。下るルートもガスで真っ白のため所々で
GPSを出して方向確認しながら下るが、頼みのGPSも寒さゆえ急激に電池が消耗して途中で交換しなければいけなかった。しかしそれもすぐに消耗・・・
途中でチラッと上呂と日本海が見えた斜面はなかなかGood
下りの斜面は上部はクラスト状態でガリガリのところもあったが、新雪があり滑りやすいところが多かった。が、急斜面等で転倒すると雪が深すぎてなかなか
SKIを履きにくい・・・私のSKIはゲレンデ兼用のため流れ止めを付けていない。そのため一度転倒するとSKIのある場所まで戻るのが一苦労・・・そんな訳で
なるべく転ばないように慎重に下った。この山からは日本海が目の前に美しく見えるようなのでリベンジの機会があれば晴れた日にTRYしたいものである。
今回一緒だった仲間
13時20分 朝の車を止めた場所に戻ってきた。こんなつらく?楽しい山行をともにできた仲間に感謝!
帰り道、上路の集落での気温は-3℃!かなり冷え込んでいる・・・冷え切った体を温めようとヨ山県内に
入った所でR8沿いの「たら汁」の看板の上がったドライブインにみんなで入った。このあたりは「たら汁」が
名物のようでどこのドライブインも「たら汁」の看板を掲げて客を誘っている。中には温泉と一緒の店もある。
絶品のたら汁
しばらく待つと出てきたのは大きなどんぶりにつるつるイッパイ(福井弁)のたら汁!中の具はゴボウと
ネギと鱈の身だけというシンプルな組みあわせだが、この組み合わせはスープと絡んで実に素晴らしい
味を醸し出し全員大満足!体はホカホカお腹も満足。充実したした山行の締めくくりとなった。知らない
土地へ行くとその土地のおいしいものにも巡りあい楽しいものである・・・17時15分丸岡IC経由自宅着。
帰る途中の話、みんな一時は遭難するのではないか!?と思うほどの厳しい天候だった・・・と、やはり
思っていたことはみんな同じで自分だけではなくてヨカッタ・・・


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る