2013年2月16日(土)
 凍えるブナ林 岩籠山(765m)

山岳会の仲間4人と敦賀市の岩籠山へと出かけた。あいにくこの日は西高東低の完全なる冬型気圧配置・・・しかし、それほど荒れる気配もなく
朝7時に自宅を出発した。岩籠山へは過去2008年2009年いずれも秋に登っている。この時に見た美しいブナ林は冬になるとどんな表情を
見せてくれるのか?ひじょうに楽しみだった。

朝7時に自宅を出発、北陸自動車道経由で敦賀へと向かう。前の夜から降った雪が路上に残っていて、あまり早いペースではなかったが、予定通り
8時に敦賀市駄口の岩籠山登り口に到着。すでに他の4人は到着していて準備を済ませていた。R161沿いこの登り口周辺ですでに標高は170mくらい。
国道の融雪装置は勢いよく水を噴き上げていた・・・8時15分「ドライブインしのはら」の駐車場わきから登山道に入る。積雪は10pくらいだろうか?
R161沿いのドライブインから歩きだし積雪10pくらい時々晴れて景色が見える
急な斜面が多くツボ足でどんどん高度を稼ぐが、徐々に雪が深くなり9時20分スノーシューを履く。天気は吹雪いたり晴れたりの繰り返しが続く。
362mの三角点を越えると傾斜がややきつくなるが、ここをグッと登ると標高550mほどのやや広い台地に出る。9時35分ここでようやくガスの
切れ間からこれから登るルートが見えてきた。滋賀県側の景色も少し見えてきたが琵琶湖までは見えなかった。
新雪を登るのはつらい右上のピークに向かって登るチラリと見えた滋賀県側の景色尾根の道が続く
ラッセルは5人で先頭を次々と交代しながら進む。677mのピークを90度北方向に曲がりそこを下ると天然のブナ林の始まりである。
ブナの森に到着ブナの木も雪化粧ブナ林の中のスノーシュートレッキングは楽しい
ブナの森一番鞍部になるブナの森一つ目のブナ林を越えるこの斜面はクラスト気味
ブナ林は大きく分けて2ヶ所にあり最初のブナ林を抜けて鞍部から登り返し、708mのピーク付近から再びブナ林が始まる。秋に来た時はどちらも
素晴らしい森だったが、この日はかなりの寒さですべて真っ白。気温は-10℃である。ブナの森もホントに凍えてしまってひっそりと春の訪れを待っている
かのようである。この森を抜けるあたりで頂上の方向がわかりにくくなり、標識を探したりGPSで確認したりと真っ白の山の中は歩くのが難しい・・・
後方ブナの森凍るブナの枝ちょっと神秘的な気もする
素晴らしい凍る森が続く頂上は近い最後の登り
最後のインディアン平原に出る登りがまたつらい・・・そして天気は最悪の状況になってきた。横殴りのブリザードとなって視界は最悪。顔に
たたきつける霰のような雪のような・・・顔がイタイ。自分のいる位置を時々確認するがいわゆるホワイトアウトとなってきて厳しい。稜線上の
あまりの激しさに、頂上へ行くことは諦め11時25分山頂直前で撤退することを決定。もと来たトレースをたどり下ることとした。しかし、その
トレースも風のためほとんど消えてしまってわからなくなってきている。頼みの綱のGPSを出して登って来たルートを忠実にたどって下る。
真っ白の中なのでそれでも何度か違う方向へ行きそうになり修正しながら12時、ようやく昼食予定地の最初のブナの森にたどり着いた。
頂上へと続く稜線吹雪の中で撮った集合写真下山ブナ林の中で昼食
森の中でも風の通らない場所を選んで弁当を広げる。山頂付近ではブリザードの中、一瞬帰路がわからなくなり緊張した瞬間もあったがここまで
降りて来ればもう一安心である。登りのトレースはもうほとんど消えてしまってわからないが、あとは地図とコンパス+標識で何とでも帰れる・・・
12時30分昼食を終えて再び下山開始。下るにつれ体に感じる風が暖かく感じ、途中からは青空ものぞき始めた。そして雪道の下山はものすごく
早い!13時50分。朝車を止めたR161にたどり着いた。下界では時々陽が差すくらいののどかな感じであったが、山頂付近のあの緊迫した感じを
ついさっきまで経験していたことを思うと、まるで夢の世界にいたような気分であった。次はできれば晴天の日に登ってみたいものである。
凍えるブナの森
このブナの森、今まで秋ばかり行っていましたが春の新緑の頃も素晴らしいでしょう・・・
GPS-DATA
(今回歩いたコースのGPS-DATA 夏道もあります)

2009年10月31日 ブナの原生林と紅葉 敦賀市岩籠山
2008年11月16日 日本の秋を堪能 西近江〜岩篭り山


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る