2013年4月14日(日)
 にわか山ガールと歩く敦賀半島 
サザエヶ岳
(686m)〜西方ヶ岳縦走(764m)

昨年秋に一緒に夜叉ヶ池に登ったにわか山ガールの皆さんと再び山へ行くことになった。前から初心者でも行ける易しいところを・・・とリクエストされて
おり今回は日本海が良く見えて美しい敦賀半島の山の縦走へ行くことにした。自分のHPから調べてみると、ここへは2007年以来である。今回は当時
一緒に登ったメンバーも一人おり(現京都勤務)京都からわざわざ敦賀まで参加するために来てもらい、敦賀で合流して10人での賑やかな山行となった。
高速杉津PAから見る敦賀半島
(北陸自動車道杉津PAから見る敦賀半島 左西方ヶ岳 右サザエヶ岳)

6時福井市の某所に集まり2台の車に分乗して出発。北陸自動車道敦賀ICを出て京都から来るS君と合流するため敦賀半島の常宮神社へと向かう。
7時50分 S君と合流後、車を1台常宮神社に留め置き今度は浦底のサザエヶ岳登山口へ向かう。相変わらず道はあまりよくないが、少し高度を上げられる。
浦底からの登山明るい登山道水島水島の見える休憩ポイント
生八ッ橋!こぶし楽しい?
8時30分 林道を歩き出す。全員で10人いるので結構な長い列になる。女子5人(4人は職場の関係+もう一人は我が家の長女)はなかなか賑やか。
歩き出しは少し急登が続くため9時過ぎ1回目の休憩をとる。ここからは敦賀湾に浮かぶ水島が良く見える。そしてここで登場したのが、S君が持参した京都の
おやつである。まずここでは生八つ橋が4種類もでてきた。これにはみんな大感激!日ごろデスクワークで運動をすることが少ない人たちばかりなのでこの
おやつは体に染み渡る。ついつい長居して休みそうになるのをこらえ上を目指すこととする。尾根を上がり切ったところに水の流れ出る場所があるので、次の
休憩はそこにしようと思っていたのだが人数が多いと、なかなか皆の足並みがそろわない。途中で小休止して水場のある休憩ポイントに10時到着。そして
ここでも京都のおやつ第2弾が登場!!今度はこれまた春らしい色の饅頭である。解説によると現在京都では大ブレイク中・・・との話だった。有難くいただく。
10時の休憩ここにはいい水場があるでたっ!饅頭
ここで少し長い間休憩してからサザエヶ岳のピークへと続く稜線を進む。それほど急な登りも無く時々現れる大きな花崗岩が面白い。敦賀の山はこの
花崗岩が特徴であり、特にこの敦賀半島は次々といろいろな形の岩が出てくるのが楽しい。岩を登って遊んでいるとついつい時間が過ぎていってしまう。
大きな花崗岩が多いバックは水島サザエヶ岳山頂
11時15分 サザエヶ岳(686m)山頂到着。山頂には単独行の登山者が一人いただけだったが、静かだった頂上がいきなり賑やかになったので驚いていた。
しかもメンバーみんな若く若い女子までいるので2度びっくり!お願いして全員の記念写真を撮ってもらった。単独行の方は西方ヶ岳から上がってきて
ここまで縦走、そしてまた西方ヶ岳まで戻って帰る・・・とのこと。一人だと縦走して異なる下山口へ抜けるのが難しい・・・(私はかつて自転車を使ったが)
さてこのサザエヶ岳からはゆるやかな稜線の縦走である。そして途中のカモシカ台で昼食の予定、本日最初のピークを登ってしまうと少し気が楽になる。
花崗岩稜線歩きは優しいカモシカ台で見かけた花?カモシカ台
大きな岩のあるカモシカ台には12時10分到着。岩の上で昼食にしようと思っていたのだが、あいにくこの日は風がひじょうに強くあきらめた。
岩の影で風のあたらない場所に陣取って昼食の用意を始める。今回はチキンラーメンに持参した豆もやしとネギを入れて野菜ラーメンにした。
後ろは美浜町の海ラーメン岩に登るときの恐怖で泣き出す人も・・・花崗岩で滑らない岩
このカモシカ台にある大岩の上に全員で登って写真を撮ったのだが、この岩を怖くて登れず泣き出す人まで発生!本人は必至なのだろうが全員大笑い!
しかし、強風のこの日は岩の上で立ち上がると突風にあおられて転がり落ちそうになるほどだった。記念写真を撮って13時30分カモシカ台を後にする。
カモシカ台の岩の上で大岩
ここからは西方ヶ岳に向けて最後の登りである。が、それほどきつい登りではなくのんびり歩いているうちについてしまう。
13時55分 西方ヶ岳頂上(764m)到着。ここには山頂に小屋があるが、外の見晴らしのいい岩の上で一息入れる。
西方ヶ岳への登り返し雪も残っていた西方ヶ岳頂上ここにもいろいろな形をした岩が
今まで登って来た方向を振り返る女子5人京都から来たS君
ちょっと時間を食ってしまったが14時25分西方ヶ岳の頂上から下山開始。ここから常宮神社までは結構長い下りが始まる。
この時期はまだ葉が出ていないのですっきりした山・・・ブナ木はまだ新芽が出ていない
この時期は冬が終わってまだ春のかかりでもあるため、木々の芽がまだ出ていない。そのため山がスカッとしていて明るく景色も見やすい。
そして春の花も所々に見かけることができいい時期である。もう少し後になるとさらにいろいろな花が見られるだろう・・・

30分ほど下ってオウム岩に到着。そしてここで最後の京都のおやつ登場!バームクーヘンである。これも今京都で人気らしい・・・
オウム岩京都バームクーヘン奥が敦賀の街
おいしいおやつを堪能して長い道をひたすら下る・・・麓の集落はなかなか近くならなかったが16時30分ようやく舗装された道に出た。
この常宮の集落はのどかな田園風景が広がっていていつみても心落ち着く景色である。
常宮の集落常宮神社
常宮神社16時40分着。ここで止めてあった車に乗って再び浦底へ回り、朝おいてきた車を回収。
敦賀の温泉にみんなで浸かって帰路についた。この後一部の有志(8人もいた)で食べに行ったホルモンがうまかった・・・
GPS-DATA
(今回歩いたコースのGPS-DATA 北→南に向かって進んでいる)
常宮から浦底間は車道でも10Kmくらいあるので登山道はかなり歩いたのではなかろうか?
今回は10人ものメンバーがいて実に楽しい山行でした。
元気な女子5人衆カオ
同じ職場でにわか山ガールの面々は翌日体中のあちこちが痛いらしく、階段の登りはややロボット気味でした・・・

過去のこの山域の山行
2007年10月13日 岩がチョー楽しい 敦賀半島サザエヶ岳〜西方ヶ岳縦走
2006年4月16日 残雪の敦賀半島サザエヶ岳〜西方ヶ岳縦走
2005年4月17日 敦賀半島 サザエヶ岳〜西方ヶ岳縦走

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る