2012年3月11日(日)
白山加賀新道 山SKI−Tour
〜白山一里野温泉SKI場→加賀新道 檜倉→シカリ場→檜新宮参道→ハライ谷→一里野温泉SKI場〜

久しぶりの山岳会の仲間との山行である。今回は山SKI!新しいSKIを使ういいチャンスである。コースは白山一里野温泉SKI場のゴンドラを利用して
一気に高度を稼ぎ、白山へと続く加賀新道を登り檜倉ピーク(1214m)を越えてしかり場分岐まで、ここから折り返して檜新宮参道をSKI滑降、その後
ハライ谷へと降りてスタートしたSKI場まで戻る・・・という周回コースである。何よりもSKI場のゴンドラを利用して一気に高度を稼げるというのが有難い。

気持ちのいい山SKI!
福井の自宅を6時前に出て途中の勝山で山岳会の仲間と合流、白峰を越えて一里の温泉SKI場には7時30分に到着。ゴンドラの営業開始時間は8時
からなので、それまで準備をして一番のゴンドラに乗り込む。意外と他にはお客さんは少なく我々の他にはテレマークSKIとボードにスノーシューを持った
2人だけで、普通のゲレンデSKIを楽しむ人はもう少しあとからスタートするようだ。今回我々福井山岳会のメンバーは先月荒島岳を一緒にスノーシューで
登ったM氏と、昨年涸沢で一緒に仕事をしたO氏、それに大野市在住のY女史である。みんな山SKIのベテラン揃いで素晴らしいメンバーだ。
一里野温泉SKI場のテレキャビンで上へゴンドラ終了点山頂駅からスタート
天気は素晴らしく快晴で雲一つない。我々の乗ったゴンドラはわずか10分ほどで山頂駅(1045m)に到着。少し上がったところで山SKIの準備をする。
一緒に上がってきたテレマーカーとボーダー氏も我々と同じコースを進むようで準備をしていたが、我々が少し早く8時15分にスタートした。ここからは
なだらかな尾根がずっと続いている。まさしく山SKIで上がってくれ・・・と言わんばかりのコース。雪の量も申し分なくこの調子だと楽しいSKIになりそうだ。
3人の仲間急斜面を登る林道に出る雪の大斜面
しばらく進むと林道と合流し、この林道に沿って尾根を進んでいく。途中からカンジキで登って来た足跡があったが、このコースは多くの人が歩くのか?
ゴンドラの終点からも多くの歩いた足跡が見受けられる。こういう天気のいい日にはもってこいの冬のハイキングコース・・・と言っていいだろう。
檜倉(1214m)へのピークの登りは急な部分があるため左から回り込んで急登を避けて尾根を進む。(GPS−Map参照)
徐々に急な登り後方に日本海も見える
大斜面を登る左 大笠山  右 笈ヶ岳いい斜面が続く
しかり場分岐へと続く尾根は途中、一部急な傾斜で雪も凍っている場所もあり、ここでSKIアイゼンを装着してみる。もう少しアイゼンの歯が長いと斜面に
ガッチリ食い込む気がするのだが、クライミングサポートを併用しているとやはり斜面への食い込みが浅い・・・これくらいの斜面では問題ないのだが、
今後さらに急な斜面に出会ったときどれくらい効果を発揮するのか?やや疑問点が残る。それでも装着したままアイゼンの歯を出し入れできる機構はいい。
スキーアイゼンを取り付ける最後の急登大斜面の向こうがしかり場分岐
この急な大斜面を何度かキックターンを繰り返して登りきると、今日の目的地「しかり場分岐」へと続く大斜面である。このしかり場分岐のピークにはすでに
先行してワカンで登って来た登山者が一人いた。何でもSKI場を朝6時に出たとか言っていたが、我々はゴンドラでその時間を短縮して登ってきたわけだ。
しかり場分岐(約1540m)10時30分到着。この奥には奥長倉山(1771m)を越えて、大きく左に七倉山(2557m)右に四塚山(2520m)が横たわって
いてその先の白山本峰(2702m)は見えない。しかし、その雪の白い山々はこの白山連峰の大きさを示すに十分である。
白山へと続く尾根
(右が長倉山 左の白いピークが七倉山→四塚山となる)
大笠山と笈ヶ岳
(振り返って見た大笠山1822m→笈ヶ岳1841m 笈ヶ岳は積雪期しか登れない山)
この「しかり場」という地名の由来は、白山を登ろうとする登山者がへばってしまい、ここでカツを入れるために叱った・・・というところからそういう呼び名に
なった、という話であるが、真相のほどはよくわからない。そしてこのしかり場は一里野温泉SKI場から登ってくる加賀新道と檜新宮を経て登ってくる檜新宮
参道との合流点となっている。ワカンの単独行の人とはここで別れ、我々はSKIで檜新宮の方へ下ることとする。こちらはなだらかな大雪原が続いている。
少し下った所でSKIのシールをはがし滑降の準備をする。ただ、かなり時間的に余裕があるので、そのまま尾根を下るのではなく、良さそうな谷を一本滑って
まず楽しんでから途中で昼食。そこから尾根を登りかえしてゆっくり楽しみながら下ろう・・・ということになった。10時50分ハライ谷へ向かって滑降開始!

シカリ場分岐から眺める七倉山・四塚山本日の最高到達点にてシールをはがして下る準備
滑り出したのは良かったのだが、ガチガチにクラストした斜面になっていて、ターンするときに気を付けないとそのままズルッと下へ落ちそうになる。それでも手ごろな
斜面を見つけては、それぞれ思い思いにシュプールを描き滑りを楽しむ。途中ちょうどいい台地状の場所があったのでそこで11時5分、昼食をとることとにした。
気分はサイコー大斜面を滑るO氏楽しそうに見えるがちょっと気を張る斜面もあった
昼食を食べるのも時間はそうかからない。11時30分には再びシールを貼り付けSKIを履きなおして登りかえす。10分ほど登り返すとそこがこんもりとした
檜の林になっていて、その中に小さな檜新宮が祀られていた。さすが霊峰白山である。こんな誰も来ない山の上にも立派なお宮があるというのがすごい。
ランチ休憩斜面を登りかえす
檜新宮の林檜新宮
たまたまこの日が3・11ということもあり、この山の上にある檜新宮には地震で亡くなられた方、今後の復興に向けてお祈りさせていただいた。しかし、
この山の上でここだけ檜林に囲まれちょっと神秘的な感じのする場所だった。ここでまたSKIのシールをはがし、いよいよ下るのみになるわけだが風が
出てきて雲行きが怪しくなってきた。気温-6℃、やはり天気予報は当たりのようだ。11時45分早々に下ることにした。しかし、これまたアイスバーン!
みんな転ぶ!私も転ぶ・・・その時に右肩を強打!かなり痛かった。それでも何とかソロソロと滑ってみんなのあとについて行く。途中からテレマークSKIと
ボードの二人組も追いついてきた。我々の昼食中に先に下って行ったのだが、ルートを間違えたのか?途中から合流して我々の後を滑ってきているようだ。
いい尾根新雪もあり最後は急な大斜面
この檜新宮参道の尾根は下る一方で、ほかの山SKIルートにありがちなUP−DOWNがなくすこぶる調子がいい。また、木もそんなに多くなく尾根を忠実に
滑っていれば快適なルートである。かなり下ったところで、今度は尾根から外れハライ谷へ目がけて滑り降りる・・・が、ここがすごい急斜面!先ほど右肩を
強打したこともあって横滑りとトラバースを組み合わせて無難に滑り降り、最後の大斜面では滑りを楽しむことができた。12時40分ハライ谷の林道と合流。
ここからは杉林をトラバースして、最後はSKI場に戻るため標高差100mほどの斜面を登らなければならいのがつらかった。ここはシールを貼りつけて登れば
よかったのだが、面倒なので板を担いで上がったこともあり疲れが倍増。おまけに負傷した右肩が上がらず苦労を強いられた。麓に近づいたところで発電所の
送水管を横断。民家の近くを滑って13時25分一里野温泉SKI場着。SKI場に到着する頃には雪がチラホラ舞ってきてちょうどいいタイミングで降りてこれた。
その後、中宮温泉で汗を流し、外へ出たら猛吹雪!今日の天気予報は大当たりだったが、午前の素晴らしい晴れ間をモノにで実に楽しい山SKIだった。。
送水管を横断SKI場はもうすぐ

今回山SKIで歩いた(滑った)GPS−DATA
GPS−DATA
今回の山SKIには後日談がある。実は温泉に浸かっていて右肩が痛い・・・と思っていたら、夜になってさらに痛くなり眠れない。
翌日、整形外科で見てもらったら、肩の骨が骨折している!とのこと。上部のお椀のような骨が一部折れていて、外見は何とも
ないのだが、レントゲン写真を見ると確かに折れているように見える・・・ただこの骨は手術などをしてくっつけるようなものではなく
そのままそっとしておけば2〜3週間くらいで治るものだそうである。しかし、翌日から内出血して右の腕は真っ青、おまけに痛くて
自由がきかない。背中に手が回らないし手を上に上げることもできない・・・しばらく不自由だがじっと我慢してやり過ごすしかない。


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る