2011年1月23日(日
再挑戦!やっと登頂…小浜市百里ヶ岳(931m)
〜福井山岳会1月例会山行〜

昨夜は小浜市の民宿で福井山岳会の新年会があり、明けて本日は1月の例会登山である。
そこで、この機会に前回登れなかった百里ヶ岳へ再挑戦することになった。
前と同じコースではやはり時間がかかりすぎる・・・そこで今回は新たなルートからの挑戦である。
百里ヶ岳の頂上からまっすぐ北に伸びている尾根をダイレクトに登ることにした。
これなら最短で登ることができ、前のように時間切れになることはないだろう。
今回もSnowShoe
小浜の海のそばの民宿で豪華な朝食(夕食と見間違えるくらい)を頂き、前回と同じ登り口の集落上根来を目指す。
天気は晴れてはいないが、上根来の集落で準備している頃には降っていた雪も止んだ。
上根来の集落で登山準備上根来の集落をスタート旧畜産団地が見えてきた
9時25分 少し遅くなってしまったが上根来の集落をスタートする。
積雪量は前回よりも多い、1mを少し越えるくらいだろうか?
メンバー10人でSnowShoeと輪カンジキ+SKIを使っていいピッチで歩き出す。
ほどなくして例の畜産団地跡に出た。ここに住んでいるという前回出会った住人に朝の挨拶をする。
「今日こそ百里ヶ岳のピークへ登りま〜す!」と伝える。
林道歩き林道の雪は多い
前回はこの林道の途中から鯖街道に沿って西側の尾根を登って行ったが
今日のルートはさらにそのまま林道を詰め、頂上へと続く尾根に取り付く。
しかしこの取り付き部分が強烈!傾斜30〜40度くらいはあるだろうか?
おまけにたっぷりの新雪・・・登っても登ってもずり落ちてしまう。
果敢にも先頭のK氏が頑張ってルートを切り開きグングン登って行くが、上からも雪がパラパラと落ちてくる。
それだけの傾斜があるということはわかるのだが、いかんせん登れない・・・
こういう所の登山は日本古来の「輪カンジキ」が実に合っている。
蹴り込んでステップを作って行けばいいのだが、後になるほど分が悪い。
雪の階段がボロボロになり足を乗せるだけで崩れてきて3歩登って4歩下がる状態。
ここから尾根に取り付く急斜面を登りにかかる足の裏が見えるほど急な斜面SnowShoeのクライミングサポートを使う
ここで新たな発見があった。
こういう急斜面では「輪カンジキ」がいいのだろうが、SnowShoeでも機種によって差があることがわかってきた。
SnowShoeによっても差が出る
上の写真は2011年型のSnowShoeと購入後約5年ほどたったもの。
上が新しいもので、下が旧タイプのものであるが、旧タイプのものは滑り止めの歯がつま先とかかと部分に
集中しているが、新タイプのものはフレーム全体が滑り止めの歯ななる構造になっている。
強度補強を兼ねて真ん中にも2本歯がついていてこれが意外にもよく利く。
つま先とかかとの部分に滑り止めがある旧タイプこちら最新のタイプ 滑り止めの歯がイッパイついている
旧タイプのSnowShoeでは滑り落ちて登れそうに無いところでも
この新しいタイプのものでは意外にもずり落ちることも無く持ちこたえて登れる・・・
点で雪面を捉えるのと、面で雪面をグリップする違いが急斜面を登るときに現れ実感できる。
また、旧タイプのモノは足の裏あたりになぜか?雪のかたまりができて歩きにくくなったりする。
これが結構やっかいで取るのが面倒みたいだが、新タイプはそんなことは皆無である。
道具はどんどん進化して新しければ新しいほどいいものが出来てくるようだ。
(が、いつも新しいものを購入する訳にもいかない)
ところで、この急斜面を登っていたO氏のSnowShoeが
あまりの急斜面で大きな加重がかかったのか、前部の靴のつま先部分を支えていた止め具が切れてしまった。
壊れたSnowShoe
中央の金具をSnowShoeのフレームに止めているプラスチックの止め具が壊れ
いわゆるドアの蝶番が壊れたような状態で、もうこのSnowShoeを履いては歩けない・・・
それでもO氏はSnowShoeを外して少しずつ歩き続けていた。
私は1時間ほどかかってこの急坂を登り切ったが、スタミナの消耗はかなりのもの。
しかし稜線に出てからはそんな厳しい登りも無く、なだらかな登りが続いていて助かった。
なだらかな登りが続く稜線
標高800mを越えるぐらいからあたりの風景がちょっと変わってきた。
気温が下がってきて、凍りついた木の枝や木々が芸術品のように見えてくる。
雪の芸術が続く
自然が織り成す芸術・・・
山頂近くになればなるほど気温が下がるせいか?その風景は美しいものとなっていた。
冬の山ならではの、登った人しか見ることができない景色がそこにはあり今回の御褒美?を頂いた気がした。
もともとこのルートは夏道は無く、無雪期には藪漕ぎでしか来ることができない。
積雪期やめったににしか訪れることができないところほど素晴らしい自然が残っている。
雪景の中を歩くのは楽しい
美しい景色に堪能しながらそろそろ頂上か?と思っていたところ下から一人の登山者が上がってきた。
よく見ると、上根来の旧畜産団地の廃屋?(失礼)に住んでいる(朝出会った)男性だった。
立ち止まって話をすると、みんなが登って行ったので散歩がてら後を付いて来た・・・とのこと。
確かに10人も歩いたあとであれば雪道とは言え、もうハイウェイ状態で楽に歩ける。
この機会にいろいろ聞いてみた。
男性は京都府の舞鶴市出身で昨年の5月からこの地に住むようになったらしい。
田舎暮らしにものすごくあこがれて、あの広大な畜産団地の跡地を月1万円で上根来区から借り受け
1月3万円を目処にして生活を続けているとのこと。
収入は?と聞くと、何もしていない・・・ただのんびりと暮らすだけ。
貯金がなくなればまた何かを始めないといけないが、今はとにかくのんびり田舎暮らしを楽しむのだそうだ。
我々のような毎日を忙しく過ごしている人間にとってみれば夢のような生活である。
不便なことも多いのかも知れないが、なるべくお金をかけないで生活するのだそうだ。
と言って足元の手作りカンジキを見せてくれた。
畜産団地の中で見つけたゴムホースを曲げて作ったらしいが、なるほど・・・いい按配に作られていた。
お金をかけないで生活するというポリシーが至る所に生かされているようだ。
年齢は40歳代?お手製のカンジキ
田舎暮らしの彼とは10分ほど立ち話をして別れたが
最後に私も旧名田庄村納田終出身だと言うと驚いて「素晴らしい!いいところですねぇ〜」と。

彼と別れてから5分も歩かないうちに12時45分頂上に着いた。
百里ヶ岳の頂上はかなりの積雪で、当然のことながら一等三角点の標石も山頂を示す看板も雪の中。
こんもりとした雪の山になっていた、がよく見ると頂上の反対側から登ってくる人の姿が見えるではないか。
待っていると男性1人女性3人の「大阪あすなろ山の会」の方たちだった。
(中)高年の我々のグループと違って、平均年齢は20歳くらいは若そうな感じだ。
滋賀県小入谷から登って来たという彼らの道具は全員輪カンジキ使用。
朝大阪を出て6時半に京都で待ち合わせし、登り始めたのが9時半・・・と言っていたので
頂上までの所要時間は我々のルートとそう変わらないようだ。
恐らく前回我々が登って来た根来坂を滋賀県側から通って来たのではないだろうか。
彼らに頼まれてデジカメのシャッターを押してあげると、早々に下って行った。
しかしこの雪山で、他の人に出会うとは思ってもおらず驚きだった。
だだっ広い頂上頂上到着我々は山頂のそばで風を避けて昼食
我々も寒い中(−4℃)での昼食だったので、早めに下ることとした。
今までの経験から雪道の下りは登りに比べるとかなり早く降りれることがわかっている。
遅れて上がってきたSnowShoeの壊れたO氏の準備が終るのを待って全員の集合写真を撮り下山。
(O氏はSnowShoeが壊れたので、何も履かずツボ足で上がって来ていた)
みんな寒そう・・・
13時10分 百里ヶ岳頂上から下山開始。
下りは実にスムーズ、夏道だとジグザグだったり凸凹があったりするが雪の上を一直線に下るだけ。
下りもいい景色だった
14時40分 上根来の集落に到着。
思いのほか早く帰り着いた・・・今日も楽しい一日は終った。
GPS-DATA百里ヶ岳
(前回は871mのピークを通って登る周回ルートだったが今回はダイレクト尾根ルート)

前回の根来坂の記録は下記URLからどうぞ
2011年1月10日 SnowShoeで登る若狭鯖街道根来坂

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る