2010年1月10日(日)
雪上歩きが
(チョー)楽しい鈴鹿の釈迦ヶ岳(1092m)

北陸方面この時期はいつも雪降りである。
が、東海地方は連日快晴の日が続く。
雪のないシーズンはいつも足は北へ向くのだが、今回雪が少なくあまり行くことのない
鈴鹿方面へ向かってみた。
年越し寒波でどの程度積雪があるのかわからないが、福井の山ほど積雪は無いはず。
行ってみてのお楽しみとすることとした。
名古屋の自宅を朝6時半に出発。
日の出は7時過ぎなのでまだ真っ暗である。
名古屋高速から知多半島道路経由、大府でメンバーの一人を迎え伊勢湾岸道路→東名阪自動車道を
経由して四日市インターへ。
釈迦ヶ岳の登り口のある朝明渓谷へと向かう。
途中の道路から、釈迦岳とその隣の御在所山(1210m)が見える。
が、頂上付近から上は雲の中・・・ひょっとすると雪?が降っているのかもしれない・・・
菰野町から見た釈迦ヶ岳 頂上は雲の中
朝明渓谷の細い道を辿り、松尾尾根ルートの登り口を見つけ駐車場に車を止める。
なにわナンバーのワンボックスワゴンがすでに一台駐車していた。
8時15分 駐車場から歩き始める。道路の一部は凍ってツルツルだった。
今回のメンバーは名古屋の職場の仲間T氏とI嬢の2名。ご両人とも私より遥かに若い!
取り付いた松尾尾根はいきなり急な登りが続くがグングン登っていく。
登り口の標高は350m程度、この高度でも雪はほとんど無く晩秋の気配。
登り口を進むのはI嬢まったく雪は無い花崗岩が多い山
さらに、周囲はうっそうとした照葉樹林帯が続き景色はほとんど見えない。
所々花崗岩の大きな岩が出てきて、どことなく鈴鹿の山らしいところが面白い。
歩き出して30分ほどで雪が現れた。(標高500mUPか)
急な坂でうっすらと雪がついている登山道は歩きにくいが、雪の上を歩くのは久しぶりで楽しい。
尾根は細い急な登りが続く
雪の量も徐々に増えてきたので9時ロングスパッツを着ける。
この松尾尾根のルートは急な登りで細かいアップダウンがありしかも尾根が細い。
膝くらいの積雪でも、急な登りになると胸近くまで雪がかぶさってきてつらいが
まったくの新雪の上に自分のトレースを残していけるのは面白い。
初めての雪の登山道で道を見失いそうになるところもあるが、
所々に赤や黄色のテープが目印につけられていて助かる。
10時30分 尾高山(533m)から登ってくるルートに合流。ここで海抜950mくらい。
ここでの積雪はくるぶしのちょっと上くらいか?
そしてここから先は高度が上がってきたことと、強風がもろに当たることもあってもう別世界!
気温は当然氷点下!
稜線上は別世界!右側はスパッと切れ落ちている
厳しい稜線
中尾根との分岐路を10時55分に通過。
昨日だろうか?他の登山者の登ったと思われるトレースがかすかに残っている。
最後の急登は四つんばい羽鳥峰峠への分岐道頂上はもう少し
最後の急登は雪もちょっと深く、ほぼ四つんばいになって登る・・・
その急登を乗り越したらそこが釈迦ヶ岳の最高峰1097m地点だった。11時10分到着。
釈迦ヶ岳の本当の頂上(三角点のある)はもう少し先である。
もうひとふんばり・・・と思っていたら、ここからは急に新雪が深くなって、膝くらいまでに増えてきた。
交代でラッセルをして11時30分三角点(雪の下でよくわからなかったが)到着。
I嬢は感動のあまり雪の上で大の字・・・
山頂の周囲は真っ白で景色は何も見えなかったが、全くのふかふかの新雪が気持ちいい!
また、誰も歩いてきていないルートに自分達のトレースを残してきた・・・ということで優越感に浸れる。
新雪の上はチョー気持ちいい!山頂記念写真
頂上で休憩していたところ単独行の登山者が同じルートから上がってきた。
(頂上であまりにタイミングよく合流・・・というのがちょっと気に入らないが)
11時45分下山開始 帰りはトレースがついているのでちょっと楽だ。
下る途中も2人組みの登山者とすれ違い、この時期でも釈迦ヶ岳の人気はそこそこのようだ。
昼食は風を避けて中尾根ルートへ下る途中のくぼ地でとることにした。
周囲を囲まれていて風はほとんどない。
さて、ここで取り出したのがホット弁当「雲丹めし」。
昨日スーパーで開催されていた駅弁名物弁当祭りで買ってきた。
箱はかなり大きいが紐を引っ張ってしばらく待つととホカホカの雲丹めしの出来上がり!
(かなり嵩張るのだが)なかなかの優れものだ!
寒い雪の上で暖かいこんな豪華なランチをとれるとはもう最高!
雲丹めし御在所山方向山の上部は真冬の世界
昼食後は登りに使った松尾尾根を下るのをやめ、最近できたという中尾根ルートを下ることにした。
13時下山開始 昨日登ったらしい登山者の足跡は所々消えかかっていたが
木の枝につけられた目印を見逃さなければ大丈夫。
このルートは意外にも楽で道もしっかりしており登りで出会ったような急な坂も少ない。
なかなか楽しい登山道
思っていたよりも早く14時10分麓の朝明キャンプ場に出た。
ここからはのんびりと林道歩き、14時35分朝車を止めた駐車場にたどり着いた。
山頂付近は真冬の様相だったが、麓へ降りてくるともうまったく別世界である。
しかし、新雪の中を楽しい仲間といっぱい遊ばせてもらい素晴らしい一日だった。
釈迦ヶ岳Map 右側が登り左のルートが下り
実はこの朝明キャンプ場の近くに秘湯中の秘湯!?と言っても過言ではない
三休の湯があるのだが、残念ながら本日はまだお休み。
こんなところに温泉があるのか!?というような場所にこの温泉はある。
次回こちらの方面に来たときは絶対に寄ってみよう・・・
自分の行ったことのないところ見る・・・というのは面白いものだ。山旅はやめられない。

同行のT氏とI嬢
毎週こんな風に遊べるとかなり楽しい。
さてこの次はどこへ行こうか?

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る