2009年7月19日(日)
雨でも楽しい!別山
(2399m)

今回は同じ職場の仲間との登山。
前に福井で勤務していた2人の仲間(現名古屋)と福井から4人が参加して7名でのにぎやかな登山となった。
福井を朝5時に出発。
いつもは遅刻するメンバーがいたりするのだが、今回はみんな気合が入っているのか?
10分ほど前には全員が集合していた。
6時45分 白山市白峰の市ノ瀬を歩き出す。
この時期の白山は登山者が多く車の量も多いが、駐車スペースはまだ残っていた。
市ノ瀬から歩き出す
今回のメンバーは私以外はみんな20歳代が多く若い・・・元気いっぱいである。
7時5分 林道から別山への登山道に入る。
白山方面へは多くの登山者が向かっていくが、別山への道を歩く人はまったくいない。
巨樹が多い緑がいっぱい緑の中を歩くのは楽しい
7時半頃から雨がポツポツと降り出すが、それほど強くなくかえって気持ちいいくらいの雨だ。
気温は恐らく15度程度。この時期にしては涼しく実に歩きやすい。
尾根に出るまでの道は緑の林の中を進むため、陽は射して来ないし雨もそう感じることもないのでいい!
石畳の登山道先行していく二人組
途中の見晴らしのいいところで休憩していたら、2人組みの中年?と思われる女性が抜いて行った。
この年頃の女の人はみんな元気いいわぁ〜
9時40分 ようやく見通しのいい尾根に出た。
と、ふと気がつくとニッコウキスゲとゆりの花の大群落!
確かに時期的には花の時期でもあり晴れていれば素晴らしい光景が広がっていただろう。
ゆりの花がいっぱいお花畑の登山道一日花のニッコウキスゲ
時折雨がパラパラと強く降るときもあるが、気のあった仲間がいるというのはいいものである。
まったく暗いイメージはなく、雨さえもみんな楽しんで行く・・・という雰囲気だ。
チブリ尾根の稜線で
花が咲き乱れる稜線を歩いてチブリ尾根避難小屋に10時10分到着。
ドウダンツツジ避難小屋
小屋には先行していた女性二人組の登山者が昼食をとっていた。
今日は天気も悪いのでこの小屋から下山するとのこと・・・
我々はこの時点ではまだ、頂上まで登ってそれから南竜小屋を経由して別当出合に下りるつもりだった。
しかし、昼食中にも激しい雨音が聞こえてきてこれ以上先へ進むことはちょっとどうか・・・
ということになり、昼食後ここから下山することになった。
下山すると決まるとみんな緊張も解きほぐれ実ににぎやかなランチタイムとなった。
ランチのデザートには、私の担ぎ上げた杏仁豆腐が大ヒット!
見る見るうちにみんなの胃袋に消え去った・・・
Special!杏仁豆腐最後に避難小屋の前で
昼食を終え11時50分 小屋から下山開始。
下山途中には3人の登山者とすれ違ったが、皆さん今日は避難小屋に泊まるようだった。
明日は少し天気も回復傾向なのでいい山行になるかも知れない。
14時30分 市ノ瀬到着。
今日はピークを踏むことはできなかったが、雨の中でも楽しいメンバーとの山行で充実した登山となった。
下山後みんなと浸かった温泉が実に気持ちよかった。

雨とはいえ緑と言うのは人の心を和ませる何か?があるようだ。
みんな毎週でもこんな自然の中を歩いていると、殺伐とした世の中にはならないのではないか?
そう思う一日でもあった。

参考までに下記のHPもご覧ください。
2006年9月23日〜24日 天上の世界へ 白山〜別山縦走
2006年8月20日 真夏の別山チブリ尾根→南竜が馬場縦走
2005年11月20日 初冬の別山チブリ尾根
 

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る