2009年7月12日(日)
飛騨側から登る
御嶽山(2800m)

昨年も御嶽山に登ったのだが、こちらは木曽側からだった。
今度は飛騨側から登ってやろうと思い朝4時起き、4時20分に名古屋を出発した。
しかしこの飛騨側の登り口のある下呂市小坂町の濁河温泉までが遠い!
行きは名神高速一ノ宮ICから東海北陸道に入り高山に着いたのが6時頃。
ここまでは順調だったが、R41を南に下り小坂から濁河温泉までの道が長かった・・・
小坂町の中心部
小坂町の中心部は飛騨川を中心としたこじんまりしたいい感じの街でちょっと立ち寄って
みたかったが、地図を見ると濁河温泉までは遥か遠い。
濁河温泉へ向かう途中の道からは正面に御嶽山の雄姿がど〜んと見えた。
右から2つめのピークが剣ヶ峰頂上(3063m)飛騨頂上は左のたらたらしたところ
濁河温泉は11軒の温泉宿があるというが、山の奥深い温泉でもあり北陸あたりの
温泉街的な華やかさはない気がする。どちらかと言うとしっとりとした落ち着いた温泉・・・というイメージである。
さて、この濁河温泉の登山口にはすでに10台くらいの車が止まっていた。
中京方面からのナンバーが多かったが、中に一台福井ナンバーというのもあった。
7時45分 登山口(標高1800m)を出発。
登り口の御嶽神社里宮神社から続く登山道道はよく整備されている
橋を渡ったところに御嶽神社里宮がありここを通り過ぎると道はずっと林の中に続いている。
さすがに信仰登山の山だけあってオオシラビソの林の中の道は
きれいに整備されていて歩きやすい。
さらにこの暑い夏のシーズンでもずっと林の中で直射日光が差し込まないのがいい。
8時20分 湯の花峠着。
ちょっと早足に歩きすぎたか?標準コースタイムの半分ほどの時間でここまで来た。
右側には摩利支天山(2959m)が高く聳え立って見える。
摩利支天山のぞき岩避難小屋
単独行というのは黙々と歩くものである・・・
歩くしかないため自然と足も早くなる。のぞき岩避難小屋に8時40分到着。
ここでも標準コースタイムの半分ほどの時間で着いてしまった。
このあたりまで来ると頂上から降りてくる人数人と出会う。
この時間で出会うということは恐らく頂上の小屋に泊まった人たちだろう。
9時10分 八合目(2450m)到着。お助け水・・・と書いてあるがここには水はないようだ。
ここでようやく先行のグループ4人組に追いついたが、
あまり休憩をとっていないこともあり一息いれることにした。
八合目 お助け水登山道は大きな石がゴロゴロ
この高度になってくると森林限界が近く上へ登るにつれ展望が開けてくる。
今まで樹林帯の中で展望が利かなかったが一気に見通しがよくなり、
ふもとの濁河温泉や遥か奥飛騨の山々まで見えてくる。
飛騨頂上へ続く登山道は継子岳の西斜面を斜めに横切るようにずっと続いているが
高度の影響もありここからは本当にゆっくり登らないとつらい・・・
濁河温泉方向摩利支天山鞍部が五の池頂上小屋
遥か上を見ると摩利支天山へと続く鞍部に五の池小屋が見える。
10時 御嶽山飛騨側頂上に到着。
やはり単独行の登山者は足が速い・・・もう少しゆっくり来てもよかったのに。
頂上に着くころから天候が怪しくなってきた。
時々雨粒がポツポツと落ちてきて、周囲の山もガスに隠れてきた。
飛騨頂上神社五の池小屋と摩利支天山
飛騨頂上(2800m)直下には五の池の小屋がある。
実は今日の登山の目的は、この小屋の小屋番をしている市川さんに会うことである。
7月の末にここで番組の撮影を行うこともあり、その打ち合わせをちょっとさせていただいた。
三ノ池
飛騨頂上と五の池小屋
御嶽山には五つの池と六つのピークがある。
その中でも一番自然が豊かなのがこの飛騨側頂上周辺ということである。
飛騨側にあるピークのひとつ摩利支天山(2959m)に登ろうと思い小屋をスタートしたのだが
ものすごい強風と横殴りの雨にあえなく退散。
仕方なく小屋の中で昼食をとって早々に下山することとなった。
12時25分 下山開始、ふもとの濁河温泉には14時到着。
山頂付近は気温一桁の世界だが、下山するとあっという間に30度オーバーの世界!
これだけの気温差があるとなかなか下界?へ戻る気にはなりにくい。

今回は濁河温泉に浸かるのがひとつの楽しみだったが、
入浴料500円で内風呂+露天風呂の湯を楽しむことができ大満足!
御嶽登山のベースとしての濁河温泉はなかなかGoodである。
帰りはふもとの小坂町で下呂温泉麦酒を何とか4本だけ入手、
R41経由でほぼ4時間をかけて名古屋まで帰りついた。

昨年登った2008年8月31日 夏の終わりに木曽御嶽 のページもご覧ください。
 
山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る