2009年1月10日(土)
鈴鹿の秀峰 藤原岳
(1120m)
〜春から真冬を感じる山〜

2009年最初の登山は前から藤原岳へ登ろうと決めていた。
雪の量も手ごろだろうし、何より鈴鹿でも名前が知れ渡り高さもある。
前日の天気予報では海山は荒れて大雪・・・との予報。
これでいくと日本海側は雪が降って、太平洋側は晴れてからっ風が吹くパターンである。
 しかし、一応朝の天気予報を確認してから出発したので名古屋を出たのは7時半になった。
名古屋から桑名を経由していなべ市へ向かう。
普通ならば東名阪の高速道路を経由して行くとわかりやすいが、今回は一般道で向かう。
この一般道というのがなかなかわかりにくく、地図を見ながら(ナビなどという高級なものは付いていない)
何度も迷いながら9時15分やっと上り口の西藤原集落に着いた。
ここまで来るともう滋賀県境まではすぐそばである。
ふもとのいなべ市から見る藤原岳
登り口の神社周辺には登山者用の駐車場や休憩所、トイレなどがきれいに整備されている。
もうすでに10台くらいの車が止まっていて2〜3人登山の準備を始めているようだ。

9時半 ちょっと遅いが登山開始。
もうかなりの人が登っているようで登山道には、すでに多数の足跡が付いている。
登り口 右側は登山センター登山道の階段は丸太作り五合目 10時5分 先行の登山者に追いついた
登山道はわかりやすく1合目ごとに標識があり、自分がどこまで登っているのかよくわかる。
10時5分 五合目到着 雪は所々に残っている程度であまりない。
五合目を過ぎたところで単独行の登山者に追いつく。
六合目あたりから雪が多くなってきて七合目(10時25分着)からは完全な雪道となった。
雪が多くなってきた七合目 少し見えた下の風景
八合目10時40分
今まで登って来た道とは異なりちょっとした広場になっている。
ここから山頂小屋までの登りがキツイ!一直線に山の急斜面を登っている。
何度も何度も息を整えながらゆっくりと上を目指す。
雪はかなり深くなってきたずっと上へ向かって伸びるトレースやっと頂上稜線
ちょっと傾斜がゆるやかになってきたところで降りてくる2人組とすれ違う。
時々恐ろしく強い風が吹いてきてブリザードのようになるが、天気がいいので助かる。
そして頂上稜線付近の木々は霧氷で白く輝いている。
頂上稜線から降りていく2人組
11時15分 ようやく頂上の藤原山荘が見えてきた。
山荘では10人ほどの登山者が昼食をとっている真っ最中。
メンバーは様々で20代から60代くらいまで、にぎやかな小屋である。
私も端のほうで軽く食事とする。
ここでの最高峰はこの山荘のすぐ上が1128mということもあり、この小屋からもう下山する人が多いようだ。
しかし地図を見るといちおう藤原岳の頂上は
ここから20分ほどさらに進んだ1120mの展望丘のようだ。
昼食後その展望丘を目指す。
すでに何人かが上を目指しているようでトレースがずっと続いている。
右に見えるピークが展望丘1120m
しかしカンジキを持ってこなかったこともあり足が雪の中にもぐってしまう。
積雪は50cmから60cmくらいであろうが、
もぐるところは本当に足がすっぽり入ってしまいなかなか思うように進めない。
霧氷の林が素晴らしい展望丘への急斜面 
結局小屋を11時40分に出発して頂上着12時
標準タイムと言えば標準タイムだが、なかなか雪上歩きは苦労した。
展望丘(藤原岳頂上)
頂上から見る滋賀県方面の山々は鉛色の雲の中だったが、反対側の桑名方面は快晴。
日本海側と太平洋側の天気を象徴しているかのような景色だった。
太平洋側山頂での私こちら滋賀県側 やはり北陸は天気が悪そうだ・・・
頂上は展望はいいが、風が強く氷点下のところであまり長くいることはできない。
写真を撮ってすぐ下山。頂上からちょっと下へ降りると風はなくなってほっとする。
頂上から下山
藤原山荘に再び戻ったのは12時半
ここから下山するときは下の景色に吸い込まれるような感じ・・・
下に見えるのは桑名・いなべ方面
14時には下の駐車場に到着。
下に降りると本当に春のような気分だ。
ほんの2時間ほど前には酷寒の世界にいたことを思うと不思議な感じ。



帰りは地図をよく見て考え、北回りの関ヶ原から大垣経由で帰ることにした。
朝来た道はちょっとややこしく交通量の多い名古屋市内を通過しなければならない。
ここはシンプルに何も考えなくても走れるルートを・・・
残念なのは帰りのルート途中に温泉がなかったこと。
次回はどこかふもとに温泉のある山を目指したいものだ。
16時名古屋に帰着。

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る