2009年2月22日(日)
雪が少ない・・・加越国境ごまんど山 山SKI(1152m)

今年はどこも雪が少ないようだが、ここ加越国境だけは雪がたくさんあるだろう・・・
と期待して行ってみた。
朝と夕方の時間に用事があるため、遅めのスタート早く帰る、というのが本日の目標。
天気は悪くない、朝の太陽の光が降り注いでいる。

今回目指すごまんど山は取立山の隣に位置する山で、頂上には反射板がありいい目印になる。
取立山の登り口を通り過ぎて通称「おいの水谷」から入る。
取立山の登り口にはすでに(時間が遅いから当然か)20台以上の車が止まっていた。
この分ではそうとう多くの登山者でにぎわっていることだろう。
おいの水谷駐車場ちょっと登ったところから
おいの水谷近くの駐車場9時30分着。
県外ナンバーの車ばかり4台ほど止まっていた。
9時45分 準備を済ませて、おいの水谷の出会いをSKIをつけて歩き始めた。
積雪はひじょうに少ない。
通常この時期ならば、除雪車の作っていった雪の壁を攀じ登らないといけないのだが
50〜70cmくらい、ひょいとまたげてしまう・・・
こんな雪の量で果たしてSKIが滑れるのか?
ほどなくして先行の10人くらいのパーティーを追い抜く。
関西方面からの登山者のようだが、人数も多くちょっと手間取っている様子。
今朝早くに関西方面から出てくると、こちらに着くのも遅くなり帰りのことも考えると大変だろう・・・

杉林の中を山SKIのトレースがまっすぐに伸びていてあとを辿って行く。
杉林に伸びるトレース
雪の量はどう考えても1mにも満たない・・・
こんな雪の量で下りは楽しめるのか?
取立山
11時過ぎ尾根から正面に取立山(1307m)が見えてきた。
頂上付近には人がいっぱいいるのだろう、細かい粒になって動いているのが見える。
途中林道を行き過ぎたため、急斜面を登り返さないといけなかったが
11時20分 ごまんど山頂上到着。
頂上の反射板の下には滋賀県の人が一人だけ山SKIで登ってきていた。
その人にデジカメのシャッターを押してもらい何とか証拠写真が撮れた。
昼食をとって休憩していると、さきほどの関西方面からの山SKIツアーご一行様が
到着となり頂上は一気ににぎやかになった。
ただ人数が多いせいもあり、先頭と最後尾の人では20分くらい差が開いているようだ。
 頂上ごまんど山頂上
このごまんど山からは白山が真正面にドカン!と見える。
真っ白い雪を頂いた白い山はこの時期ならではの景色である。
この白山を見るだけでもここに来る価値はあるだろう。
ごまんど山正面に見える白山
さて、やや雲が出てきて天気は下り坂の方向のようだ。
下山準備
12時下山開始 上の雪はまだ軽かったが下の方に行くにつれ雪が重かったが
杉林の中をくぐり抜け、最後は林道を利用して12時30分上り口に滑り降りた。
しかし、雪がほんとうに少ない!
いつもならそんな斜面を選ばなくてもいいのだが、今回はブッシュや木がいっぱい出ていて
実に滑りにくい・・・あのいつもの山SKIの爽快感にはちょっと足りなかったが、半日楽しませてもらって良しとしよう。
福井へ着くころにはポツリポツリと雨が降ってきた・・・


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る