2008年3月16日(日)
春山満喫! 取立山
(1307m)

取立山頂上
春の残雪期の気持ちいい山登りがしたい・・・
(実はトルコ旅行の後で時差ボケ解消もしたかった)
というとやはりこの山、加越国境の取立山(勝山市)である。
どんな雪の少ない年でもここへ来れば必ず雪が見られる山である。
この時期は登山者も多く、山SKIを楽しむ人でも賑わう。
今回は同じ職場の同僚2名と友人のT嬢との4名での登山となった。

福井を朝7時40分に出発。
登り口を出発したのは8時50分
天気はやや雲はあるものの上々、すでに登り口には10台以上の車が駐車してあった。
積雪は昨年同時期よりは1mほど多い。
昨年3月4日の状況と比較すると一目瞭然。
登り口昨年はこの立っているあたりに車を止めた 最初の急登をこなす
雪もかなり締まっていそうなので最初からカンジキは付けずに登る。(と言うか持ってきていない)
所々ちょっともぐりそうな所はあるにはあるが、
ほとんど問題なく好調ペースでグングン高度を稼ぐ。
10時15分 夏用の駐車場を越え見晴らしのいい場所に到着。
ここからは白い雪原が続く。
夏の林道に近い杉林 頂上へと続く尾根を登る
雪面の急斜面を登る 急登 S氏
前の人の歩いた足跡を忠実に辿っていけば足が雪の中にもぐってしまうことはまずない。
思っていたよりも楽に登れる・・・
そしてあっと言う間に山頂下の大斜面。
10時40分撮影
最後の急登 頂上目前
11時 山頂到着
すでに20人ほどの登山者が思い思いの場所で早めの昼食をとっていた。
山SKIで来ている人も多く、颯爽と登って来た方向へ下って行った。
山頂からは今日も白山がきれい。
今日も雄大な白山
一服したところで昼食・・・
と思っていたら隣で食事をしていたパーティーからラーメン「出前一丁」2袋差し入れ!
これはかなりうれしかった!しかし、箸を持ってきていない人が1名。
即席で木の枝を削って箸を作った。
雪のテーブルを造る手元注目
あまりにいい天気なので頂上で、日向ぼっこを楽しみながらゆっくり昼食をいただく。
持ってきた自分の弁当+ラーメン2ヶが加わったのでかなり豪勢な昼食となり
最後は、つい先日私がトルコで仕入れてきたアップルティーで締めとした。
こちら福井 浄法寺山方向
昼食をとっている間にも多くの登山者が登って来たり下ったりしている。
さすがこの時期、この天気の取立山である。人気の高さがわかる。
全員集合記念写真
我々も頂上でかなり長い時間ゆっくりしたが、12時50分下山開始。
快晴の頂上をあとにした。
快晴!まぶしい
下山する頃にはますます太陽の日差しがきつくなり眩しかった・・・
そして雪はだんだん緩くなってきて足が雪の深みに取られる。
しかし、それも楽しく笑いながら賑やかに下山。
雪の深みに足を取られる雪の大斜面を下るふもとへ・・・
登り口には14時20分到着。
春の雪山を十分堪能!楽しい仲間との山行だった。
これで気分もリフレッシュ!


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る