2008年12月23日(祝)
晩秋から初冬へ 長野県南木曽岳
(1677m)
〜ムクチな登山者は足が速い?〜

長野県南木曽町にある南木曽岳、
名古屋からは比較的近いので十数年前の1回目の単身赴任のとき登ったことがある。
その時は確かJR中央本線の南木曽駅近くから登った気がするのだが
今回登った道はずっと南に回りこんだ南木曽温泉の方から。
しかも昔登った道と異なり林道が整備されているせいか、かなり時間も短縮された・・・気がする。
R19から見た南木曽岳 上は白くなっている
6時 まだ真っ暗な名古屋を出発する。
私のマンションの前を走るR19をひたすら北に向かって走る。
30分ほど走ると東の空がボチボチ青くなってきた・・・この時期の日の出は7時前。
しかし車の量はさすがに昼間とは比較にならないほど少なく8時過ぎには南木曽岳登り口に到着。
LEGACYのTripメーターが示した距離は名古屋から102Km。
私の車のあとに1台名古屋ナンバーのワンボックスが来て3人組の女性が降りてきた。
こちらは単独行なので、車を止めてすぐ8時20分歩き出すこととする。
駐車場には他に3台ほど車が止まっていたが、かなり早い時間にスタートしたようであたりに人の気配はない。
しばらく林道を歩くが山の上部は昨夜から今朝にかけて降った雪で白く覆われている。
南木曽岳上部
8時35分 林道からそれて山の中の登山道入る。
登山道はしっかりしていて所々に標識も整備されていて安心できる。
今朝は相当冷え込んでいるようで所々に霜柱ができていた。
登山道に入る登山道には霜柱が一杯階段がよく整備されている
9時ちょうど、先行の3人組登山者に追いついた。
3人ともかなりの高年組で広い場所で休憩中・・・あまりに疲れているのか誰も声を発しない。
こちらから「おはようございます〜」というと初めて気がついたようで驚いていた。
標高は1000mを楽に越えているだろう。高野槙(こうやまき)の林に入る。
林の入り口にあった看板によると、平成18年に誕生された秋篠宮家ご長男悠仁親王陛下の
ご印に使われているのがこの高野槙である・・・と解説されていた。
高野槙 葉はやわらかい隣の山も白く雪景色
この高野槙であるが、今年1月に登った福井県大野市の徳平山〜臼本山周回の山行でも見かけた。
松葉のような葉だが、柔らかくてちょっと変わった感じの質感である。
この林を過ぎると高度感が少し出てくる。
隣にそびえる山も上部が白く雪化粧しているのがよくわかる。
道は鎖場もあり相変わらず急な傾斜が続いているが、頂上は近づいてきたようだ。
9時25分 単独行の登山者に追いついた。
しかし挨拶を交わすとすぐに上へ向かって登って行ってしまった。
岩場には新しくできた階段が設置されていた
ここのあたりかつては難所だったようだが、右側に木の階段で組まれた新しいルートが作られ
急だった岩場も容易に通過できるようになったみたいだ。
5分ほどここで休憩して登り続ける。さっきの先行登山者もすぐに追い抜いてしまった。
奥に見えているのは恵那山ずっと続く木製の階段山頂近くの笹はみんな雪でうなだれている・・・
この南木曽岳は山頂まで急な登りがずっと続いている。
山頂直前になってやっと少しゆるやかになり、熊笹の林を抜けるが
この笹が雪の重みでみんな葉がうなだれているように見え面白い。
(見方を変えると熊笹がみんな「いらっしゃい」と挨拶しているようにも見える)
10時 山頂到着。南木曽岳(1676.9m)の頂上は見通しのきかない林の中にあった。
山頂付近の積雪は5cmくらいか。スパッツをつけなくとも楽に歩ける。
南木曽岳山頂は林の中 山頂から少し離れたところにある避難小屋
山頂には誰もいなくて静かだった。
ただ先に誰かが歩いているようで、ごく最近ついた足跡が残っていた。
山頂から10分ほど歩くと避難小屋が見えてきた。そしてその向こうは中央アルプスの山並み。
ちょっと風は冷たかったが天気がよかったので外の展望台でかなり早い昼食とする。
ほどなく、女性3人組の登山者がやってきて彼女たちも横で食事を始めた。
頂上付近に雪を頂いた中央アルプスを眺めながらのランチはさぞうまかろう。
中央アルプスの山並み
しかし寒い!晴れているとはいえ気温は氷点下。
そして天気は刻々と変わってきた。
御岳・乗鞍は登ったときから雲の中だったが、さっきまでよく見えていた中央アルプスも見えなくなってきた。
何となく鉛色の雲も近づいてきているようだ。
女性3人組のランチ霧氷がビッシリとできている
ちょっと早いが11時下山開始。
山頂付近の一帯は霧氷の林となっていた。
下山は登りに使用した道とは違い、魔利支天経由で周囲を一周する形で下る。
恵那山も雲の中 馬籠宿方向
下山途中から見た恵那山(2191m)も雲の中。
下りの道は登りと同様ハードだった。
細い急な尾根につけられた登山道は鎖場と木製梯子階段の連続!
いやぁ〜キビシカッタ・・・
12時 登りの道と合流。登山口の駐車場には12時20分に着いた。
駐車場に着くころにちょうど雪が降ってきた。
しかし、8時20分に登り始めて下山までたった4時間!早すぎる・・・

時間もあまったことなので、すぐそばの南木曽温泉へ向かう。
露天風呂から見た外の景色はもうかなりの雪が舞っていた。
その後は馬籠宿を見学。10年ほど前に訪れた時は妻籠宿を見たのでこれで両方見たとことになる。
初めて訪れた馬籠宿は寒さのせいかお客さんはそう多くはなかった。
馬籠宿 馬籠宿は坂に沿っていろいろなお店がある
馬籠宿は1本の坂道の街道沿いにできた宿場町。
昔ながらの建物に統一されていて実に美しい家並みが続いている。
急な坂道を登って降りていろいろ見て馬籠宿を出たのが14時半頃。
帰りもひたすらR19を名古屋に向かって走り、名古屋着17時。



自分のために買ってきたおみやげ「木曽路BEER」をグビリと飲んで今日の山行を思い出す・・・
登山は短い時間だったが、ちょっと冬の景色も垣間見て温泉にも浸かり
何よりも新しい土地を訪ねることが楽しかった。

恐らくこれが今年最後の山行であろう。
来年もまた新たな気分で山を楽しみたいものである。


山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る