2007年9月23日〜24日
残暑厳しい・・・
白山観光新道から釈迦新道へ

残暑が厳しい・・・未だに30度越え・・・
2000mを越える白山ではどうなのだろうか?
昨年同時期の南竜山荘宿泊時は朝霜が降りていい写真が撮れた。
2匹目のドジョウを狙うわけではないが、少し期待しつつ今年は室堂小屋宿泊で白山山頂の朝を見てみたい。
思えばここ何年か白山山頂からの御来光というやつを見たことがない。

8時15分 市ノ瀬の駐車場到着。
駐車場はもうすでに満杯状態で、普通なら車を止められない芝生の上に駐車した。

8時半 市ノ瀬発のバスに乗って別当出合へと向う。
9時 観光新道の登山口を歩き出した。
観光新道は現在、登山道地下に光ファイバーの埋設工事を実施中、
所々掘り返されて土嚢が積まれていた。
工事中の観光新道やっと尾根に出る
天気はいいはず・・・だったが時間が経つにつれ、ややガスがかかってくる。
目の前に見えるはずの別山(2399m)も白いガスの中に浮かんで見える。
別山 2399m観光新道を振り返る
尾根を登ってくると明日行く予定の白山釈迦岳(2053m)が見えてきた。
白山釈迦岳
11時半 殿ヶ池避難小屋(2020m)に到着。
この頃周囲はちょっとガスで見えにくくなってきた。
小屋の横で昼食をとっていたらものすごい人数の団体さん(30〜40人くらい)が降りてきて
周辺は見る見るうちに足の踏み場も無いほどの状態になってしまった。
 殿ヶ池避難小屋
殿ヶ池からクロボコ岩へ向う途中ポツリポツリと雨が落ちてきた。
しかし数分間降ったのみで何とか収まってくれたようだ。
13時10分 砂防新道との合流点クロボコ岩(2320m)に到着。
すでに10人くらいの登山者が休憩していた。
別当谷のほうを覘くとガスで下のほうは見えなくなっている。
下に見える殿ヶ池小屋 弥陀ヶ原
弥陀ヶ原付近の紅葉はまだ始まっていないようだ。
というかナナカマドなんかはもうすでに枯れてしまっている・・・
そう思うとまだ緑の葉が青々と茂っているものもある。
今年の紅葉はちょっとおかしいようだ。
あとで小屋の人に聞いた話では、未だに暑い日が続き、冷え込む日がないのだそうである。
朝夕がグッと冷え込むことによって紅葉が進むのであるが、
今シーズンは室堂で10度以下になった日が1日くらいしかないとか・・・
弥陀ヶ原はナナカマドが多い 室堂
14時5分 室堂(2450m)到着。
室堂山荘前のナナカマド
夜まで時間があるのでお池巡りをすることとした。
千蛇ヶ池と大汝山 百姓池
全部を歩いてしまうと翌日の楽しみがなくなってしまうため、
いくつかは見ないで残しておき、ぐるりと一周して夕食までの時間をつぶす。
17時過ぎ室堂センターに戻ってきた。
室堂帰着 ナナカマドは多い 夕食 缶BEERを飲んだらすぐ満腹
夕食は17時半から。
今日は300人ほどの宿泊者がいるということで食堂は多くの人でごった返していた。
しばらく外にいたが、そんなに思っていたほど寒くない。(センターのところにあった温度計は17度だった)
寝るときは毛布が3枚あったが、夜中には暑くなってほとんど蹴飛ばして寝ていた。
日没

翌24日は4時起床。
外へ出てみたが意外と暖かい。4時半過ぎ ザックを担いでゆっくりと歩き始める。
御前峰頂上に向って早くも多くの光の列が連なっている。
頂上への登山者の列 神社の神主さんも登山中
この時期の白山の日の出は5時半過ぎである。
山頂に着いたのは5時25分頃なので御来光には間にあったが
あいにくこの日は雲があり、いつ日の出だったのかわからなく何となく出てしまった・・・という感じ。
頂上付近で待機していた人達は三々五々山を降りていった。
5時43分写す 山頂付近
下の写真は5時37分に撮ったもの。
まだ室堂小屋には陽があたっていない・・・奥は別山。
気が付くと小屋は雲の中に入ろうとしていた
ここからは翠ヶ池を通過して大汝峰(2684m)へ向う。
お池巡りで歩いている人達の姿も多くはないがポツポツと見える。
大汝峰と御手洗池 翠ヶ池 向こうは三方崩山(2059m)
大汝峰へのつらい登りを終えると徐々に青い空が広がってきた。
6時40分 風を避け頂上の神社の石垣の中で朝食の弁当をパクつく。
弁当を食べているところへ突然どこかのスポーツ少年団?
らしき部隊が20人近くやってきて面食らってしまった。
大汝峰の頂上
大汝峰の山頂付近はなだらかで、ネパールの4000mくらいの高地の雰囲気に似ている。
この景色はやはり早朝歩かないと感じられないものだろう・・・
朝食の弁当 なかなかおいしかった 大汝山頂付近
7時40分 釈迦新道へ向け下山開始。
さっきまでいた御前ヶ峰その向こうに別山がよく見える。
来た方向を振り返る 御前ヶ峰と別山
8時10分 御手水鉢到着。
ここで単独行の人と合流、初めて歩く道・・・ということでちょっと不安そうだった。
一息入れてすぐに北竜ヶ馬場にむけて歩き出した。
遥か彼方に見える釈迦岳はかなり遠く感じる。
8時30分 北竜ヶ馬場に到着。
奥に釈迦岳が見える 北竜ヶ馬場
釈迦岳まではまだ少しある。
このあたりを歩いていると高山植物の花がまだ咲いており目を楽しませてくれる。

下の写真 連なっている尾根を歩いた先の雲の下が白山釈迦岳(2053m)。
長いおだやかな尾根が続く。
雲の下が釈迦岳
10時10分 白山釈迦岳頂上に到着。
頂上は笹薮を越えたところにあり見通しは悪い。
おまけに周囲にガスが出だして白山方向はまったく見えなくなってきた。
釈迦岳の頂上三角点 ガスが出てきた
頂上には長居はせずすぐに下山開始。
途中の水場で昼食にした。11時50分すでに福井の三国から来たという老御夫婦が食事中であった。
このあたりはブナの緑が美しく実に気持ちよかった。
途中の水場   
かなりゆっくりさせてもらい歩き出したのは12時50分
林道出会いには13時30分到着。
その後長い長い林道歩きをして市ノ瀬到着14時50分
長い距離をのんびり歩いたが緑と美しい景色に出会えリフレッシュできた2日間だった。



白山観光協会HP
2005年9月の大汝峰〜釈迦岳日帰り縦走記

山とOutDoorのページに戻る
Homeに戻る