2007年5月5日(祝)
新緑!芦生の森Trekking


芦生の森 正式な呼び名は
京都大学フィールド科学教育研究センター 森林ステーション 芦生研究林」というのだそうだ。
ここでは森林に関する多くの研究を行っているそうだが、国土地理院の地図を見ると
「京大演習林」と書いてあるので前から気になっていた。
場所は私の生家のあるおおい町名田庄のすぐ裏側である。
5月の連休で帰省した折、時間を見つけてちょっと歩いてみた。
名田庄からは五波峠を越え南丹市美山町(旧北桑田郡美山町)に入る。

10時15分 研究センター前で入山届けに記入。
何分不慣れなので道のわかりやすいトロッコ道に沿って歩くこととする。
今回はカミサンと次女あずさも同行。
研究センター入り口 趣のある事務所

トロッコ道に沿って進む トロッコの橋の上から見るのどかな風景
このトロッコはかなり前に廃止されているようだが、もしこれが稼動しているようであれば
かなり楽しい!?乗り物だろうな?と思ったりして。

森の奥へと伸びるトロッコの線路
 哀愁?さえ漂うレール 所々でグループが解説?を受けている
ルート上には何組ものグループが歩いていて所々で解説する人?の話を聞いていた。
奥へ入るほど険しいところにレールが建設してあり、すでに朽ちているところも多数あった。
しかし自然はそのままで実にすがすがしい気分のいいルートである。
左 由良川源流部
 一部迂回ルートの橋あり
11時20分 コヨモギ作業所の跡に到着。
建物はすでに壊され廃材が積み上げられていたが、多くのテントが張られており
学生さんたちの研究フィールドの拠点となっているようだった。
作業所跡地の前はケヤキの植林が綺麗にしてあった。
コヨモギ作業所跡地 
朽ちたトロッコ道
森が深い
12時15分 由良川源流まで降りて昼食
川のほとりで一息入れる。

トロッコは朽ちてその代わりに新しい木道ができている大杉河原で昼食
この昼食休憩地から5分ほど歩いたらかずら作業所跡だった。
このかずら作業所も建物はなくなっていたが、使われていた木材などきちんと積まれて片付けてあった。
かずら作業所あと
12時45分 引き返す
12時45分 かずら作業所からもと来た道を引き返した。
14時20分 研究センター到着。
UP-DOWNがほとんど無く美しい由良川の源流そばをずっと歩け、今は少ない広葉樹の森が多い。
新緑のシーズンは本当に落ち着くすばらしい所だと思う。
こんな自然のままで残るところが日本にもっとたくさんあるといいのだが・・・

今回はほんの半日ほどの歩きだったが実にすがすがしい気分になれた。

前のページに戻る
Homeに戻る