2007年3月4日(日)
取立山(1,307m)雪上ハイク


会社の同僚であるS君が恒例の冬山研修に参加する・・・
ということでその事前訓練で入門編としては登り易い取立山へ行くことにした。
今回は高2の息子と共に福井を朝7時半に出発、登り口のある勝山市の東山憩いの森を目指す。
8時50分登り始め すでに登り口付近には30台近い車が止まっていた。
いこいの森 石川県側の登り口 雪がない
いつもは雪の壁になっている登り口付近であるが、今年はまったく雪がない。
今回車を止めるあたりもいつもは2m近くの壁になっているのであるが、今年はその壁のある辺りに駐車できる。
林道もところどころアスファルトが見えてきている。
いつもなら雪の斜面になっていて直登できる場所も、今年は土が出ており歩けない。
雪のない斜面を直登 林道歩き 9時半写す
林道を横切り雑木林の中を歩く頃になってようやく雪がちゃんと出てきた。
雪の斜面歩きは快適
息子淳は今回長靴での登山であるが、前の登った人達の踏み跡をたどれば雪の中に足がもぐることはない。
カンジキはいちおう持って来たがどうも使うところはなさそうだ・・・
9時50分 雪のないときの駐車場のあるあたりで休憩。
正面に大日岳がよく見える。
大日岳 雪がここより多そう
駐車場上のジグザグ坂を登るとやっと少し雪が多くなる。
しかし例年の半分以下。周囲の山々も木の出ている部分が多い。
時々風に乗って勝山スキージャムの音楽やアナウンスが聞こえて来る。
向こうに見えるピークの奥が頂上 下のほうにも登ってきているのが見える
ジグザグ登高を終えて尾根に出ると雪は安定してべったりついている。
登っている途中から太陽の光がガンガン当たるため汗だく。
そのためTシャツになって身軽になり快適に高度を稼ぐ。
上部のほうには7〜8人のパーティーが登っているのが見えたが
あっと言う間に追いついてしまった。(我々が早すぎるのではなく向こうが遅すぎる)
頂上は近い 11時写す
いつものこの時期ならSKIを滑っている人がいっぱいいるはずだが
山頂近くになっても誰もSKIを使っている人を見かけることはない・・・やはり雪が少ないからだろう。
頂上は目の前 取立山山頂にて 背景は白山方向
11時10分 取立山頂上(1307m)に到着。
山頂付近は30人くらいの人がいただろうか?同じ福井山岳会の人達とも2人に出会った。
この時期の取立山は大変ポピュラーな山と言えよう。
正面に見えるはずの白山、今日は上部がガスの中でその美しい姿は見ることはできなかった。
白山方向 それにしてもブッシュが多い
思い思いの場所で昼食をとる 大長山方向
早めに昼食をとってS氏の雪上歩行訓練?とりかかる。
ワカンとアイゼンをつけて山頂付近の急斜面登行を繰り返す。
初めてはいたアイゼンではスパッツに刃を引っ掛けて転びそうになることもある。
S氏は数分で汗だくになったが、雪の上での歩行訓練は楽しそう?だった。
初めて使うカンジキ こちらアイゼンでの登行
黙々と歩行訓練を続けるS氏 昼寝中の息子
この山は冬でも比較的短時間で頂上まで登ってこれるせいか
早くから山頂で休んでいた人達は12時過ぎには早々に下り始め、気がつくとほとんど人はいなくなった。
13時5分 我々も下山を始める。
一時曇っていた空もまた晴れ始めた。
下山 山頂から勝山方向かって続く尾根
14時30分 登り口に無事到着。
下りは雪が腐ってきて歩きにくく思わぬところで苦労したが、春の雪山を満喫した。

前のページに戻る
Homeに戻る