2006秋 NEPAL Himalaya遊覧飛行
SpecialなMountain Flight

通常ネパールのマウンテンフライトはEverest方面(東側)である。
しかし、今回はEverest方面の天候不良から急遽、航空会社がダウラギリ・アンナプルナ等のある
西方面のマウンテンフライトを提案してきたのである。
これは滅多にないチャンス!即OKの返事をして機中の人となった。
Buddha Airの機体はBeech1900D 昨年のYetiAirよりは機体は小さい。
参考までに昨年のマウンテンフライトへ
Beech1900D 中はこんあ感じで通路挟んで2人がけ
7時過ぎに我々の乗った飛行機は動き出した。
もうこれで飛行機に乗るのは4回目となった。
ややうすぐもりの空を飛行機はグングン上昇していく。
5分も立たないうちにヒマラヤが見えてくる。
しかし、まことに残念ながらヒマラヤが見えるのは私の反対側の席だ!
隣の人の窓から時々様子を伺う・・・
そうこうしているうちに客室乗務員のお姉さんがコックピットへと案内してくれる。
コックピットはガラスのクリアー度がまったく違うのと、羽根やエンジンなど余計なものが写り込まないのがいい。
いつでも操縦席に案内してくれるどこの山?か不明
コックピット内のサイドウインドウから
大森弘一郎氏の写真集「空撮ヒマラヤ」と見比べて名前を調べましたが・・・
山の名前は違っているかも知れません。あしからず御了承ください。
アンナプルナ
宇宙にいや神に近いのか紺碧の空 アンナプルナあたり

アンナプルナ山群
中央左付近がアンナプルナTでは?8091m右側W峰 U峰へと続く

アンナプルナ山群
左アンナプルナW峰7525m 右アンナプルナU峰7935m

奥はマナスル方向
左アンナプルナUその右ラムジュンヒマール6983m 右奥がマナスル方向になる

ヒマルチュリ
ヒマルチュリ 左奥北峰7371m 中央西峰7540m 右ヒマルチュリ7893m

ガネッシュヒマール山群
左からガネッシュW峰7052m U峰7163m T峰7429m X峰6986m(V峰が我山岳会遠征の山)

東の空は怪しい・・・
Kathmandu上空からLangtanng付近を境に東方向の上空は怪しい天気


8時10分我々を乗せたBeech1900Dは空港に着陸。
いつものEverest方面のマウンテンフライトより10分ほど長く飛んでいたのではないだろうか?
全員やや興奮気味で飛行機から降り立った。
飛行機を降りる
マウンテンフライトは150$(送迎+空港利用税込み)
いやぁ〜これだけ払う価値は十分にある。
ただ今回Everestを見れなかったので「こりゃぁ〜もう一回来ないといけないな」という人も。
ネパールへ行ったら是非マウンテンフライトをお楽しみください。


ネパール2006へ
Kathmandu観光編へ
Everest街道Trekking編へ
Homeへ戻る