2006年9月23日(祝)〜24日(日)
天上の世界へ 白山
(2702m)〜別山(2399m)縦走

本格的な秋山シーズンにはちょっと早いが天候も安定し
暑くもなく寒くもないこの時期に白山・別山の両方を登ってみたいとかねがね考えていた。
この2つの山を1日で両方・・・というには、できないことはないがちょっと厳しい。
そこでノンビリとどこかで1泊して縦走することを思いつき
前に仕事でお世話になった南竜山荘の人の言葉を思い出した。
「秋の南竜は最高ですよ〜」
その言葉を信じ、市ノ瀬からバスを利用して
1日目 別当出合〜砂防新道〜白山室堂〜白山頂上〜トンビ岩コース〜南竜山荘
2日目 南竜山荘〜別山〜別山チブリ尾根〜市ノ瀬
というコースをたどることとした。
いつもの通り登山ルートはこちらを参考にされたい。
直前になって、砂防新道のルート途中で崩壊があり”登山者は観光新道へ迂回を”
という情報もあったが、数日で仮設登山道ができ今回ギリギリ砂防新道も通行可能となった。
今回はタイトルのとおり上部の風景が素晴らしく、写真は2000mくらいから上の景色を中心にUPしました。

9月23日 自宅6時過ぎに出発。
(実は昨夜遅くまで飲んでいて早く出れなかった)
市ノ瀬7時45分着 次のバスの出発は8時だろう・・・
と思って用意していたら何とバスは7時55分発で行ってしまった。
仕方なく次の8時15分発のバスで市ノ瀬へ向かう。
別当出合 8時40分に歩き始め。
今回のメンバーは登山に不慣れな人のためゆっくり標準タイムを目指し歩き始める。
中飯場 10時5分着 結構人で賑わっている。
甚ノ助小屋 1975m
11時5分 甚ノ助避難小屋(1975m)到着。一息入れる。
甚ノ助小屋付近で撮影 ミヤマシシウド?
南竜分岐(2100m) 11時40分
十二曲がりの途中で休憩してクロボコ岩(2320m)12時35分着。
ここまで来ると雄大な弥陀ヶ原と白山の威容が青空の下しっかり見えてくる。
十二曲がり途中からクロボコ岩を望む 弥陀ヶ原からの白山頂上
室堂13時15分着。ちょっと遅い昼食をとる。
天候もよく雲ひとつない青空。すべてのモノがくっきりと強いコントラストで見える。
豪華!昼食 秋の色 室堂で 室堂から見る白山頂上
ちょっと遅くなったが14時半室堂から頂上へ向かって歩き始める。
15時20分 白山山頂 御前ヶ峰(2702m)到着。
正面の別山はもちろん周囲の山々がくっきりと見え素晴らしい世界が広がる・・・
剣ヶ峰(2677m)と翠ヶ池 山頂に立つのは久しぶり
白山頂上には15分ほど滞在して時間も遅くなってきたのですぐに下山開始。
白山から見た別山と室堂
室堂からは南竜ヶ馬場へ向かうトンビ岩コースをとることにした。
16時15分室堂から歩き始める。
秋の日は短い・・・18時くらいまでは明るいが、少しばかり急ぎ足で進む。
夕食前の賑わう室堂山荘前広場 やっと見えて来る南竜山荘
下山途中に見える別山
南竜山荘(2070m)17時30分着 他の宿泊客はすでに夕食の時間である。
すでに20人ほどの宿泊客が夕食をとっていた。
山の飯は早い・・・夕食は17時スタートとのことであった。
我々は、ちょっと休んで17時45分から夕食にした。
窓からは壮大な夕陽のShowが時々刻々と色を変え繰り広げられている・・・
まさに夕食どき(+BEER)にはもってこい!
 南竜山荘夕食18時16分写す 
ここの南竜山荘は20時消灯なので、もうすぐに寝ないといけない。
が、当然のことながらなかなか寝付けない。
うとうと寝ていたら隣のオバサン二人組は5時起床で別山を目指し出発して行った。
5時53分写す具がたっぷり入った味噌汁はうまい!朝はBEERはつかない
我々仕事に疲れた中年?チームはノンビリと6時20分頃から朝食をとり朝の陽を浴びて7時15分スタート。
朝は相当冷えたようだ。南竜ヶ馬場周辺の日陰の植物には霜が降りそのまま凍っている。
ほんの小さな植物
何気なく歩く足元をよ〜く観察するとほんの小さな植物の葉っぱに霜が降りたのか?
それが凍ってきれいな結晶のようになって見える。
こんなのはなかなか見ようと思っても簡単に見ることはできない・・・
明るくなって足元も見え、時間にちょっと余裕を持っているタイミングでないと見過ごしてしまいそうだ。
写真は2枚とも7時35分頃南竜ヶ馬場で撮影。
下の植物の葉っぱは直径1cmにも満たないほど小さい。
小さな小さな葉っぱに霜が降り凍っている
いろいろな写真を撮り終えて油坂の登りにかかる。
この頃には朝日を十分に浴びることができ暖かくなってくるが、つらい登りだ・・・
朝日を浴びる 7時46分撮影 振り返ると見える白山 8時半
油坂ノ頭(2256m)を過ぎる頃から、遠く北アルプスが雲海の上に見え出してきた。
三方崩山(2059m)の右は北アルプス北部 奥に見えるのは御岳山(3067m)
油坂ノ頭と御舎利の間にある天池 8時50分到着。
天池 8時50分
目指す別山 8時42分写す
10時10分 別山頂上(2399m)到着。
頂上に着いたときは登山者一人がいただけだったが、あとから三ノ峰、チブリ尾根、南竜方向から
続々登山者がやってきて山頂は記念写真の撮りあいが始まった・・・
別山頂上にて
頂上からの景色は素晴らしかった。
眼下 福井方向はすべて雲海の中・・・太平洋側はポツリポツリと北アルプスなんかが頭を出している。
でも写真に撮ってもなかなかこの感動は伝えることは難しい気がする・・・
別山から見た白山の姿は美しい
しかし何といってもこのチブリ尾根は長い!南竜から市ノ瀬までは14Km以上ある。
いつまでもこの頂上にいたい(ここでBEER飲みたい気持ち?)気持ちをグッとこらえ
10時30分下山開始 どんどんガスが下から上がってきている。
11時 御舎利の下で写す

12時チブリ尾根避難小屋到着。
昼食と相成ったが、南竜山荘のお昼弁当はかなり濃い味付けで私好み!
いやぁ〜シンプルで実にうまかった。
南竜山荘の弁当 こい味付けはかなり好み 秋の気配はここにも・・・
12時55分 小屋発 ふもとの市ノ瀬には15時50分到着。
長い歩きだったが素晴らしい天上の世界を歩き秋の日を楽しむことができた。
天気と友人・家族・休ませてもらった会社の同僚・健康な体に感謝!

白山観光協会のHPも参照ください。

前のページに戻る
Homeに戻る